« 常盤色の新幹線へ(勝手に)エールを送ろう | トップページ | ぼくのかんがえたけいはんでんしゃ(エピソード3) »

2011年4月30日 (土)

ぼくのかんがえたけいはんでんしゃ(エピソード2)

 東日本大震災で不通となった東北新幹線が復旧しました。その際に沿線の方々が手を振ってくださったそうです。もちろん私のブログを見たわけではありません。私が書く以前から「やろうぜ!」と呼びかけていた方が沢山おられたそうです。

うん、何も考えずに発言を書いちゃうと赤っ恥をかく典型例ですね。

どこかのジャーナリストやコラムニスト、社長さんの事をバカにできません。思いつきでやっちゃダメなんです。反省しないといけません。

 さて、京阪電車さんで新車を導入するという妄想なお話の続きです。

現在京阪さんは車両の数を減らす方針を打ち出しています。4月に「アートエリアB1」で開催された「鉄道カフェ」で、京阪電車の中の人が

「今度の5月のダイヤ変更に合わせて車両を減らす」

なんてことをポロっと言っておりました。それを表すかのように今度のダイヤ改正では交野線直通の「おりひめ」と「ひこぼし」が平日に各々1列車だけとなります。この列車は交野線へ乗り入れるために5両編成限定となっており、この分だと5両で構成されていた編成の一部が廃車になるのではないかと考えられます。

しかも昼間に運行されていた区間急行がガッツリ削減され、運用上では左程車両数が必要ではなくなっているようです。なので、これから妄想するお話と現実はかなり乖離していくものだと認識して頂く必要があります。さて、それでは参りましょうか。

 まず最初に行うのは「新車の導入」です。

新車と申しましても、具体的には現在の3000系と同等の性能を持った新しい車両を導入します。ただし他の車両と違うのは「基本編成は4両」で、尚且つ「併結できる」ということです。

今回「おりひめ」と「ひこぼし」が各々一列車となります。通勤時間帯、多数の方々が利用される時間に収容力のない5両編成の車両で運行する、その上特急から枚方市駅以西の駅に停車する通勤快速急行に種別を変更した事そのものが無理無茶無謀だったのではないかと思うのですが、そこはソレ。

短い編成がダメなら、増やせばいいじゃないの。

ということで、この新たな形式(仮にK1系)は旧3000系、現在の8000系30番台のように簡易的な作業で連結が可能な連結器を装備させます。この事により、増結が可能となり、通勤・帰宅ラッシュ時に短い編成をそのまま本線へ入線させるようなことはなくなります。

また、4両単位で編成されているので、交野線だけでなく宇治線への運用も難なくクリア―。ラッシュ時から閑散期、本線から支線まで柔軟に運用することが可能となります。

まずはこの編成で支線に残っている2600系を置き換えていきます。1編成6億円と考えると、現在支線運用で使用される車両(4両5編成・5両3編成)を全てK1系で置き換える場合、約48億円。2年か3年に振り分けて導入すれば何とか行けるラインだと考えられます。

ただ、この場合だと連結した場合「8両」にしかなりません。必然的に用途が限られてしまうという欠点があります。そこで支線への新車投入が終了したら次のステップへと移ります。

(なんだかんだいって続く)

|

« 常盤色の新幹線へ(勝手に)エールを送ろう | トップページ | ぼくのかんがえたけいはんでんしゃ(エピソード3) »