« 電車が来ない町へ | トップページ | 次の更新するまで玉響の間、なので。 »

2010年8月31日 (火)

宮島は大ヘンだ

 夏の思い出の一場面になるといえば、それはやはり「夏まつり」ではないでしょうか。

ほぼ毎年、私は郷里の墓参を終えた後は『宮島水中花火大会』を見るために宮島へ訪れています。この宮島水中花火大会、来場者は約30万人、打ちあがる花火は約5000発と他の花火大会と比較した場合結構こじんまりとしたイベントです。しかし、実際はそうじゃありません。結構大変なのです。


より大きな地図で 宮島 を表示

来場者のうち対岸、つまり宮島口駅付近で見るひとは約25万人。残りの5万人は宮島へと上陸して花火大会を見ます。一度訪れた方ならお分かりかと思いますが、あの空間に5万人を収容するというのはものすごいことです。そして、この5万人の大半は宮島口からフェリーに乗って移動する事になります。

Rw191

ところで皆さんは宮島へ訪れる際、フェリー乗り場が2つある事にお気づきでしたでしょうか。

Rw189 Rw190

地味に隣接しているので一見しただけではわかりませんが、乗ってきた電車によって「こっちのフェリーではこのチケット使えません」と言われた経験がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。土産物屋さんが隣接しているのが「宮島松大汽船」さん、鳥居がランドマークとなっているのが「JR宮島フェリー」さんです。「松大汽船」さんは広島電鉄グループで、「JR宮島フェリー」さんは名前の通りJR系列です。

Rw192

昼間の間は大鳥居の近くを航行するからか鳥居色を配したJRさんに対し、松大さんは瀬戸内海に広がる大海原色。この2つの会社が持つ7隻のフェリーで短時間のうちに5万人を運ぶ。これは結構大変です。通常の社員さんでは対処できないのか、明らかに別のところから応援が来ています。

Rw193

(ちなみに「JRさん」と称していますがこの宮島航路、現在はJR西日本さんの直営ではありません)

Rw194 Rw195

人で満載のフェリーは宮島へと近づいていきます。

Rw196 Rw197

花火会場は水上、つまり海の上です。だから沿岸の漁船やヨット、クルーザーが設定された安全海域にズラリ。この花火はこれだけの事をする価値があるという事です。ただ会場は若干無法地帯っぽくなっており、何回もフェリーが汽笛を鳴らして注意喚起を促しています。

Rw198

途中コナン君の声援(というか「犯人を探せ」という指令)を受けながら、船は無事宮島に到着。ココから私のボルテージは一気に祭仕様となります。しかし、宮島は大変なことになっていました。まずは人の多さ。

Rw199

元々宮島自体の人口は2000人前後。観光客がやってくるといっても1日に大体1万人来ればいい方です。そこに花火を見るだけで5万人が上陸するのですから大変です。

Rw200

(もう既に厳島神社までの参道は渋滞。)

Rw201

(神社前の砂浜はカメラを構えた人々で一杯になっている)

Rw202 Rw203

もちろんこれだけの人が集まるイベントですので、警備や救護の体勢は万全。だけと突然現れるのがフェンスで囲まれた謎の一角。何のために囲われているのかお分かりになるでしょうか。

Rw204

実はこの場所、イベント専用の「ごみ箱」なのです。

Rw205

他のイベントでは類を見ないこの大きさ。何故にこれほどの大きなものを特設するのか、理由は参道を歩いていて判りました。

Rw206

参道に置かれたごみ袋には鹿達が集まり、次々と紙のゴミを漁り食べています。元々宮島には鹿対策として島内のゴミ箱には蓋が取り付けられていたり、トイレの中に入らないよう入口に策がしてあったりしています。その対策として鹿達が近づけないフェンスを作り、そこにゴミを捨てるようにしているみたいです。

Rw207

それでも鹿達は食べることに必死。人間と鹿の共存共栄は難しいものがあります。大変です。

Rw208 Rw209

厳島神社への参拝も終わり、花火までの時間があるのでおみやげ屋さんのある通りへ。

Rw210

宮島の買い食いといえば「揚げもみじ」が定番でしょう。サクサクの衣とアツアツのあんこのハーモニーはデブ御用達といったところでしょうか。周囲の風景を撮影しようと思いふと土産物屋さんの軒先を見てみると……。

Rw211

これが噂の「萌えキャラ土産!」

色々な場所で漫画のキャラクターを主題としたお土産ものが氾濫している昨今、遂にこの宮島にも「萌え」の旋風がやってきたようです。

Rw212

一方コナン君が目印のもみじ饅頭の老舗「やまだ屋」さん。しっかりとした餡が特徴的なこのお店には

Rw213

「戦国BASARA」のキャラクター、毛利元就を使ったもみじ饅頭が販売されています。

Rw214 Rw215

(きちんと許諾済み。包装紙だけでなく中の箱にも「毛利元就」。カッチョイイ)

Rw216 Rw217

(買うと特製の手提げ袋も付いてくる。中身はやまだ屋さんのもみじ饅頭)

「やまだ屋」さんは過去に週刊少年マガジンで連載している「君のいる町」とコラボしたもみじ饅頭を発売していた前科……もとい、前例がありますので、こういうことはお手の物でしょう。それにしても毛利元就っていいセンスしてますねぇ。

Rw218 Rw219

ただこの2つよりもインパクトがあったお土産がなんと宮島の桟橋近くにある後藤製菓さんで販売されていました。宮島桟橋から一番近くにあるという恵まれた立地条件に胡坐をかかず、新たに生み出した商品の名は……。

Rw220

たいへんだー(関東圏の人にとっては)。

|

« 電車が来ない町へ | トップページ | 次の更新するまで玉響の間、なので。 »