« ブログ内の映像に関してのお知らせ | トップページ | 8月のお知らせ »

2011年7月 9日 (土)

出会えなかった日に思った事

 京阪さんの私市駅で開催されていた「おりひめ」と「ひこぼし」の出会いは、今年度から中止となったとの事。その影響かどうかはわかりませんが、7月7日は豪雨でした。そんな悪天候で開催されていたとしても、撮り鉄な方々は大挙して私市駅へ訪れていた事でしょう。風物詩の一つが無くなるというのは寂しいものです。

Rw394 (でも今年はトーマスとその仲間達がいるよ)

この背景には京阪さんの車両数削減があり、どうしても車両のやりくりが出来なかったのかもしれません。ファンの心を大事にしながら自分達も楽しんでしまうというある意味鉄道ファンに優しい京阪さんのことですから、来年は何かしら面白い事があるのではないかと推測します(ね?元公式ブログ担当のかのーさん?)。

さて、その京阪交野線でちょっと気になった事があります。

利用されている方なら御存知かもしれませんが、5月のダイヤ改定で交野線のダイヤが大きく変わりました。従来なら枚方市駅のホームは常に6番線を使用していましたが、今回の改正からは6番線だけでなく、朝夕のラッシュ時に使用される5番線にも列車が発着するようになりました。

それも常にどちらかのホームに車両が待機しているようなダイヤの設定となっています。今までのダイヤでも不都合はなかったのですが、どうしてわざわざこのようなダイヤ設定になってしまったのでしょうか。

Rw395

私が妄想するに、次のダイヤ改正では交野線から大阪市内への直通列車が現在のような状態ではなく、大々的に多く運行されるのではないのでしょうか。

今回の妄想、実は元ネタがあります。現在はすっかり支線クラスとなってしまった中之島線が開業する2年ほど前の2006年、昼間に区間急行が大増発した時期がありました。後にこの区間急行が中之島線への直通列車となったのですが、どうもこのダイヤと今回のダイヤ、似ている気がするのです。

今回のダイヤ改定では急行が中途半端な形で昼間の間運行するようになりました。10分パターンのダイヤにも拘らず、一時間に4本と正直使いづらいダイヤです。それを解消するために今回の布石があるのではないか……。

しかも2年後には淀駅の改良工事が完成し、そろそろ旧型車両も置き換えを始めなければいけない時期になります。そう考えれば……。全ての点が線で繋がりそうです。

それにしても、最近妄想ばかりで申し訳ないですねぇ。何分リアルがかなり忙しいのでこういう事をしないとやっていけないんですよ(涙)。

|

« ブログ内の映像に関してのお知らせ | トップページ | 8月のお知らせ »