« Re:電車が来ない町へ | トップページ | 故郷は森へと還る »

2010年12月25日 (土)

さよならテラスハウス

 激動と呼ばれていた2010年もそろそろ終わりになろうとしています。皆さんのことし一年は如何でしたでしょうか。鉄道業界でも様々な激動があったわけですが、私個人としてはやはり「引越」が一番印象に残っています。

Rcuso800

(引越祝いのパーティ、もちろん嘘)

生まれてこの方約30年以上住んでいた場所からの引越しですので、肉体的にも精神的にも色々と大変でした。ただ私の住んでいた前の家が少し歴史的な建物だったので、ちょっと振り返ってみましょう。

以前住んでいた家というのは、いわゆる「団地」でした。通常団地と言えば5階から6階建ての集合住宅、映画で例えれば「耳をすませば」の月島雫が住んでいる場所を思い浮かべる人が多いと思いますがそうではありません。

団地好きな方の場合だと「スターハウス」を思い浮かべる人もいらっしゃるかと思いますが、もちろんそんな小洒落た建物でもありません。それは「テラスハウス」という建物です。

Rw291 (テラスハウス外観)

「境界壁を共有した低層階の建物、高度経済成長時代に日本住宅公団が作り出した団地の敷地内に建設された」とネットでは紹介されています。私が住んでいた地域には幾つか団地があるのですが、そこでは主に高層階の集合住宅がメインでした。

Rw332 Rw333

しかし、私が住んでいた団地は土地が隆起していた場所にありました。そのため日照権や土地を有効活用する目的で「テラスハウス」を併設したようです。そこに私は住んでいました。

Rw292

(引っ越し後すぐに解体されたので、もう思い出でしかない)

私達家族が引越した後、建物は跡形も無く解体されました。ここには新しい市道が整備されるそうです。30年以上の思い出はあっさりと形を無くし、私の心の中にぼんやりと輝いています。

Rw290

ただこの建物を壊すとなると勿体ない、どうせ壊すのなら建築を先行している学生達に生きた教材として使ってほしいと一部住宅は一旦解体を免れ、関西にある建築学科を有する大学が集まり、リフォームを実践する場所となりました。

Rw293

(奥に見えるのが建て替えられた団地。家賃の関係で私は入居しなかった。個人的な意見だが、2DKで月10万円台の家賃は高すぎると思う。近隣の住宅は2DKで大体6万円台。)

塀に囲まれているものの、そこは今まで見ていた風景と同じ場所。懐かしくもあり儚くもありと何だか不思議な気分にさせられる場所です。

Rw294

リフォームした住宅をご紹介する前に、あえてリフォームをせずに現状を残す事を選択した物件がありましたので、先にそちらをご紹介いたします。

Rw295 Rw296

(機能性だけが目立つ外観。窓は全て木製。)

外観は立派なコンクリート構造です。2階建ての構造となっており、家の裏側にはテラスハウスの語源となった庭が設置されています。今となってはものすごく贅沢な設備です。

Rw297 Rw298

(家の中は意外と洋風だった。ALWAYSな世界)

Rw334

(1階部分の間取り。機能性に満ちている)

1階部分はお風呂・洋式のトイレ・台所とリビング・2階へと続く階段と物置が効率よく配置されています。高度成長期には喜ばれたであろうこの設備も、効率性を重視しすぎたのか現在の住宅環境からすれば幾分狭い感じが否めません。

Rw299 Rw300

(風呂は無駄に水が入るのでなかなか沸かなかった。トイレは洋式だったものの、配管はすべて和式の様式。引越す1年前に水漏れした際、もう部品が無いと水道屋が嘆いていた。)

トイレは玄関真横。用を足しながら来客もわかるというある意味居留守が使いにくい構造。お風呂はバリアフリーという言葉すらなかった時代の代物。足を伸ばして入浴するという事は到底考えられないものでした。写真ではシャワーが付いていますが、入居した当初はシャワーなんぞ夢の設備。無理やり増築して後に造られました。

Rw335

(二階の間取り。皆さんが思っている以上に狭い)

Rw301 Rw302

(畳の焼け具合がココに生活していたんだと物語っている)

2階は大きな窓とベランダが嬉しい6畳の部屋と、大きな押し入れと納戸が付いている4畳半の小さな部屋の2間で構成されています。両方とも畳敷きになっているのはまさに時代でしょうね。

Rw303 Rw304

(階段は暗くて狭い。我が家の場合収納も兼ねていた。ある意味階段箪笥)

階段部分も現在の住宅からすれば急。ビフォーアフターでは必ず取り上げられるであろう空間でしょう。私も子供の頃何度も落ちてました。よく生き残ったなぁとあの当時の私を褒めてあげたいです。

Rw305

さて基本を押さえたところで、リフォームされた物件を見ていきましょう。今回のテラスハウスは外壁こそはコンクリートを使っているものの、中身はコンクリートブロック塀と木材で組まれた構造となっていました。なので、技術を伴わない学生がリフォームするには最適の物件だったようです。

Rw306 Rw307

(2階の床板を外して吹き抜けの空間を作っている例)

解体しにくい台所等の水回り部分は解体せず温存し、それ以外の箇所に力を入れています。ただ、ビフォーアフターの影響からか2階部分をぶち抜いて大きな開放空間を導入する方法が大半。

Rw308 Rw310 Rw309 Rw311

また建築容積の中に組み込まれない庭部分のデッキが多く見受けられました。外と中の空間を一直線にすることで広がりを求めようとしたのでしょう。傾向が似てくると最終的には造形の完成度やコンセプトでの勝負となります。

Rw312 Rw313

(完成度がやけに高いと思ったら、大学院生がリフォームした部屋)

Rw314 Rw315

(あえて無垢の色調にまとめた家。ここにはちょっと住んでみたかった)

多くは居住空間というものではなく、応接スペースとして建物をリフォームしているものが多かったです。それだけ表現するスペースが少なかったという事なのかもしれません。

Rw316 

元々ひとつの学校に2つの住居スペースを割り当てられていたという事もあり、中には二つの住居スペースのうちひとつは応接、ひとつは居住というやり方でデザインを考えた学校もありました。

Rw317 Rw318

(ふたつの居住スペースを使うと一気に使い方が広がっていた。この部屋も住みたい)

中には学生らしくトンデモ……じゃない、自由な発想でリフォームされた部屋もあります。

Rw319 Rw320

(壁には解体中に出たであろう端材を付けて目隠しし、床板は本来使ってはいけない種類の合板を使用。もちろん体重制限があるので私は入れない。)

Rw321 Rw322

(「残念な匠」状態)

家に木を植え、階段までのアプローチは坪庭を意識した石畳と土を配置。囲炉裏を再現したであろう空間には砂利を敷き詰め枯山水も再現可能。一体この部屋に住む人はどういう人なんだろうと小一時間問い詰めたくなる行き当たりばったりなリフォーム満載の部屋も。それ以上に驚かされたのが

Rw323

窓が無ぇ。

Rw326

階段だらけのアスレチックハウス。

Rw327

Rw328

それどころか階段が壁からはみ出てる。

果たしてこれは家と呼べるのか?と常識を今一度確認したくなる空間も用意されていました。少なくともこの家のリフォームを施した人間の設計した家には住みたくありません。

 

 

Rw329

そんなテラスハウスも、来年の3月末までに地図上から無くなるとのこと。終わりがあるから今が楽しく、そして新しい事を始めるためには何かを終わらせなくてはいけない。判って入る事ですけど、ちょっと寂しい。そんな感傷に浸りつつ、2010年は暮れていくのでしょう。

さよなら、テラスハウス。

Rw330

(この建物の裏手には手付かずのテラスハウスも残っている。誰か一棟丸ごと買ってリフォームしてくんないかなぁ)

|

« Re:電車が来ない町へ | トップページ | 故郷は森へと還る »