« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月25日 (土)

あのイベントに行ってきました

 某ブログに私の後頭部が映っております。いやー、痩せましたなぁ<私。と、言うわけで23日に開催された「マンガカフェ11+鉄道カフェ」の私から見たレポートなんぞ一席。

まず最初に基本的なおさらい。私が常連になってご迷惑をおかけしている「鉄道カフェ」と「マンガカフェ」。どちらも同じ「ラボカフェ」というトークイベントの一つではありますが、全く異質なものとお考えください。

「マンガカフェ」が物事を主催者側が粛々と進めていくのに対し、「鉄道カフェ」の場合は主催者より参加者が物事を進めています。っていうか主催者がないがしろにされる時もあるというある意味「無法地帯」です。

強いて例えるならば、「鉄道カフェ」というイベントの常連は『礼儀正しいフーリガン』でしょうか。そんな人達が一斉にアウェイな場所で登場してしまいました。なので今回「マンガカフェ」を目的に参加者してくださっている方々、並びにトークイベントを楽しみにされてご来場なさった皆様方にはご迷惑をおかけしてしまったのかもしれません。特に私は調子に乗っておりました。謝ります、ごめんなさい。

 さて、当日のレポート。鉄道総合板のY氏スレッドの皆様も気になっていらっしゃることでありましょう。当日Y氏の机の前に置かれた「ジャム」と「食パン」。コレを用意させて頂いたのは私です。

Y氏といえば全駅制覇する際、電車での移動に予算の大半を費やすため、食費を削って対処したと聞きました。通常なら自炊やカップラーメンなどで対応するのでしょうが、何故かY氏の場合はジャムと食パン。コレを置いておけばひと笑い位起こるんじゃないかと考えたわけです(決して初心忘れるべからずみたいな事は考えていません)。

このイベントが開演される4時間前、地元のイオンで買った安物のジャムのステッカーをはがし、コレに市販のジャムみたいなデザインのステッカーをベッタリと貼り付けました。

Rw391

(それがコレ。画像のイチゴやロゴは無断でお借りしました。お許しください)

どうも私はこういうものを作る際、どうでもいい細かいところにこだわってしまう傾向があります。「ジャムと言えばアヲハタ」、「アオハタとテツヲタって似てるね」ってことで、アヲハタそっくりのロゴを作ってステッカーの中にこっそりとはめ込んでおきました。

Rw392 Rw393

(絶対怒られると思うので、ロゴも今のうちに御笑覧ください)

自分で言わなきゃ誰もわからないこだわりを入れてしまい、結果終演後出演者の皆様へ自分からネタバレすることに。ああ、恥ずかしい。

しかもこのジャムに精根を使い果たしてしまったのか、なにわ橋駅にたどり着くまで「食パン」のことをすっかり忘れる始末。もうこうなっては仕方ないと終点の中之島駅まで向かい、リーガロイヤルホテル内のメリッサさんで売れ残っていた食パンを緊急入手しました(買ってから「淀屋橋駅構内に神戸屋があった!」と気づいたのは言うまでもありません。あのパン、ジャムより高いんですよ。トホホ)。

で、肝心かなめのトーク内容。個人的な感想で言わせてもらえれば「Y氏より神村さんや編集長さんの方が面白い」。

編集の担当がイシカワさんからカミムラさんに変わった際、「あと5回で終わる」と聞かされていたそうで、その時カミムラさんはキクチさんに対して「どうせ5回で終わるのなら、残り5回を120%の力でやりきろう」とアドバイス。ちなみにこの時、カミムラさんは人生初めてのマンガ編集担当だったそうで。

そういう裏話を知ると、6回から10回までの間の演出の奇抜さが際立っているなと理解できます。また、この頃から「(漫画の内容を)飽きられないように」工夫する事をカミムラさんや編集長さんが考えていたという「裏話」も「なるほどなぁ~」と感心して聞いておりました。

でもそこはカミムラさん。「皆さんにYさんお勧めの駅をクイズ形式でお見せしましょう」と言いつつ、プロジェクターにはファイル名が乱舞。そこには大きく駅名が。こういう人間味あふれる事をやってくれるのもカミムラさんらしいっちゃあカミムラさんです。

次回もし開催するなら、今度はカミムラさんと編集長さんだけでお願いしたいです(笑)。

 

 

……、それより、Y氏の話を聞きたい?ええ、それじゃあお話しましょうか。

私が思うに、Y氏は「引き出しが一個しかない箪笥」。

その箪笥は大きいけれど、引き出しが一個しかない。何でも物を入れることが出来るけれど、整理がしにくい状態。だけど本人だけが引き出し中の何処に何が入っているのかを知っている。そのせいで傍目から見たら雑然と入れているだけじゃないかと思われてしまう。全ての誤解はその状態からではないかと感じました。

今回のイベント、話の流れで鉄道総合板の話になりました。

「全駅下車してないんじゃないか?って書かれてましたね」

なんてことも編集者側から振られていましたけれど、Y氏本人はそこらへんどうだっていい話状態。しかもこの件で「炎上」している事をY氏本人が喜んでいるんですな。その件でカミムラさんからも

「ホント、Yさんは炎上するの好きですね」

なんて言われる始末。当の本人がこの状況を喜んでいる以上、私もこれ以上は言えません。Y氏は面白いことは面白いけれど、それは人間的な面白さというより「新喜劇」的なコミカライズされた面白さが現実の元にあるという面白さだと感じました。

ちなみに私はY氏のアンチだとか信者だとかいうつもりはありません。それは信念の問題ですから、否定するしないなんて次元で話すのはちょっとなぁ……なんて。ただ、礼節が伴うと色々な方々からイザという時に助けてもらえる確率は高くなるよとだけ申し上げておきます。

|

2011年6月18日 (土)

アートエリアB1のアレ

 今週の更新は諸般の事情によりましてお休みとさせていただきます。

……原因は来週の木曜日(2011年6月23日)に京阪中之島線なにわ橋駅で開催される「鉄道カフェ」です。そもそも「鉄道カフェ」というイベントは、某掲示板では「ふつうにリーマンが鉄をテーマにだべる会」と称されています。確かにその通りと言えばそうなのですが、少しだけ実情は違っています。

どちらかといえば「鉄道を知らない司会者を鉄道ファンに洗脳する会」です。

私はそんなイベントをどうしようもない状態にした張本人なのかもしれません。

 そんな会に小学館で有名な編集者さんで、今では月刊IKKI雑誌編集長という肩書よりも「I Love Switchback」の方が有名になってしまった江上英樹さん、「鉄子の旅」担当をされておられた神村正樹さん、その他一名がお越し頂くことになりました。マンガでしか見た事のない風景が目の前で広がるのですから、そりゃあモォ楽しみなわけです。

 通常アートエリアB1で開催される「**カフェ」が付くイベントは、主催者がある程度枠組みを決めて話し合うイベントです。今回合同で開催することになった「マンガカフェ」もそのような取り組み方で行っているのだと思います。

でも、鉄道カフェって違うんですねぇ。どちらかと言えば「参加者が率先して進める」タイプのイベントとなっています。その悪しき伝統(笑)に則って、「鉄子の旅」の説明画像をちょこちょこと勝手に作っております。

当日発表できるかどうかは思いっきり微妙ですので「ご期待ください!」なんてことは口を裂けても言えませんが、そちらの方に今週分の編集能力を持っていっちゃってます。なので今回はご了承頂ければ幸いです。

さーて、どんな画像にしようかなぁー(含笑)。

 

 

追伸:「その他一名」さんに関しては色々と言いたい事がありますが、多分自覚されておられると思うのでヤボな突っ込みは致しません。ヘタレと言われたらそこまでですが、何卒ご理解くださいませ。

|

2011年6月11日 (土)

病み上がりのコネタ集

 このところ、長いネタを考えてしまう傾向があります。ガッツリ力を入れて書いちゃうと疲れてしまうのは世の常、その結果ヘルニアも悪化気味という事なので今回は手短な電車のコネタでお楽しみ頂ければ幸いです。

コネタ1:淀駅の配線がたまらん。

Rw376

淀駅の京都方面ホームが高架になりました。

Rw377 Rw378

大きな布に覆われた駅は従来の駅にはない解放感があります。現在2面3線のこの駅も、将来的には追い抜き可能の設備が京都方面ホームに追加されて京阪本線の要所として活用されるようです。しかも淀車庫までの区間が複々線化され、競馬開催時には多くの臨時列車を増発できるようになっています。

Rw379 Rw380

しかもこの淀駅の配線がかなり上手く配置されています。クロスポイントが大阪側に3つ、京都側には引き込み線が一本整備されていて、この引き込み線から退避側本線側どちらからのホームにも入線できるようになっています。

Rw381

贅沢を言えば、阪神電車さんのように上り本線から引き込み線へ直接移動できるポイントがあればよかったのでしょうが、それにしてもあの狭い範囲でここまでうまく配置するとは思いませんでした。

こういう配線を見る度に、これをうまく使えばアレがこういうふうにできるんじゃないかとまた妄想できそうです。

コネタ2:改札機にイコちゃんが。

Rw382

6月から京阪電車さんではICOCAが発売され、ICOCA定期券が使えるようになりました。「ICOCAでの6カ月定期代」と、「6か月分のPitapa割引サービス」を比較した場合、私はすんなりとICOCAでの定期券を選ぼうと思う程Pitapaの存在価値に疑問符を打ちたくなる今日この頃です。

Rw383

それを祝ったというわけではありませんが、地味―なところで改札機にイコちゃんが佇んでいました。

Rw384

カモノハシは水辺に穴を掘って巣穴を作るといいます。その生態から考えると自動改札機の下にあるこの空間は、イコちゃんにとって住みやすい空間だと言えるでしょう。

コネタ3:京都市の交通局がある意味もえている。

Rw385

ちょっとした用事がありまして、京都市営地下鉄の四条駅を利用しました。

Rw386 Rw387

ふと階段を見るとカロリー表示が書かれているではありませんか。その側面には「燃え燃えプロジェクト」なるポスターも。一段階段を上る度に-0.1キロカロリー消費するという情報と、上る人に対する応援のメッセージ。なるほどうまい事を考えましたね。当然「燃え」だからなのでしょうか

Rw388_2

謎の萌えキャラ登場。

Rw389

京都市交通局若手職員増客チームの家族が勢い余って描いた謎の女子高生「太秦萌(うずまさもえ)」、彼女が上目づかいで「素敵!」なんて言ってくれたら、そりゃあモぉナウなヤングはフィーバーなう!……何書いてんだろオレ

Rw390

でも、イケメン(多分こいつも名前付けられてんだろなぁ。女の子が太秦だから、竹田とか北山かな?)はエレベーターを使っていいみたいです……人間見た目が9割ですからねぇ。

コネタはこんな感じですかね。何とかヘルニアを落ち着かせていきますハイ。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »