« なにわ筋線を妄想する3 | トップページ | 鉄研を研究する »

2009年11月21日 (土)

ほぼ業務連絡です。

 通常の更新の前に、お知らせを少しだけ。

Rc206

以前、当ブログでは京阪なにわ橋駅構内にある「アートエリアB1」を幾度となく御紹介しました。

Rc420 Rc213

(過去「アートエリアB1」で開催されたイベントから抜粋)

絵を描いたり、プラレールを用いた現代美術の個展を開いていたりと鉄道の駅としては風変わりな事をしているこの場所で、月に一回『鉄道カフェ』というイベントが開催されています。

Rc737

(10月開催された「鉄道カフェ」のひとコマ。みんな楽しそう…っていうか楽しい)

この「鉄道カフェ」では毎回関西各地から鉄道好きな方々が集まり、他の同系統イベントとしては考えられないほどの異様な活気ある盛り上がりを見せております。

11月は来年4月頃に予定されている京阪100周年イベントに合わせて『アートエリアB1で、鉄道イベントをするならどういうイベントがいいのか』というテーマで、喧々諤々色々な話し合いを行いました。

「この場所にタモリさん来てほしいよね」、「カルチャーカルチャーでやっているようなイベントが見たい」、「鉄道車両の製作者の本音を聞きたい」、「中川家礼二は鉄道ファンではなく京阪ファンだ」、「いやいや中之島線は基本的に失敗だ(中之島線が活性化できていない話は毎回出てきます。結構この話は面白いので大好きです。)

…等のあまりにも熱すぎる議論が21時まで繰り広げられました。ええ、ほぼ私が喋っちゃいましたけれど

「そんなイベントを月一回だけにするというのは勿体ない」・・・そこで僭越ながらネット上で集まることが出来るスペースをあの「ミクシィ」内コミュニティとして開設致しました。名付けて

「アートエリアB1の鉄道カフェ(仮)」

…「そのまんまやないかい!」「なんで(仮)やねん!」という突っ込みはさて置いて、とにかくあの盛り上がりをミクシィでもやろうじゃないか…と、後先考えずに作ってしまいました。もしミクシィに参加されていて、尚且つ「鉄道カフェ、面白そうじゃねぇか」とお考えになられた方は、御参加頂けたら嬉しいです。お待ちしております。

<御注意:「アートエリアB1の鉄道カフェ(仮)」コミュニティは、実在の「アートエリアB1」に携わっている方々(京阪電鉄さん、大阪大学コミュニケーションセンターさん、NPO法人ダンスボックスさん)とは全く関係のない単なる「有志」のコミュニティです。>

 

…先月もお知らせして、また今月もコミュニティを紹介するのは、単に更新までに記事の編集が間に合わないという実に内内のくだらない事情だったりします。特に今月は色々とヤボ用が重なっており、来週中に発表できるかどうかかなり微妙な情勢といったところ。

それでは新たな更新まで今しばらくお待ちください。

|

« なにわ筋線を妄想する3 | トップページ | 鉄研を研究する »