« 鉄道グッズを考えてみようかと | トップページ | 宮島は大ヘンだ »

2010年8月21日 (土)

電車が来ない町へ

 先日、私は広島県にある父親の郷里へ墓参してきました。

Rw173

(ちなみにこの人は笑瓶さんではありません)

昨年もこの記事でさらりと取り上げましたが、父親の郷里は呉線というローカル線の沿線にあります。山陽本線の三原駅から海田市駅までを結ぶ路線で、海田市駅から広駅までは「広島シティネットワーク」、広駅から三原駅までは「瀬戸内さざなみ線」という愛称が付けられています。

Rw174

皆様も御存知かと思いますが、この呉線の一部区間が現在(2010年8月20日)大雨による土砂災害で運休となっています。奇しくも父親の郷里はこの運休区間にありました。運休となった区間はどうなっているのか、実際にこの目で確認して参りました。


より大きな地図で 呉線運休区間2010年8月 を表示

2010年7月12日に発生した大雨によって復旧していないのは現時点で竹原駅から安浦駅間。この区間だけでなく呉線、特に「瀬戸内さざなみ線」と称される区間は海岸沿いや山沿いを縫うように走る厳しい路線です。

Rc612 Rc615

(基本海岸線を通るので徐行区間=見晴らしがいい区間となる。写真は去年撮影)

見通しの悪い区間が多く、今回のように運休する前から一部区間で徐行運転を実施する等、JR西日本さんのローカル線に対する考え方が如実に理解できる路線だったりします。

Rw175

本来なら鉄道を扱うブログですので、この場合は代行バスを利用して郷里に入るのが鉄則なのでしょうが、昨年位から新幹線との接続がすこぶる悪く、利用したくとも使いづらい状態が続いています。その為今回は福山駅でレンタカーを借り、そこから移動する事にしました。


より大きな地図で 竹原市内へのルート を表示

Rw176 Rw177

国道2号線から国道432号線で竹原市街へ入り、竹原駅前から国道185号線へ広島方面へ走りますと、左手に呉線が並走します。線路は錆が浮かんでおり、まるで廃線になったような状態となっています。

Rw178

ここから少し西側にある「吉名(よしな)」という駅へ向かいます。内閣総理大臣を経験した池田勇人氏の出身地であり、駅近くの公園には彼の銅像が設置されています。そのためか駅そのものは無人駅でありながらも駅前にはタクシーが常駐しています。

Rw182

しかしその駅を利用するお客さんはいません。簡易な駅舎の中には工事用のバリケードが設置されており、駅のホームには入れないようになっています。

Rw179

ソレもそのはず、この吉名駅の構内で土砂崩れが発生しました。実際には冒頭の銅像の後ろにあったブルーシートの位置でホームからは離れた場所で発生しました。土砂に潰された構内信号機が災害の激しさを物語っています。

Rw180

駅構内だけでなく、隣の安芸津駅までの間は完全に土砂で埋もれてしまった状態。先程も説明しましたが、呉線は山沿いを縫うように走る路線ですのでなかなか災害個所に重機が入れないようです。早期再開はまだまだ先になる事でしょうか。

Rw181

しかも吉名駅の場合、駅前に代替バスの乗り場がありません。途中何箇所か大型バスでは通行しづらい区間があり、そのために代替バスは駅前から800メートルも離れた路線バスの停留所となっています。

Rw183

それでも駅の機能はまだ残っているようで、ICOCA対応型の自動券売機には電源が入れられており、訪れる事のない利用者を待ち続けています。ここで切符を購入し、代替バスの停留所までの800メートルを歩く……。果たしてそれに意味があるのでしょうか。

Rw184 Rw185

その利用者向けなのでしょうか、駅のベンチには代替バスの時刻表が入った封筒が置かれていました。一瞬「これはゴミじゃないのか?」と思えるような置き方に、私は軽いめまいを感じてしまいました。

Rw186

ただ残念なのが、この町の人は鉄道が運休していても生活に左程影響が無いようです。代替バスの場所が遠いということもあるのでしょうが駅前には誰もおらず、時々通る軽自動車のエンジン音以外は蝉の声が無尽蔵に響いているだけ。どうもこの災害以前からこの町の人々は鉄道を利用していないようです。

Rw187

町には人の流れが必要です。駅はその人の流れを導くひとつだと私は常々感じています。しかし、この町は駅が無くてもいい、交通機関を待つという受け身ではなく、自ら動くという選択肢を選んでしまったような気がします。

交通機関は町へ人の流れを導く血管の役割であり、駅はその町の顔といえる場所です。町が町であり続けるためには、ランドマークともいえる「町の顔」が必ず必要になります。災害が甚大で、尚且つ重機がなかなか入れないような場所なので作業は大変なものになっているのではないかと思いますが、人の流れを導く線路の復旧が早急になる事を願わずには居られません。

Rw188

(不通区間の信号はまだ生きていた。いつか来る列車を待つように)

|

« 鉄道グッズを考えてみようかと | トップページ | 宮島は大ヘンだ »