« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

夏の思い出

 8月が終わります。

天災や人災、衆議院議員の総選挙、つまり「政等(まつりごと)」と「サイ」に関わる出来事が多かった夏。皆様にとって今年の夏はどのような「サイ」がつく夏でしたでしょうか。今回のお話は「サイ」の頭に「イ」、この夏に乗った「異彩な列車」に関してです。

(え?冒頭部分がこじつけすぎる?気にしないでくださいな)

Rc596

今回乗車したのは広島県にあります三原駅と広島駅間を結ぶ観光列車「快速瀬戸内マリンビュー号」です。

Rc039 Rc040

この列車は広島駅から呉駅や広駅、竹原駅を経由する「呉線」という路線を走行しています。広駅から広島駅までの間は「広島シティネットワーク」という通勤を主体とした路線として位置付けられていますが、それ以外の広駅から三原駅までの間はほぼ典型的なローカル線となっています。

Rc597 Rc598

したがって「観光用の車両」といえども、ローカル線の需要も満たさなくてはならないようで、広駅から三原駅の間は快速列車といえども各駅停車。しかしこの各駅停車の区間が最もこの列車の見どころといっても過言ではないでしょう。

Rc599 Rc600 Rc601

車両は指定席車両と自由席車両の2つで構成されており、今回利用した指定席車は名前通りに「航海」を意識した室内構成となっています。通常の列車ではありえない形状のゆったりとしたソファーとボックスシートで構成された車内の上にあるのはレトロ調に色を塗られた扇風機。たまりません。

Rc604 Rc605

マリンを意識してつけられた浮き輪とオールの装飾が、若干のやりすぎ感を感じてしまいますが、よく見るとヘッドライトも船にありそうな装飾が施されています。ここまで「海」を意識している車両は他に類を見ないでしょう。

Rc606 Rc607

列車は定刻通りに三原駅を出発しました。一般的には広島駅から乗車するケースがほとんどですが、私はあえて三原駅から乗車。高架橋を駆け下り、大きな川を渡ると一段高くなった場所へ列車は到達します。

Rc608 Rc609

「これぞマリンビュー。」と思わず唸りたくなる瀬戸内海の風景、ちょうど三原市を走行しているので「見晴らしがいい」とダジャレの一つも言いたくなります。美しい浜辺を楽しんでそろそろ海にも飽きたかと思ったころ合いで景色は一転します。

 

Rc611

…どうでしょうか。この近づき具合。手を伸ばせばそこにあるのは瀬戸内海。これこそ「マリンビュー」です。

Rc610(乗客の皆さんは皆思わずカメラを向けた)

元々この区間が開業したのが1930年台。当時はまだ建築技術も未熟で、トンネルを掘ってショートカットができなかったこともあり、山と海に挟まれた小さな海岸沿いに線路を敷設して列車を走らせることにしたようです。

Rc612 Rc613

その結果、瀬戸内海の姿が車窓に広がることになります。もちろんあまりにも海に近いために電車の運転は台風等の天候におもいっきり左右されてしまうのが玉に傷。

Rc614 Rc615

そしてここ最近のJR西日本さんは、ローカル線の見通しの悪い区間で猛烈な減速をするようになりました。 落石等があった場合即座に停止できるようにするためなのですが、これがまた絶景の位置とよく重なります。実際にこの区間を毎日利用されている方には悪いのですが、この遅さが私は楽しさを生み出しているように感じました。

Rc616

列車は海だけでなく、時には森やトンネルの中にも突き進んでいきます。昨今の運航数削減によって、線路沿いの木々も好き勝手に生えてきてしまい、列車の壁に枝がビシビシと当たってしまいます。しかしあの海を見た後です。すでに列車の旅というより船に乗って探検に出かけた気分。ビシビシという枝の音、車内に響く気動車のエンジン音、扇風機の機械的なバタバタ音…ワクワク感がどんどん加速していきます。

Rc617

今回は帰省のついでに乗車していたこともあって竹原駅でこの列車と別れ、高速バスで広島駅に向かうこととなりました。本当なら全区間乗車したかったのですが、まぁ続きは次回来た時のお楽しみとしておきます。もしお時間がありましたらみなさんもこの列車に乗車してみてはいかがでしょうか。

 

追伸:この区間の見どころを紹介している「瀬戸内さざなみ線の旅へ」(瀬戸内さざなみ線利用促進委員会)のホームページもどうぞご覧ください。私の発言よりもわかりやすく整理されておられます。

|

2009年8月25日 (火)

京阪の自販機からみえたもの

 世間ではまもなく「第45回衆議院議員総選挙」。選挙カーから流れる候補者の名前が、今年は何だか大人しい気がします。誰もが気になる国民的関心事とは違い、意外と気にならないのが駅のアレ。

Rc584 (私市駅にて)

そう、自販機です。前回の「こころまち、探そう」という項目で京阪電車さんの京阪線(京阪本線・鴨東線・中之島線・宇治線・交野線・男山ケーブル)の全駅に下車した際、ホームの片隅に置かれている自販機を何気なく見たのです。

通常こういった自販機は各飲料メーカーさんが独占して携わっているケースが多いのですが、何故か京阪さんの場合特定の会社が入っていないケースが殆ど。

Rc585 Rc586

(左:キリンの自販機、右:京阪が独自で調達している自販機)

特定の会社さんと提携していないということは、この自販機は京阪さんが「個人の意思」で商品を調達し、販売しているということになります。しかも2・3駅調べた段階であまりにも商品の陳列が違っていたことが分かりました。

Rc547

…そう、おわかりですね。気になるとトコトンまで気になるのが私の性分。全駅下車する「ついで」とばかりに自販機の写真も押さえ、どの商品が京阪電車さんの駅の自販機で一番売られているかどうか調査してみることにしました。

(写真で説明すると長いので映像にまとめました)

 

 

 

 

…いかがでしたか?まさか「オロナミンC」だとは思わなかったでしょう?自動販売機がある駅には必ずと言っていいほど「オロナミンC」、小さな巨人の「オロナミンC」が売られています。だから京阪さんを利用している方は皆「元気ハツラツぅ~」なのでしょう。

この他気になる(であろう)20位までの商品は以下の通りです。

Rc581_2

(よく見ると間違いが一か所あります)

数え終えた際まず気が付いたのがメーカーの割合。「あるメーカーに偏っているんだろう」と思っていましたが、トップの項目に関して言えば会社間のバランスがほぼ均衡となっているのは驚きました。

Rc588 Rc589

(左:藤森駅、右:滝井駅)

表には記載しませんでしたが、京都側にはキリンの「生茶(500ml)」が販売されていましたが、逆に大阪側ではサントリーの「伊右衛門(500ml)」が多く販売されていました。やはりコレはサントリーの本社が堂島にあるからでしょうか。

Rc590 Rc591

(左:守口市駅、右:宇治駅)

また面白いのが数多くの清涼飲料水を抑え16位にノミネートした大正製薬「リポビタンD」。指定医薬部外品が駅構内にある自販機でこれだけ売られているのは珍しいのではないでしょうか。

続きまして自販機全商品の本数とその割合です。

Rc582

やはり通常でもよく見かける「コカコーラ」がトップに躍り出ています。ついでサントリー、アサヒ飲料、大塚製薬、キリンビバレッジとなっています。仮にこれが国政選挙だとすると、街中第一党のコカコーラだけで政権を取ることは不可能に近く、このままでは混迷を極めて行くことになりそうです。

ただ「エビアン」「ボルヴィック」つながり(日本では「ダノンウォーターズオブジャパン」がエビアンなどを輸入)としてキリンと伊藤園、「エビアン」を販売している「ダノングループ」つながりでカルピス…。サントリーとキリンが合併するという話もあるので、政権を奪取するのであればこの4社が連立政権を目指すのではないでしょうか。

Rc583

そして各々の会社がどの種別の商品を納入しているか見て参りましょう。注目すべきはやはりUCCでしょう。元々コーヒーを専門に取り扱っている会社なので、缶コーヒーだけでしか取り扱っていません。それで全体の11%をシェアしているのはUCCのコーヒーが如何に支持されているかという裏付けではないでしょうか。

 最後に京阪電車さんの自販機で売られていたちょっと変わった商品をご紹介します。

Rc592 Rc593

(左:天満橋駅2・3番線ホーム、右:天満橋駅4番線ホーム)

京阪本線と中之島線が混じり合う交通の要所、天満橋駅には「ふるさとジュース」と銘打った自販機があります。沖縄の「ルイボスティー」、青森産の「りんごジュース」、大阪の「みっくちゅじゅーちゅ」、

Rc594

(なぜか紅茶だけアニメ仕様)

そして何故か猛烈プッシュの「鬼太郎シリーズ」。鳥取の名物ともなりつつある「ゲゲゲの鬼太郎」がどうしてこの場所にあるのか、それは元々京阪電車さん自体が古くから鳥取に「大山レークホテル」というリゾートホテルを運営しているところからではないか…と私は推測します。

…普段何気なく利用している駅の自販機。調査して感じたのは「ラインナップはこだわっていないようで結構こだわっている」ということでしょうか。これからも時間と体力に余裕があれば色々な駅や路線で調査していきたいです。

Rc587 (待ち時間は相当ヒマだけどね)

|

2009年8月16日 (日)

こころまち、探そう。

 ちょっと冷めた目線で話してしまいますが、鉄道会社というのは基本的に「いきあたればったれ」だと思っています。

Asobi09

新線開業時に需要予測として何万人…という数値が出てきますが、地方のローカル線等はそれ以下になっているケースが多く、必然的に「これは必要だったのか?」という揶揄の対象となってしまいます。まぁその時は「作ってしまえばこっちのもの」とか思っているのでしょう。

Rc571 Rc572

(新線開業で劇的に需要が伸びた阪神なんば線・近鉄奈良線、JR東西線)

逆に作った規模以上の需要が生まれてしまうケースも都市部では生まれています。地上や高架の駅ではホームを延伸するが容易に可能ではありますが、地下になるとこれまたややこしい。ホームを増設するにも他の建物の事を考えなければいけませんし、作るにしても時間や手間が思いっきりかかってしまいます。

まぁそれだけ需要というのを予測するのが如何に難しいか…ということになるのですが、今回はそういう話ではございません。それ以外の「インフラ部分」とは全く関係ない部分でも「いきあたればったれ」を貫き通している部分があります。それは駅の顔ともいえる「駅名標」です。

Rc573 Rc574

各鉄道会社の色合いが色濃く出るのがこの「駅名標」。元々は白地に黒の文字が入っていただけのものが一般的でしたが、国鉄が民営化してからイメージチェンジを図るために書くJRさんはデザインを組み込んだ独自のものへ変化しました。それに追随するように各私鉄さんも変えるところが増えました。

Rc575

イメージチェンジもさることながら、近鉄さんの場合はこの駅名標に使う電気代を節約したいという理由で新たなデザインに変更したそうです。結果エコに繋がるのですからこれはある意味立派な商人の考え。

その「駅名標」を最近新しいデザインに変えたのが御存知「京阪電車」さん。

Rc576 Rc577

藍色の中に薄い青をストライプで取り込み、中央に駅名がドーン。駅名標は蛍光灯で照らしているためにどうしても端の部分が暗くなりがちになるのですが、それをうまくデザインの中に組み込んでいます。夜見ても「きれいだなぁ」と思える駅名標となりました。

しかし残念なことにこの駅名標には2パターン存在しています。

Rc578 Rc579

中央の「京阪」の部分、淀屋橋駅は漢字表記なのに三条駅は制定されたロゴになっています。…おわかりですね?どうも京阪さんはこの新しい駅名標を始めた後に改めてロゴを制定してしまっているようです。

Rc580

本来ならばすぐに変えればよかったのですが、従来の駅名標には広告が添付されており、その広告の契約が終わるまで駅名標は変更できなかったようです。ソレが終わってから「じゃあ新しいロゴを入れて駅名標を入れよう…」と考えるのが普通ですが、そこはやっぱり京阪さん。

「ええい、いてまえ!」

とばかりに新しい駅名標に古いロゴを入れちゃったんですね。その結果駅名標には新しいロゴが添付されたものと古いロゴが入ったものの2パターンあるようになってしまいました。さしずめ新しいロゴが入った駅は「こころまち」駅なのでしょうか。

Rc544

で、おりしも季節は夏。京阪さんでは「夏休みフリーチケット」という名前の格安チケットが発売されており、調査するには絶好の機会であります。そこで今回は京阪電車の全ての駅に下車し、駅名標はどうなっているのか調査してみました。「こころまち駅」は一体何駅あるのでしょう。それは映像をご覧になってお確かめ下さい。

|

2009年8月 9日 (日)

代打、しらたき

<おことわり>

今回の更新は鉄道とは全く関係有りません。「夏休みの自由研究」みたいなことを一度やってみようじゃねぇかと思って書いてみました。お暇でしたらご照覧下さい。鉄道に関する項目は次週更新する予定です。このところイレギュラーが多く、鉄道の事で楽しみにされている方々には失望感を抱かせてしまったことを、深くお詫び申し上げます。

 

 

 この頃、体型がますますヤバくなってきました。

Rc546

太っている状況を少しでも改善しようとスポーツジムに行って運動をしているのですが、残念なことにちょっとした段差で転倒し、左ひざに全体重をかけてしまいました。

Isu36(転倒時のイメージ画像)

…膝の治療といえば原則安静。このところ蜂窩織炎やらで安静が続いた結果、運動でカロリーを消費し、筋肉を付けて脂肪を燃えやすい体質はどこかにアデュー。食べる寝るを繰り返すうちに「デブのスパイラル」へと陥ってしまいました。

Rc547

運動もできないこの状態を考慮しつつ、何とか「デブのスパイラル」から抜け出さないといけない。そう考えて思いつくのが「食事の改善」。ローカロリーなものを食べればいいんじゃないか。しかし一般的に売られているダイエット食品は結構なお値段。しかも味に偏りがあって1週間あれば大抵飽きてしまいます(経験談)。

Rc548

そこで今回はローカロリーの代表格「しらたき」に様々な調理法を施してまいります。デイリーポータルZさんでは「カロリーゼロ、もしくはカロリーゼロに限りなく近い食品について考える」という項目で「しらたきを『たらこスパゲティの素』で味付けすると美味い」という結論が出ていましたが、他の食材ではどうなのでしょうか。

Rc549Rc550Rc551

まずは「しらたき」の下準備。前出の記事では電子レンジを使っていましたが、私の場合食べやすい長さに切ったしらたきを5分程度湯がき、少量の油で炒めます。この時「しらたき」自身が勝手に踊り出すまで炒めると美味しくなる気がします。

まず最初は定番の「炒め」から参りましょう。

Rc552

グリコさんから絶賛発売中の「炒麺」です。所謂「中華焼きそば」の味付けで食べてみることにしましょう。近くのスーパーで100円だったところもあり、かなりお手頃です。

Rc553 Rc554

(こういう中華料理があってもいいんじゃないか?)

調理法として再度水分を加えるようになっていましたので、味はかなり「しらたき」の中まで侵入しています。「焼きそば」の代替品とまではいきませんが、意外と濃い味付けがダイエット用の料理とは一線を画しており、なかなか美味しいです。

Rc553<オススメ度:☆☆☆☆☆>

 

 …中華料理がいいとなると、和食ではどうなるでしょうか。ただ「和食」にするとイメージとしては「すき焼き」や「肉じゃが」の甘辛い味わいに辿り着き、ちょっと面白みがありません。そこで今回ご登場願いますのは

Rc555

「カレーうどんの素」です。関西ではおなじみヒガシマルさんのカレーうどん、いつもは冷凍のうどんやそば、時にはカレー丼に使用させて頂いているこの便利な商品を使って「しらたき」を料理してみましょう。

Rc556

ニ○レックを飲んだ際に見る3回目位の光景。昨日はすき焼きでしたね)

…写真を大きくしたのにはコレといった理由はありません。色合いが蕎麦に似ているからとちょっと高いしらたき(というか糸こんにゃく)を使ったのが原因なのか、ある意味リアル。食べても食べてもこんにゃく特有の香りがカレーを上回って口の中に広がります。カレーうどん特有のとろみも少なく、ダイエットの為に!という決意が漲るお味となりました。

Rc557 <オススメ度:☆☆>

  

 …汁ものと「しらたき」は相性が合わないとわかりました。しかしこの「カレーしらたき」は私にひとつの推測を導いてくれました。

「味が濃く」て「とろみ」があれば何とかなるんじゃないか。

→ 「しらたき」そのものを教育するのではなく、「しらたき」そのものを受け止めるだけのしっかりとした愛情、すなわち「味付け」があれば「しらたき」を引き立たせることができる。

→ 味付けを濃くするだけではダメだ。それは百科事典を買い与えただけて満足している親と同じ。「しらたき」を正しい方向へ導く教育を施さねばならない。

→ そうすれば、カロリー面でも合格点を出せるメニューになるのでは?

…その推測は正しいのかどうか立証してみましょう。

Rc558 (明らかに濃い味です)

ちょうどいい感じで「チーズクリームソース」というパスタソースが発売されていましたので試してみましょう。

Rc559(ヤバい粉ではありません)

ただクリームソースだけだととろみが不十分ではないかと思い、「しらたき」を炒めている最中に若干小麦粉を投入しました。これで「しらたき」の表面に小麦粉の膜が張られ、ソースが「しらたき」にからみやすくなるハズです。

Rc560 Rc561

<オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆>

…私の推測は正しかったようです。チーズクリームソース特有の香りと小麦粉が奏でる香ばしさが「しらたき」特有の匂いを消しています。噛み続けると「しらたき」だと感じる程度で、通常よりも硬いパスタだと思えば納得できます。

Rc562 Rc563

チーズクリームソースが合うのならば、ミートソースは鉄板でしょう。こちらも小麦粉を振って炒めた「しらたき」と合わせてみました。

Rc564 <オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆>

うーん、美味しいことは美味しいです。ミートソースがチーズクリームソースよりも上手く「しらたき」のにおいを消しています。ただ残念なのはチーズクリームソースのような意外性が見られないこと。そして大事なソースの分量。「しらたき」200グラムに対してレトルト1パックは多すぎました。「しらたき」の分量を多くすれば解決できそうです。

最後に食べるのは「とろみ」と言えば…。

Rc568

そう、御存知「中華あんかけ」です。ご飯にかければ「中華丼」、パリパリの麺にかければ「皿うどん」、ラーメンに乗っければ「サンマー麺」、そのまま麺にかければ昔阪神百貨店のスナックパークにあった「チャーメン」…と多種多様の姿を見せてくれるナイスガイ。

Rc569 Rc570

「しらたき」本体を皿うどん風に焦げ目が付くまで焼きあげ、そこに中華あんかけを投入。濃厚なあんかけの味わいと「パリパリ」「ぐにゃぐにゃ」「ツルツル」が共存した「しらたき」が見事なコントラストとなっています。

Rc569

<オススメ度:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆>

…やっぱりイタリアよりも日本に近い中華系の味付けが「しらたき」には合うようです。「すき焼き」や「肉じゃが」の様なカロリー高めの味付けだけが「しらたき」ではない。なんだか「しらたき」を見直してしまいました。いやはや凄いなコイツ。

 

 

 

 

Rc567

…?。

肝心の体重はどうなったかって?

一食置き換えただけで体重が痩せるワケ無いじゃないですか。それに、さっき「ソースが余る」って書いたでしょ。余ったらもったいないんで

Rc565 Rc566

ごはんを投入しちゃうんです。美味い上に炭水化物。太るに決まってんじゃん(笑)。

|

2009年8月 4日 (火)

寝る前にちょっとだけ更新

 前回の更新がアレだったので、自主的につぶやきを追加します。

(いや単にちょっと大きいネタをやっているからどうしても書けないんですよ。楽しみにされている方々には毎回失望させてしまって申し訳ないです。)

 えー、ソネットさんの「バクスト」というサイトで、某流浪の番組によく出演してらっしゃる「ダーリンハニー」の吉川さんという方が鉄道を主題としたおもしろコラムを連載しています。

今回突発更新した理由というのがそのコラムに関し、一言申し上げたいことがあったから。本来ならそういった事はメールでやり取りすればいいのですが、意外とコレは知られていないことなんじゃないか?…と思いまして、書き込んだ次第です。

2009年7月28日に更新した「寝台特急で横浜へ行く」という項目内で、吉川さんは「サンライズ瀬戸号の東京から横浜間の『ノビノビ座席』の指定券を購入し、乗車した」とレポートされています。短距離でも夜行列車に乗りたい!という願望を叶える為に乗車した…。鉄としてはとてもうらやましい状況です。

が、問題はココから。

列車の紹介には『座席』という名目で記載されていますが、実際この場所は『解放寝台』とほぼ同じ設定になっています。その為乗車距離が長かろうが短ろうが「1回の運行に対して利用できるのは1人だけ」。使用後の座席が再度販売されることはないそうです。

多分発車間際に指定席を購入されているのではないかと思うのですが、それでも横浜以西の駅から乗車しようとした人の機会を奪ってしまっています。こういった行為はJRに対して利益を削ぐことにも繋がってしまい、最悪列車の廃止にまで追い込まれる可能性も捨てきれません。「鉄」ならばできる限り鉄道会社に利益を出して頂く方向で楽しみたいところです。特に夜行列車って利益率悪いらしいですし。

それに今回の記事では一番大事なことを吉川さんはお忘れです。それは「朝の空気」。早朝のホームに流れるキリっとした空気は夜行列車でしか味わえないもの。それを味わえなくてどうするんですか

翌日の仕事が何時入りかはわかりませんが、どうせなら姫路まで行ってそのまま新幹線の始発で東京へ帰ってみる…なんてどうでしょう。それならN700系も体験できて楽しいこと間違いなしです。

 

 

 

…え?費用はどうするんだって?。鉄道趣味に費用の事を持ち出してはいけませんぜ。

|

2009年8月 2日 (日)

フリーチケットのご案内

 さて、8月に入りました。夏本番!…と言いたいところですが、関西地域は例の新型インフルエンザの影響で夏休みが短縮になったり、山口県などの地域では水害で多くの方々が被害に遭われているようです(私事で恐縮ですが、親戚が住んでいる街では墓地が土砂崩れに遭遇、親族の墓が土に埋もれたそうです)。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。

 8月と言えば帰省ラッシュ。各交通機関は目も当てられぬような混雑ぶりで…と思い先程ある(観光用の)列車の指定席券を買ったらそこには

「どの座席でもご用意できますよ」

と窓口の方が呟く位の予約状況でした。…ETCの割引というのはこういうところにも響いているんですなぁ。そんな状況下を危惧してかどうかは分かりませんが、毎年夏休みになると各鉄道会社さんはおトクな「乗り放題」のチケットをここぞとばかりに宣伝しています。

Rc545

(3daysパスの広告・近鉄布施駅にて撮影)

有名なところでは「青春18きっぷ」、JR西日本さんの「西日本パス」、関西一円の私鉄で使用できる「スルっとKANSAI3daysチケット」、JR東日本さんの「三連休パス」等がありますが、今回ご紹介するのはコチラ。

Rc544

京阪電車さんが発売している「夏休みフリーチケット」です。

コチラのチケット、京阪電車の「京阪線」と称される京阪本線・中之島線・交野線・宇治線と男山ケーブルが1000円(大人用)で乗り放題という鉄ちゃんとしては夢のようなチケット

…こういったフリーチケットは大抵スタンプラリーを楽しむお子様と保護者向けに発売されているのですが(現に京阪電車さんでは「きかんしゃトーマスとなかまたちスタンプラリー」というイベントを8月31日まで開催中です)、そういうイベントを楽しむだけでなく「途中下車をして買い物を楽しむ」「歴史の名所や名跡、寺社仏閣を巡る」等このチケットを使った楽しみ方は色々とあります。

もちろん駅に降り立ってその風体を眺めるもよし、電車に揺られて楽しむもよし、自分なりのフリーチケットを使った楽しみ方をこの夏探すのも一興ではないでしょうか。

…これは予告になりますが、既に私はこの「夏休みフリーチケット」で相当京阪電車を楽しませて頂きました。その模様は近日公開です。どうぞお楽しみに。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »