« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

スカートの流儀

普段、何気なく乗っている鉄道車両。ボンヤリと乗っていると気づかないのですが、一度気づいてしまうと毎回何気なく気になってしまう。今回はそんなお話です。

Rw280

今回取り上げますのは鉄道車両を構成する上で意外と欠かせない「スカート」。

……本来ならば今回のお話の枕として「ある有名人との2ショット写真」が冒頭にあったのですが、諸般の事情で割愛させて頂きます。まぁその方がシャバに出てきて、私が何となく覚えていたら掲載しようかと思います。

20090324_151 Rw239

本題に戻りまして、「スカート」でございます。この装置正式名称は「排障(はいしょう)装置」。実務的には異物を電車の車体下に入りこませないようにガードする為に設置されています。近年はデザイン上のアクセントとして組み込まれ、鉄道車両といえば「スカート」があるのが当たり前になってきています。

Rw269 Rw270

元々は「カウキャッチャー」と呼ばれる結構大層な設備でした。昔の車両にはそれを再現したものが設置されていますが、実際には電車の前には「電車が来るぞー」と叫んでいた人がいたと聞きます。その話を聞いた時、カウキャッチャーの役割は本来の役割というより、ちょっとしたお飾りみたいだと思ったのは私だけでしょうか。

Rw281

もちろんこのスカートが無くても鉄道車両は走行できます。家の近くを走る電車にはスカートが無い!と焦らなくても大丈夫です(事故を起こした時大変なだけです)。

Rw246 Rw250

ただこの「排障装置」、2段構えになっている事に気づく人は意外といません。

Rw267 Rw278

先頭車両の運転席側の車輪、この前に小さな突起物があります。これが「排障器」と呼ばれる装置で、鉄道車両には必ず搭載されています。

Rw244 Rw245

JRの高速で走行する近郊型車両や特急用車両ではこの装置が大きな形状となって設置されています。一方の私鉄は特急車両であっても小型の装置が取り付けられています。

Rw248 Rw249

二段重ねで安全を確保しよう。これだと多い日も安心……じゃないけど、そういうことにしておきましょう。

さて、この「スカート」。よくよく見ると幾つかの系統に分けられるようです。少し分類して行きましょう。まず初めに基本形である「実直型」。

20101016_039 Rw263

付け方が素直。最低限の直線だけで構成されたスタイル。大抵新造時に装備していなかった車両にスカートが付けられる場合こういう形状になりやすいです。元々設置する空間を設定していませんので、付けられる空間に無理やりくっつけたようになっています。ちょっとした匠なら即リフォームの対象でしょうね。

Rw261 Rw254

その匠によるリフォームっぽいデザインがJR西日本さん201系。元々の装備品を取り外して強化型にしたそうです。たしかにこのデザインは強そうです。

Rw264 Rw265

もちろん国鉄型の車両だけでなく、私鉄にもその系統は存在しています。こちらの場合は一本の鉄で仕上げるのではなく、幾重にも支柱と鉄板を組み合わせたタイプ。武骨っぽく見えますが、なかなか頼れるデザインではありませんか。

次に意外と多いのが「セパレート型」。

Rw274 Rw275

電気連結器などの設備が連結器下にあり、機器の都合上大型のスカートを配置しにくいために左右別れた、もしくは別れたように見せているタイプがこのタイプに該当します。

Rw256 Rw259

併結が多い路線区を走行する車両の場合、煩雑な作業を簡便化するためには電気連結器を付けなければいけません。付けられる位置はどの車両も同じ場所にしなくてはいけませんので、デザインするとどうしてもこういう形状になりやすいです。

Rw266 Rw273

既存の車両でも機器の都合によってはセパレート型のようになってしまう場合もあります。実直型が多い近鉄電車の中で、阪神線への乗り入れ対応型車両は機器の都合でスカートを切り取っています。幾分不格好に見えるのは気のせいでしょうか。

そしてここ最近増えているのが「鉄仮面型」。

Rw268 Rw277

スカートが正面だけでなく左右にも伸びて構成されているものが「鉄仮面型」です。機器の都合上で車体正面に空間が無い場合、デザインと強度を両立させるためスカートを側面まで伸ばして付けられています

Rw271 Rw272

京阪さんの3000系はこの鉄仮面タイプの発展系とよばれるスカートとなっています。しかしよく見るとデザイン上連結器の下の部分、スカートの真ん中の部分が切り分けられるようになっています。

Rw252 Rw279

このタイプはセパレートタイプへの準備対応もしやすいので、鉄仮面型と称しつつもセパレート型へ対応できるようなつくりになっているケースが多いです。近鉄さんのシリーズ21は特にその形状から推測できやすいデザインとなっていますね。

そして忘れてならないのは「車体一体型」です。

Rw244

車体のデザインとして完全に同化しているものが該当します。在来線の特急型車両の多くは武骨なものではなく、しゃれたデザインとなっているケースがほとんど。

Rw242

車輪の前には排障機があるのでデザイン性に富んでいても影響はありませんが、空気抵抗などの影響がある新幹線ではこの部分が特に重要視されており、明らかに一体化されています。昔の武骨なデザインもよかったのですが、コレは仕方ないです。

……さて、ここまで説明してみましたが、いかがでしたでしょうか。明日から出勤通学の際、フイに気になってるはず。こういうところにも鉄道を支える人々の細やかな配慮があるんだと気づいて頂ければ幸いです。

|

2010年10月 5日 (火)

九州新幹線のCMに私が推薦する曲

 前回の内容で「説明を求める」なんて偉そうな事を書いちゃいました(テヘッ)。

大抵そういう文面を読むと「じゃあお前はどんなのがいいんだよ」と言いたくなるのは世の常であります。本当はオリジナルの楽曲を作った方がいいのですが、私は芸術系大学の出身でありながら楽器関係は全滅という世界一不器用な男。

楽器が弾けたとしたら、思いのたけを歌にして貴方に伝えていることでしょう。新しい雨が降るとそこにあなたがいる、新しい小節が浮かんだらそこに貴方がいると。そんな男なので、今回は私の中で「コレいいんじゃね?」という楽曲を幾つか皆様にご紹介いたします。

以前当ブログでは「新しい新幹線の名前を妄想してみた」という記事の中でコマーシャルの絵コンテを掲載しました。そこで最初に「いいんじゃね?」と思ったのが槇原敬之さんの「遠く遠く」でした。

(Youtubeから引用。画像はかわりません)

「冒頭部分の歌をそのまま15秒使う」という「シンプルさ」、歌詞中にある文面で「九州新幹線の存在意義と密かな決意」を表現してみました。

沿線地域の方々には「九州という土地にも新幹線が走り出す」「新幹線が乗り換えなしで大阪まで行く」と理解させ、沿線以外の方々には「こういう新幹線が走っている」と覚えてもらえる。そして寝台特急時代「さくら」を長く愛してくれた長崎の人々には「今生の別れ」と決意した姿と、これから活躍する姿を見守ってほしいというさくらからの「願い」……それを15秒に要約。コレは軽く奇跡。

同時に流される映像も映像も出来る限り新幹線の画像を使わず、桜の花を多く使う事で「なんだろう、コレ」と視線を集める……という意味合いがあります。シンプルなのが一番なんですよ、本当に。

新たに「これいいんじゃね?」というのが北海道のキラ星ことにょういずみにょう大泉洋さんとミスター残念戸次重幸さんが歌う「見上げてごらん春の空を」です。

(大泉さんの画像だらけですが気にしないように)

元々はチームナックスという劇団の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム」という舞台で使われた楽曲です。各個人や劇団の名前は比較的知られていても、このような歌を彼らが歌っているのは意外と知られていません。そんな北海道出身の彼らの楽曲を選んだのは歌詞の中にある

「日はまた昇る」

「例え生まれ変わっても 例え離れてしまっても」

という一文でした。

「さくら」は春に花が咲き、夏に葉が日陰を作り、秋に自らはを赤く染め、冬に新たな芽生えを迎えるため全てをゼロにするという日本人の心の中を代表するような樹木です。

「さくら」と「みずほ」は共に九州へと向かう寝台特急の名前だった事は皆さんも御存知でしょう。その名前が九州新幹線の名前として復活するワケです。「おかえり」を表現しない手はありません。

そして、九州新幹線の開業と共にもう一本「はやぶさ」が東北新幹線の名前として復活します。九州新幹線だけでなく、「頑張れよ、はやぶさ」という思いもコマーシャルの中に詰め込めるんではないかと思い選んでみました。

コレぐらい説明できるんです。あり物の歌でも強引な手法でも説明はしました。これ以上の明瞭な説明をあの方はできるんでしょうかねぇ。

さて、イベント行ってきます。

|

2010年10月 4日 (月)

少し毒づきます。

 当ブログでは「悪口」は書かないようにしています。まぁ内容によってはどう考えても「悪口」じゃないかと思うような事を時々していますが、ソレはソレとして横に置いておきましょう。

 ただ、今回はどう書き方を変えても「悪口」になってしまいます。他者を一方的に愚弄する様は横柄で、読まれた方の気分を害するだけ。面白い、興味深いことをお伝えするのが当ブログの役割だと考えております。ですがが、今回の場合私のような末端の人間が勇気を振り絞って書かないと何も変わらないような気がします。

なので、今回は私の主張を分割してお伝えする事にしました。もしお聞きいただけるのであれば、お手数ですが下記の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "少し毒づきます。"

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »