« 鉄研を研究する | トップページ | さよなら運転のお知らせ »

2009年12月12日 (土)

こだまでトクになるのか

 ここ数日間程レルコンの更新をしておりませんでした。簡単に言っちゃえばちょっとダウンしておりました。色々あったんですよ、奥さん。

 さて、その数日間に何故か使ったのが「山陽新幹線」。ETCの割引などの影響によって今年8月の利用者数が91%(昨年度比)となったそうですが、実際に人が減っているのかどうかはこの目で見ない事にはわかりません。そこで今回はETC割引に対抗して作られた「こだま指定席往復割引きっぷ」を使って、確かめてみる事にしました。

利用するにはまずは購入しない事には始まりません。今回はほとんど「急遽」という事情でしたのでJR西日本の電話予約のサービスを使って見ることにしました。

Rc738

(C制なのは前日急に変更しろと言われたからさ)

この割引きっぷの記事を以前当ブログでも御紹介した事がありますが、なかなかルールが分かりにくいきっぷではないか…と説明を聞いていて感じました。何せ行き(今回は新大阪から福山間)の新幹線は「ひかり」と「こだま」の乗り継ぎ。これの説明がまぁ長いのなんの。説明責任を果たすという意味合いからすると、この長い説明は必要だろうとは思うのですが、ある程度ルールを知っている人間からするとまぁ面倒で面倒で。

しかもこの「こだま往復割引きっぷ」は、「企画券」という扱いで発券されています。ですのでJR東海ツアーズさんが発売している「ぷらっとこだま」とは違って、乗り遅れたとしても「乗車券」としての効力があるようです。…うーん、ここまでするんだったら「ぷらっとこだま」のような扱い方でもいいんじゃないかと思うんですが。

Rc739 Rc750

(JR東海所属の300系でした

さて実際に乗車したレポートへとまいりましょう。今回最初に利用した時間帯には新大阪駅発の博多方面へ向かう「こだま」は運行されていません。ただし代替手段として岡山まで各駅に停車する「ひかり」に乗車することが出来ます。実際に乗車しましたが、この「ひかり」に乗車している時は何故か心の中に

「オレ、こだま専用の切符でひかりに乗ってるよ」

と心のどこかで罪悪感が生まれてしまいました。「ひかり」とはいえそこは各駅停車です。新神戸駅を過ぎると一気にガランガラン。ちょっとコレ大丈夫か?と言いたくなる程です。

Rc740 Rc741

(岡山駅の改札内コンコースは岡山らしいものがあまりない)

岡山駅には定刻通り約1時間で到着。まさかの岡山駅途中下車となります。「途中下車」と書きましたが、この「こだま往復割引きっぷ」では改札外に出ることができません。つまりコンコースの中で次の「こだま」が到着するのを待つことになります。

Rc742 Rc743

(ここだけ見たら駅だとは思えない位にデザインが洗練されている)

昨今岡山駅が改装した影響なのでしょうか、コンコース内には小さな待合室がひとつあるだけ。喫茶スペースなどもある事はあるのですが、ファミリー層の人が使うとなるとちょっと寂しいかなぁ…といったところ。個人的にはこのコンコース内にあるお土産物屋さんで四国の銘菓やお茶なんぞを買って、ここから先のトンネル多発地帯に備えたいところ。

Rc744 Rc745

待つ事およそ25分。トイレ等の所用を済ましてホームに駆け上がると、そこにはリニューアルされた100系新幹線。16両という登場当時と比べ、4両とあまりにも短くなった姿で現在も山陽新幹線区間で活躍しています。ここから福山駅までは約30分。元グリーン車で使用されていた座席でゆったりとしながらの旅路です。

…ここまでが「行き」の区間。途中の乗り継ぎという制約がありましたが、思った以上に長い時間乗車した気分になっていないというのが率直な感想です。途中で外の空気を感じることで長旅であるという意識にならなかったのが良かったのではないかと思います。

Rc746

一方の帰り。こちらは先程紹介した「100系」で運行している「こだま」でした。新大阪まで各駅に停車するために所用時間はまるまる3時間。途中幾度となく通過していく列車を見ていると「長い間拘束されている」というちょっと辛い感情が湧いてきましたが、逆に(色々ややこしい事があった)法事終了後ということもあって、私にとっては「ちょうどいい休憩時間」となりました。

使いようによってはこの「こだま往復割引きっぷ」も使えるきっぷではないでしょうか。ただJR西日本さんに申し上げたい。切符を売るのもいいかもしれませんが、もう少し自社の商品に対して愛情を持って頂きたい。

私、今年の夏に見たんです。「こだま」を利用した際に乗った100系の車体。

Rc747 Rc748

こんな車体でお客様を迎えるというのはどういう魂胆なんでしょう。鉄道会社にとって鉄道車両というのは「商品」です。それなのに車体の端々には汚れだけでなく錆が浮いています。物を大事にするという考えは大事ですが、こんな状態を続けるのはどうでしょうか。しかも…

Rc749

ここまで落ちたんだったら早急にメンテナンスをした方がいいですよ。 いくら走行に影響は無いとはいえ、こんな状態だと乗る方だって滅入ります。

|

« 鉄研を研究する | トップページ | さよなら運転のお知らせ »