2013年5月11日 (土)

とりあえず再開のご挨拶

「どうしてインターネットに書き込みするんですか、貴方やっていることがわかりますか?」

……鉄道のネタをしようとして、書き込んだことが原因となって軽く解雇されかけた私がココにいます。職場の話を書くことなんてしていないのに、どうして書き込んだだけでそういう目にあわなきゃいけないんでしょうねぇ。ただ残念な事に私が勤めていた店は(そういうヘンなところで統制しようとしているからでしょうか)あっさりと閉店してしまい、私もそれをきっかけにその会社を辞めました。4月から勤めている新しい職場からは

「職場の事を書かないのなら別にいいですよー」

というお墨付きを頂きましたので、こうして改めて書き込みを再開できる事となりました。皆様お待たせいたしました。何となく復活して何となく「レールウェイコンシェルジュ」を始めていこうと思っております。

とはいえ、ツイッターとかではいろんな事をつぶやいてましたんで、それはそれでいいのかオイと突っ込みたいところではありますが、こうして復活できる事はとても嬉しい事でございます。まだまだ大きいネタのようなことは出来ないと思いますが、小さなネタで皆さんのご機嫌を伺おうと考えております。インターネットの片隅で細々とやっている当ブログをこれからも宜しくお願い致します。

まずはご挨拶まで。

|

2012年12月31日 (月)

すっかり忘れておりましたが

 実生活の忙しさにとらわれてしまってブログの更新をするのをすっかりと忘れておりました。そんな私を許して下さいませ。

 とはいえ、この半年位の間私も適当に活動をしておりました。一番目立った活動といえばわざわざ東京まで出向いて参加した「オレ鉄ナイト」でしょうか。詳しいところはTogetterのまとめや、その時のUSTなんかを見て頂けたら幸いなのですが、とりあえず私がやりたいなーと思っていた事に関してはなんとか実行できたのではないかと勝手に思っております。

 さてそんなこんなで続けていたこのブログですが、今まで以上に面白い事を追求していくという時間、まぁ平たく言えば大きいネタをぶっこんでいくという時間が取りづらくなってきました。それはそれで実生活が充実してきたということなんでしょうが、こっちも私の性格を位置づけるひとつの面です。以前のように「駅のホームで分身の術」や「高級ホテルでヘベレケ」などという時間やお金をかけたネタは極力やっていこうと思いつつ、小ネタをちょこちょこと発表していくような感じで気が付いた時に更新していこうと思っております。

 そんなこんなで2012年、色々とありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します。

追伸:某電鉄会社の駅員さん、私の顔を見てコソコソと近づき「今日はどんなネタですか?」と聞いてくるのだけはやめてください(苦笑)。

|

2012年7月31日 (火)

ちょっとお硬いお話を一席

 このところリアルに忙しいひと時を過ごしておりまして、すっかり鉄道の事でヘンな事を考える余裕がありませんでした。まぁソレはソレ。忙しい事はいい事です。でもって、8月中は思いっきり暇になりましたので、こうしてまた皆様の前で色々と書こうと思ってります。

今回は何時もと違って「ちょっとお硬い話」をさせて頂こうと思っております。ですので、久しぶりに記事を分割してみました。読みたいなーって思う方は是非「続きを読む」をクリックしてくださいませ。

続きを読む "ちょっとお硬いお話を一席"

|

2011年10月22日 (土)

来週学園祭にお邪魔します。

 前回更新した「ポケットの中の鉄道」がデイリーポータルZさんのデイリー道場に入選しました。

某大型掲示板には『「ポケットの中の」というタイトルで期待したけれどよくわからないから途中で見るのを辞めた』という御意見も掲載されておりました。ご期待に添えず申し訳ございません。でもパロディだということに気づいて頂いただけでも嬉しいです。

そして、多くのアクセスを頂いた際に気づいたのですが、当ブログのアクセスカウンターがあっさりと20万ヒットを突破していました。10万ヒット突破の際には大騒ぎしていたような気がしますが、今となっては大騒ぎするのもちょっと遅れてしまったなーって感じがしております。

ま、こんな性格だから色々といわれるんでしょうけれど。

 

 

閑話休題。

来週の10月29日30日、私が卒業した「大阪芸術大学」で学園祭が執り行われるようです。今回のテーマが「Passion × Session」、このテーマを聞いて会場ではパッション屋良とセッションできるのではないかと妄想しましたが、実際はそういうことではないようです。

会場はフィギュアイラストレーターという名目で活躍されていらっしゃるデハラノリユキさん、イラストレーターの中村佑介さんが講演を行うそうですが、どう考えてもゲーダイガーに勝てそうにないと思うのは私だけでしょうか。

そんな会場に、私も10月30日にお邪魔しようと思います。

お邪魔とはいっても、単純に会場を冷やかしてゲーダイガーショーを楽しもうと思っているだけですので、「卒業生凱旋!」みたいなことはありません。デイリー道場入選祝いのパレードをやろうと思いましたけれど、寂しい人だと思われるのでやめておきます。

そこで、在学生の皆さんに朗報。皆さんの中でこの学園祭に屋台を出されている方、フリーマーケットに出店されている方がいらっしゃるかと思います。出店されている皆さんは私の顔を見つけ次第……

私に商品を勧めてください。

「センパイこれ買って―」「センパイ唐揚げ食べてー」「センパイ今すぐ死んでー」等々次々と言いたい事をぶつけて買わせるように仕向けてください。先輩である以上、後輩にお金を使うのは当たり前の話。どんどん使わせてください。

ただし、私からは商品を買うことはしません(空腹であれば別ですが)。そして、声をかけてくれた人はもれなく当ブログに顔出ししてもらいます(笑)。

それでは会場でお会いしましょう。

|

2011年10月14日 (金)

16日はファミリーレールフェアです

 10月は鉄道の日があるということで、鉄道関連のイベントというのが結構多く開催されています。幾多の鉄道の日イベントがある中で私が注目しているのは、皆さんご存知京阪電車さん。

来る10月16日、寝屋川車両工場内にて「ファミリーレールフェア」と称するイベントを開催するそうです。毎年必ずチェックしていますが、今年はどのような出し物があるのかちょっと今から期待しております。

で、その出し物の一つといってはアレですが、この会場にちょっと面白いモノを持っていこうと思っています。ヒントはコレ。

Rw467

コレが何なのかはこの場所では申しませんが、私の顔を見つけた人は恥ずかしがらずに「あの写真は何なんでしょう?」と声をおかけください。会場の皆様に御迷惑にならない程度にお見せしたいと思います。

それでは会場でお会いしましょう(ニヤリ。

|

2011年8月 1日 (月)

8月のお知らせ

 皆さん、夏をエンジョイしてますか?

すっかり更新が無くて寂しい状態が続いておりましたがどうでしょう?ココ2週間程私、風邪でぶっ倒れておりました。その間にツイッターではリハビリっぽく色々と呟いておりました。それでも、まぁなんとかこういう形で8月から再出発できるかなーという状態にまで回復しました。

まぁ、以前のように力を入れてネタをするってことはまだまだ難しい状況ではありますが、お気軽極楽な感じで皆さんに見て頂けたら……なんて考えております。

 

閑話休題。

一応8月、夏なので何かいつもとは違う事をしたいなーと思いまして、今年の8月は何時もの「鉄道を斜めから見る」ようなネタを展開するのではなく、一風変わったモノを書いていこうと思っております。ソレはなんと

小説です。

大切な事なのでもう一回繰り返します。

小説です。

……とは申しましても、小説は小説でも「原案」が既に展開されている「同人誌的な小説」であります。関東・甲信越・東北地域の方々は一度ご覧になった事があるのではないでしょうか。

このコマーシャルをJR東日本さんには内緒で、勝手に「ノベライズ化」しようと思っています。出来る限りこのコマーシャルの雰囲気を壊すことなく、コマーシャルの間にある雰囲気を妄想しながら書きあげていきたいなぁ……なんて考えています。

もちろん、怒られたら即座に辞めます。んなこと勝手にするなと言われたらそこまでです。やった方が悪いんですから、どこかの芸術家みたいに「現代アート」とかいって開き直る事はしません。怒られるまで公開というある意味無責任かつ無配慮なヘンな企画を8月の第一週に実施いたします。

どうぞ、皆様温かい目でご覧いただければ幸いです。

|

2011年7月 2日 (土)

ブログ内の映像に関してのお知らせ

 2011年も折り返し地点を過ぎました。ペース配分は如何でしょうか。私はペースどころか何も配分できていません。この状況で何故か夏風邪をひいております。

さて、タイトルの話です。当レールウェイコンシェルジュ内では時々映像を用いて説明している箇所があります。当初はQuickTimeを用いたもの、続いて「@nifty映像」を用いたもの、そしてYoutubeを用いたものです。

QuickTimeやYoutubeを用いたものは現在でもご覧頂けますが、問題は「@nifty映像」を用いたもの。このサービスが先月で終了しました。そのため、一部の映像が見ることが出来ない状態となっています。

「@nifty映像」にアップロードした映像はYoutubeへとアップロードする準備を行っていますが、どの記事に掲載していたのかすっかり忘れてしまいました。ぼちぼちとサイトの映像を切り替えてまいりますが、完成までは結構なお時間がかかるかと思われます。

更新されていない記事を見かけた際は「ああまだやってねぇな」と笑って頂ければ幸いです。

 

……それにしても、早く夏風邪治さないと。早く治して7月5日には某イベントを見に行くんだ(死亡フラグ)。

|

2011年4月29日 (金)

常盤色の新幹線へ(勝手に)エールを送ろう

 「多分誰かがやるんじゃねぇか」と思っていましたが、誰もやりそうにありませんでしたので、復旧当日にテキトーな事を「勝手に」ご提案させて頂きます。

題して「常盤色の新幹線へエールを送ろう」。

JR九州さんの「祝!九州新幹線」というコマーシャルを御存知でしょうか。特に先週あたり日本テレビ系列の「スッキリ!」でこの180秒版のコマーシャルが取り上げられ、ネット上のみならず至る所で大反響を巻き起こしたようです。

(ココだけの話、大阪の某地方ローカル情報番組に携わっている作家さんにも言ったんですけどねぇ。取り上げなかったのが残念無念)

ぶっちゃけて言いますと、今回の一件はこのコマーシャルの二番煎じです。「2011年4月29日に運行が再開される東北新幹線『はやぶさ』に対して、沿線から大きなエールを送る。」ただそれだけです。

ちなみに暫定ダイヤで運行される「はやぶさ」は一日2往復。最も実行しやすいのは東京駅を8時44分に出発する「はやぶさ501号」だと考えられます(詳しいダイヤははやぶさのホームページを参照してください)。

常盤色(あの緑色ってそういう色の名前があったんですな)の新幹線を見かけたら、もう思いっきり手を振ってやってください。ヘンなことをしてもいいじゃないの。「はやぶさ」に乗っている人に「俺達ココで生きてるぞー」ってアピールしてください。

きっと、それは誰かの力になる……ハズです

もちろんやるからには注意しなきゃいけない事がいっぱいあります。考えられる項目をとにかく書き連ねてみますので、参加する人も参加しない人も批判する人も無視する人もとにかく一度だけ目を通してください。

その1:ホームは基本的に危険な場所だとお考えください。列車を追っかけて走ったところで他人さんの迷惑になるだけ。手を振る場合はその場で周囲の人の迷惑にならないように。

その2:垂れ幕何ぞ作っている予算やヒマがあるなら寄付するか東北のアンテナショップに行ってお菓子を買って食べてください。そっちの方がいい。

その3:沿線で手を振る場合、とにかく周りに気を付けて。車で追っかけるなんてことは無理だからやめましょう。田畑や私有地には入らない。迷惑かけてやるようなものでもないんで。

その4:「はやぶさ」は高速で移動します。乗客に気づかれない可能性が高いです。

その5:イベントって言ってますが、単なる思い付きです。しかも当方関西在住。なので、写真もビデオもユーストリームも一切やりません、っていうかできません。

その6:とにかく元気を出しましょう。元気な姿はきっと誰かの元気に繋がります。

その7:怒られたら素直に謝りましょう。

 

……。ホントにこんな思いつき(しかも運行6時間前に書き込んでます)で人は動いてくれるんでしょうか?勢いでやって、明日いろんな人に怒られてみます。

|

2011年3月 5日 (土)

いよいよ

 来週、九州新幹線鹿児島ルートが開業します。

Rw345a

九州、特に鹿児島や熊本の方にとっては念願の全線開業。東北新幹線の新青森開業時にも申し上げましたが、「ストロー効果」という言葉もあるので一概にお祝いというわけにはいかないとは思いますが、開通する事でその地域へ気軽に足を向け、地域の方々との出会いが広がる機会が増える……というのは嬉しいものです。

JR九州さんが開設している「九州新幹線準備室」ホームページ内にある「テレビCM」では、九州で放送されているであろうテレビコマーシャルが数多く収録されています。その中には先日開催された「九州縦断ウェーブ」の模様も見ることが出来ますが、それ以上に私が気になったのは「九州の歴史の先に」編です。

九州の歴史が映像で次々と表されていくこのCM、どうしても途中に出てくる井上陽水さんと「未来は明るいに決まっている」「新しいところへ行こう」というアイキャッチに目を奪われがちになってしまいますが、注目すべきは使われているBGM。

Jackson 5」の「 I Want You Back」。日本では「帰ってほしいの」という何とも言えない邦題が付けられています。最初は何気なく「へぇ、こういう明るい音楽を付けたのか」と思っていましたが、何気なく歌詞の訳を見てみると思わずガッテンしてしまいました。

歌詞の詳しい内容に関しては昨今何かと話題の「Yahoo知恵袋」さんにお任せしますが、ザックリ強引かつ大胆にまとめて表現すると

「もう一度戻ってきてほしい」

ということなのでしょう。飛行機に奪われてしまった関西地域へと向かうお客様や利便性が高い自家用車で福岡や鹿児島へ向かう人達に「もう一度<鉄道へ>戻ってきてほしい」とお願いする(というか懇願する)ように思えます。

実際に、目新しさと利便性の向上で鉄道を利用するお客様は増えると考えられます。ただソレは便利になっただけであって、このままでは「九州内」だけの盛り上がりで終わってしまう可能性があります。同じように関西や中国地方も九州と同じように「魅力ある土地」であることをどんどんと発信していかなければ、現在の勢いは瞬く間に失速する事でしょう。

新しい交通機関の登場は「きっかけ」のひとつです。交通機関におんぶにだっこという状態を止めて、これを機会に自分達の魅力を自ら発信して頂きたい。そう思う今日この頃です。

 

 

……それにしても、東京の撮り鉄さん(60代)元気だねー。

|

2011年2月26日 (土)

たまにはもっとコンシェルジュらしく

私の同級生が、ホテルの就職試験を受けたそうです。面接時間たったの3分、俺はウルトラマンかとボヤいていました。そんなホテル、どこなんでしょう(笑)。ホテルと言えばコンシェルジュ。当ブログの名前にも「コンシェルジュ」がありますので、たまにはコンシェルジュらしく、旅の切符のご案内をひとつ。

来月3月12日に九州新幹線鹿児島ルートが全線開業します。今から相当ワクワクしていますが、色々と調べてみるとこの開業によってきっぷのルールが変わるみたいです。例えば特急料金。

Rww001

ほぼ同等の距離を走行する区間で比較したのですが、東海道・山陽新幹線区間と山陽・九州新幹線区間の料金は少しお高く設定されているようです。まぁコレには国鉄民営化の前から営業していたことと、新たに営業を開始したということもあってあまり比較対象にはできませんが、それでも高いことは確か。

Rww002

しかし、インターネットで往復予約すれば片道分で14,400円という格安料金で移動する事もできるようです。3万あれば熊本往復が出来る。いい世の中になったものです。

ただこの企画きっぷがあるからなのか、山陽新幹線区間では「さくら」「みずほ」は山陽新幹線区間のみで使用できるトクトクきっぷやエクスプレス予約が使えないようになりました。まぁ「のぞみ」「ひかり」とうまく利用者を分けることで目的をハッキリとさせたのではないかと推測します。それによりより落ち着いた車内になることでしょう。

特急料金で残念といえばもうひとつ。博多駅や小倉駅で行われていた在来線特急の特急料金乗り継ぎ割引が廃止となります。

Rww003

ちょうど同じ改正でJR九州さんの特急料金が細分化され、値下げが行われるそうです。

「安くなったんだ、割引なしでいいよな?」

なんて思われたのでしょう。新大阪から小倉駅経由で別府に移動したケースで調べてみると800円前後の値上げとなります。800円あれば小倉駅の「かしわうどん」に生卵を落とすという「ささやかな贅沢」が可能になるのではないでしょうか。

Rww004

ただもちろんコレにも大分方面だけでなく、長崎や宮崎方面へ格安に移動できる「九州往復割引きっぷ」というトクトクきっぷが設定されております。仮に別府方面へ向かう列車をこのきっぷを用いて往復分予約すれば片道13,300円で利用することが可能になります。往復にすると約6,000円……これだと「ささやか」どころか、別府温泉で豪勢な夕食を楽しむことだってできます。

もちろんこれらトクトクきっぷには「往復JRを利用してもらいたい」「航空に利用客を渡したくない」というJR側の考えが見え隠れしています。わざと高い料金を付けることでトクトクきっぷを安く見せる、クレジットカードで利用者を囲い込んでしまおう……というある意味高等なテクニックであることは明確。

もちろん航空各社も多種多様な方法で我々に「九州へ向かう際には飛行機で!」というアプローチをしているみたいです。アプローチの手段は沢山あった方が旅行を計画する段階でも楽しいと私は思います。

皆さんももしお時間がありましたら九州の空気を味わいに行かれてみては如何でしょうか。

……というわけで、急ごしらえの企画を終わります(汗)。

|

より以前の記事一覧