« 熱血テレビ番長(その2) | トップページ | いよいよ »

2011年2月26日 (土)

たまにはもっとコンシェルジュらしく

私の同級生が、ホテルの就職試験を受けたそうです。面接時間たったの3分、俺はウルトラマンかとボヤいていました。そんなホテル、どこなんでしょう(笑)。ホテルと言えばコンシェルジュ。当ブログの名前にも「コンシェルジュ」がありますので、たまにはコンシェルジュらしく、旅の切符のご案内をひとつ。

来月3月12日に九州新幹線鹿児島ルートが全線開業します。今から相当ワクワクしていますが、色々と調べてみるとこの開業によってきっぷのルールが変わるみたいです。例えば特急料金。

Rww001

ほぼ同等の距離を走行する区間で比較したのですが、東海道・山陽新幹線区間と山陽・九州新幹線区間の料金は少しお高く設定されているようです。まぁコレには国鉄民営化の前から営業していたことと、新たに営業を開始したということもあってあまり比較対象にはできませんが、それでも高いことは確か。

Rww002

しかし、インターネットで往復予約すれば片道分で14,400円という格安料金で移動する事もできるようです。3万あれば熊本往復が出来る。いい世の中になったものです。

ただこの企画きっぷがあるからなのか、山陽新幹線区間では「さくら」「みずほ」は山陽新幹線区間のみで使用できるトクトクきっぷやエクスプレス予約が使えないようになりました。まぁ「のぞみ」「ひかり」とうまく利用者を分けることで目的をハッキリとさせたのではないかと推測します。それによりより落ち着いた車内になることでしょう。

特急料金で残念といえばもうひとつ。博多駅や小倉駅で行われていた在来線特急の特急料金乗り継ぎ割引が廃止となります。

Rww003

ちょうど同じ改正でJR九州さんの特急料金が細分化され、値下げが行われるそうです。

「安くなったんだ、割引なしでいいよな?」

なんて思われたのでしょう。新大阪から小倉駅経由で別府に移動したケースで調べてみると800円前後の値上げとなります。800円あれば小倉駅の「かしわうどん」に生卵を落とすという「ささやかな贅沢」が可能になるのではないでしょうか。

Rww004

ただもちろんコレにも大分方面だけでなく、長崎や宮崎方面へ格安に移動できる「九州往復割引きっぷ」というトクトクきっぷが設定されております。仮に別府方面へ向かう列車をこのきっぷを用いて往復分予約すれば片道13,300円で利用することが可能になります。往復にすると約6,000円……これだと「ささやか」どころか、別府温泉で豪勢な夕食を楽しむことだってできます。

もちろんこれらトクトクきっぷには「往復JRを利用してもらいたい」「航空に利用客を渡したくない」というJR側の考えが見え隠れしています。わざと高い料金を付けることでトクトクきっぷを安く見せる、クレジットカードで利用者を囲い込んでしまおう……というある意味高等なテクニックであることは明確。

もちろん航空各社も多種多様な方法で我々に「九州へ向かう際には飛行機で!」というアプローチをしているみたいです。アプローチの手段は沢山あった方が旅行を計画する段階でも楽しいと私は思います。

皆さんももしお時間がありましたら九州の空気を味わいに行かれてみては如何でしょうか。

……というわけで、急ごしらえの企画を終わります(汗)。

|

« 熱血テレビ番長(その2) | トップページ | いよいよ »