« 新たなる夜行列車を……… | トップページ | 広告の100年、この一面にあり。 »

2010年6月26日 (土)

何故か私が告知します

 さて、前回「新しい夜行列車」を考えるという事をしておりましたら、一通のメールを頂きました。頂いたメールを要約すると「このサイトで同じ事をやっているので、もしよければご参加頂きたい」とのこと。私もそのサイトを存じ上げておりますが、幾許か考えるスタンスが違っているところがあります。その事は以前の記事で申し上げましたのでそちらを御笑覧頂けたら幸いです。

そして、今回「新しい夜行列車」の「絵」をご紹介しようと思いましたが、アップする直前一部設定に間違いを発見しました。今一度新たな画像を書き起こす必要性が出てきたため、書きあがり次第その項目は掲載致します。楽しみにされていた方には平身低頭で謝るしかございません。申し訳ありませんでした。

……といいますか、お金が無い時ってこういう不幸結構あるよね。ああ不景気は嫌だ嫌だ。

 さて話は変わりまして先週の水曜日、京阪中之島線のなにわ橋駅にある「アートエリアB1」にて毎月恒例(?)の「鉄道カフェ」が開催されました。

毎回多種多様なテーマでお送りしている……といえば聞こえがいいのですが、実際には「行き当たればったれ」な状態となっています。まぁ簡潔に言えば「脱線」してます。それがいいのか悪いのかはわかりませんが、「鉄道」という修羅の道をいつの間にか渡り歩いてしまっている人だけでなく、鉄道を知りたいなぁと思っているライトな方もここ最近はご参加頂いている様子。

……本当にいいんでしょうかね、コレで。

さてこの「鉄道カフェ」、公式ホームページでいつの間にか参加できる人数が約1.5倍となりました。それだけの方々がご参加されているという事です。しかし、残念な事に毎回毎回イベントの告知をしていても、内容に関しては同じ文章。演芸場の「お楽しみ」状態となっています。これでは正直何をやっているのかわかりません。

実際今月の「鉄道カフェ」では、私が拙い口調で「架線」を説明しました。ただコレって私が勝手に「やってもいいかい?」みたいな感じでやっちゃったところがあります。そのために一部参加者の方には不愉快な思いをさせてしまいました。

改めてここでお詫びを申し上げると共に、当ブログで公式ホームページ等ではお伝えする事の出来ない次回の内容に関し、私が把握した範囲でお伝えすることにしました。もちろん当日になってネタが変更になる場合がありますので、あくまで「私の把握している内容」であることだけお断りしておきます。

 

……さぁ~て次回の「鉄道カフェ」。私が把握しているのは「古い映像を見る」ということ。そして時間が余れば「鉄道グッズを考える」ということをするようです。また勢い余って私が答える事になってしまった「鉄道車両はどこで生まれ、何処で息絶えていくのか」という事に関しても説明できれば行う……ハズです。

そんな「鉄道カフェ」の広報もこれから何故かするような気がします。ボンヤリと「あー、こんなことするんだ」という間隔でお読み頂けたら幸いです。

|

« 新たなる夜行列車を……… | トップページ | 広告の100年、この一面にあり。 »