« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月26日 (日)

見どころ一杯浜寺公園駅

(注:更新の設定を間違えてしまいました。27日に更新しています)

Rc519

今回ご紹介するのは南海電車さんの「浜寺公園駅」です。

Rc520

(赤い屋根が夏空に映えます。☆☆☆)

日本銀行や東京駅、奈良ホテル等の設計を手掛けた辰野金吾氏作の洋風駅舎で、私鉄の木造駅舎として現存するものとしては最古。そのことから国の登録文化財建築物として指定されている…というのはあまりに有名です。

Rc521 Rc523

…そうなると注目されるのは駅舎ばかり。確かに趣があるいい駅舎ですから鑑賞しているだけでも楽しいひと時を過ごすことができます。

Rc527 Rc522

セクシーなフォルムの柱、直線と曲線を組み合わせた装飾、駅のスペースを改築したステーションギャラリー。駅舎の雰囲気を邪魔するどころか極限にまで高める懐かしい郵便ポスト。全てが被写体となりえる素晴らしい造形美です。

…ただ、当ブログではこれ以外の「見どころ」もご紹介します。まずはやっぱりこちらでしょう。

Rc524

(レール柱と待合室、それを白色で統一している。この風情がイイ。☆☆☆☆)

…どうですか、この待合室。和歌山方面のホームにあるどこの駅にでもありそうな待合室も、古いレールで作られたホームの屋根と趣を合わせるかの如く、駅舎と同じ造形美を構成して作られています。

Rc526 Rc525

大正モダンな窓枠で構成された待合室の中には、白熱電球型の蛍光灯と空調。現代と過去が織りなす豊かな空間が構築されています。長椅子だったところにも間仕切りを加え、一人一人の空間を確立。それは新たなアクセントとなっています。

…え?待合室だけかって?もちろんここも紹介しましょう。

Rc528

(鉄道ファンなら誰もが知っているであろう特殊な駅舎の構造。☆☆☆☆☆)

そう、浜寺公園駅の大阪方面ホームです。本来折り返し列車が入線していた切り欠きホームを退避線として整備。土地を新たに取得することなく現代に蘇らせています。

Rc529 Rc530

ただその構造故、大阪方面へ向かう列車は同一ホームであっても北と南に別れて停車することになります。

Rc534 Rc535

近年はダイヤ改正などによって北側の4番線はラッシュの時間帯のみ使用されるようです。実際に昼間は全て駅舎横の3番線に電車が止まります。

Rc532 Rc533

よく見るとこの切り欠いたホーム、どうやらもう一つ線路を敷設できるような構造になっていたようで、現在マンションが建設された場所にもホームらしき構造物が残されています。これも浜寺公園が大阪府民のレジャースポットだった名残。

昔は現在の阪和線と浜寺公園へ向かう海水浴客に利用してもらうために壮絶な利用客誘致合戦が繰り広げられていたそうです。それが今となっては懐かしい思い出。

…で、ここで終わってはレルコンらしくありません。私が今回訪れて一番「いいねぇ」と思ったのがこの施設!

Rc537

(めちゃくちゃたまりません。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆)

写真を見て『何だコレ?』とお思いの方も多いかと思われますが、これも立派な浜寺公園駅の施設「構内踏切」でございます。

Rc536

鉄道黎明期に建てられた駅の場合、駅舎は大抵一つしか設置されませんでした。しかし駅を中心に町が発展していくと、改札口が一か所しかないと色々と不便になってしまいます。浜寺公園駅の場合、新設した改札口とホームを結ぶ導線部分を「構内踏切」という形で作ったようです。

Rc538 Rc539

こういった「構内踏切」は地方の私鉄でも見かけることはあまりありません。それを大阪府内で見ることができるとは…。ちなみに私はこの「構内踏切」だけで大興奮してしまいました。

Rc541

ただ残念なことにこの浜寺公園駅は立体交差事業によって高架駅へと変貌を遂げるそうです。確かに「構内踏切」は危険ですし、時間帯によってホームの場所が変わってしまうような駅は不便でしょう。あの浜寺公園の駅舎は高架になった後も残るそうですが、この「構内踏切」や「切り欠きホームの退避線」は思い出となるようです。

Rc542

歴史ある駅舎には建物だけでなく、いたるところに歴史が隠されています。夏休み、ちょっとお時間がありましたら浜寺公園駅へお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

<オマケ>

Rc543a 

ちょっと画像をセピア色にしたらいい感じだったので思い出っぽくしてみました。

|

2009年7月19日 (日)

駅から自然を散策

 右足が蜂窩織炎に罹りそれが治ったなぁと思っていた矢先、今度はずっこけて左足の膝を強打してしまいました。強打してから2週間、痛みは湿布や温泉、パルス電流などの治療を経て改善しつつありますが、今度は湿布が原因となって汗疹が出てきてます。いやあ凄いな大殺界は。

その怪我をするちょっと前、私は久しぶりに神戸へ訪れました。

Rc495

神戸に来たのは久しぶり。以前はムンクさんを連れて観光スポットを歩いたりしていましたが、今回は単純に1人。阪急三宮駅に降り立ち、向かう先は海の手…ではなく山の手のあの場所です。

Rc496

そう、新神戸駅。

Rc499 Rc500

久しぶりに訪れたのですが、コンコース部分が劇的にリフォームされています。ホームの椅子も革張っぽく変更されており、ちょっとしたホテルのよう。

Rc497 Rc498

新神戸駅は同じ新幹線の新大阪駅や京都駅、広島駅や小倉駅と比較するとかなり地味目な印象があります。在来線と直結していないことや、繁華街から離れた場所にある等の理由がありますが一番の理由は何といってもコレ。

Rc501

自然が豊かなことでしょうか。

Rc502 Rc503

駅の下には美しいせせらぎがあり、これからの時期は涼を求めて市民が大勢集まる憩いの場になります。新幹線という文明を代表するものの真横が大自然。いいですなぁ。

Rc504

しかも新神戸駅の案内板には地下鉄やバスの他に「布引の滝」という項目まで書かれています。これだけ「布引の滝」をプッシュするということは気軽に行けるのでしょう…。そう考えた私は新幹線に乗る前に移動してみました。

Rc506 Rc507

Rc508

高架下のほの暗い空間を抜けると、都会の喧騒が嘘のような風景。木々の緑と小鳥のさえずりが私たちを歓迎しています。

Rc510 Rc512

道中にある看板には「気軽に行ける散策コース」と書かれているのに、何故か道中本格的な装備でハイキングを楽しむ方々と多数遭遇します。

Rc513 Rc509

途中には杖を多数置いて営業している方も。おや?と思うのもつかの間、目の前に広がったのは…

Rc514

想像を絶する角度の階段でした。

Rc515 Rc517

挑戦しようかと思いましたが、どう考えても山を舐めているような姿。そして乗り込む新幹線の時間も迫ってきているということで断念。祐樹ある撤退をすることになりました。

Rc516

普通の方ならば気軽に行ける…とは思うのですが、もし滝へ行くのであればそれなりの準備と時間の余裕を持って移動した方がいいみたいです。新幹線の乗車までの暇つぶしとしては無理でした。

Rc518

(そのうち坂東英二さんが中継で歩いたりして)

|

2009年7月12日 (日)

記事等の転用に関して(お願い)

 いつもレールウェイコンシェルジュをご覧頂きましてありがとうございます。

さて、早速ではありますが表題の件です(本来のネタはこの後更新いたします)。以前「インターネットの片隅でやっているんだからコピペブログでもいいんじゃね?」みたいな感覚で引用・転用に関する件をかなりルーズに対応しておりました。

「出典元を明記すればOK、その代り礼儀として後で『コピペしたよん』みたいなメールくださいな。」

まぁぶっちゃけて言えば、私の文章もどこかの文章を無意識のうちにコピペしているかもしれないと考えてます。コピペ位でそんなことで目くじらを立てなくてもいいや、…なんてお気楽極楽に考えておりました。しかし残念な事にその「好意」を踏みにじるような行動をした人がいます。

当ブログ内記事「すっかり回復しています」にて「蜂窩織炎」に関しての項目を掲載しました。2週間もの休載を詫びるために書いた記事ですが、この項目の文章の約88%が「水虫専科」というブログに転載されていました。しかも「2週間入院した」という憶測を追加して掲載しています。(当該項目は削除されております。魚拓はこちら

幾度となくご説明しているのですが、私の「蜂窩織炎」は入院加療することなく、単に自宅で静養するだけでした。そこに勝手に憶測を追加されたのですからたまったもんじゃありません。「入院した」と見て今まで音信不通だった人からも心配の電話を頂くありさま。

正直ね、コレ対応するのってしんどいんです。そこで「記事等のリンク・転用」に関してちょっとだけ厳しくさせて頂きます。

1:当サイトへリンクを行う場合は必ず「記事のタイトル」もしくは「当サイトの名前(レールウェイコンシェルジュ)」を明記してください。

…コレは当たり前の話です。変わったところは次の部分。

2:当サイトに使われている写真や文章、私が制作した映像等を転載する場合は非営利目的であっても必ず事前にご連絡ください。

…今までは「非営利に限っては後で連絡してもOK」としていたところを、「掲載する前に連絡しろ」と変更します。連絡なしに転載するというのはちょっと常識的におかしいでしょ。またコレは私が@nifty動画にアップしている画像も同じです。

3:引用する場合は必ず出典先を明記。文章の引用は20%位まで。

…引用と転用の境界線がちょっと曖昧なので、すこしだけ線引きさせて頂きます。当ブログの項目にある文章を引用する場合、「ここまでならあんまり文句言いませんよ~」ってことです。本当の「引用」はもう少し厳しいらしいですが、そこらへんはまぁユルくやらせて頂きます。当然「水虫専科」ブログのように文章の約9割を転載して自分の記事を構成するのはダメだということです。

…簡単な話「常識を守って行動しろ」ってヤツでしょうか。常識を一番守っていない人間がいうのもあれですが、お互い気持ちいい空間づくりの為にある程度ルールを守って行動していければ…と、考えてますです。

それでは今後ともよろしくお願い致します。

|

2009年7月 5日 (日)

迷札巡り

Pict004501(改札出たら即ブックオフ・鶴橋駅にて)

過去当ブログでは「駅中ビジネス」というタイトルで一風変わった改札口を取り上げたことがあります。

Rc435 Rc438

(大抵の改札口は人が大勢行きかっている・写真は天王寺駅)

従来人が行きかう「改札口」なのに一切感じさせない雰囲気と、侘しく動く自動改札機で構成された謎の空間。明らかに鉄道事業者も存在意義に迷っている改札口を私は「迷札(めいさつ)」と命名しました。

今回は普段気にしてみることのない「迷札」を巡りつつ、「迷札」とは一体どういう経緯で出来上がっていくのかをご説明してまいりましょう。

ひとつのパターンは「グループ会社への支援」。

Rc445 Rc440

(左:大阪駅GARE口、右:天王寺駅Mio口)

関西圏では大阪駅の「GARE(ギャレ)」や天王寺駅の「Mio(ミオ)」といったJR西日本さんの系列専門店街が有名ですが、これらの施設には改札口が設置されていることは意外と知られていません。

Rc446 Rc491

(左:大阪駅GARE口、右:天王寺駅Mio口)

私鉄や新たにできる大型商業施設では「商業施設への集客」を目的としたコンコースを設計していますが、これらの駅では旧態依然の改札を活用することなく、新たに改札口を取り付けています。改札口を設置してそちらから利用者を誘導しようという考えです。

Rc492 Rc442

(左:改札だとアピールする看板。右:券売機より利用されているガラス戸奥のATM)

ただ新たにできた改札口より元々の改札口から移動した方が便利なケースが大半で、商業施設側だけでなく鉄道事業者側も存在をそれほど熱心にアピールしていない場合が殆どです。結果「知る人ぞ知る」施設となり、「迷札」へと変化していきます。

もうひとつのパターンが「駅の構造」。

Rc456 Rc462

(左:京阪淀屋橋駅東1号改札口付近、右:改札口とホームの位置)

これは京阪電車さんの淀屋橋駅のように「駅のホームから駆け上がると即自由通路に繋がる」というケースが大半を占めています。淀屋橋駅は駅構内が細長い構造となっていますので、法律的に避難経路を確保しなくてはいけません。避難経路を常時使用するとなると必然的に改札口を設置せざるを得ない状態となります。

Rc458 Rc459

尚、このケースでは平日と休日の利用目的や利用者数が違うケースが多いようです。実際に同じ構造の阪急電車さんの河原町駅では階段そのものを非常用としてですので平日以外利用しない改札口は必然的にきっぷ売り場が無い等の簡素化が進み、「迷札」へと変化していきます。

この説明で「迷札」がどのようなものであるかとお分かりいただけましたでしょうか。それ意外にも「迷札」は日本中いたるところに見かけることが可能です。それではしばし「迷札」を巡っていきましょう。

最初に紹介するのはJR西日本さんの天王寺駅です。

Rc437

先程「風雲!コネタ城」にて「天王寺駅の天女は束縛されている」と採用された天王寺駅。大阪のコアな色合いが強いこの駅には先程の「Mio口」だけでなく、かなり趣のある「迷札」がひっそりと皆さんをお待ちしています。

Rc450

(どどーん。)

天王寺駅には「Mio」以外に「ステーションプラザてんのうじ」という商業施設が併設されています。その「ステーションプラザてんのうじ」から阪和線ホームへダイレクトに移動するために設置されているのがこの「ステーションプラザ改札口」です。

Rc451 Rc452

(左:アクセントとして光るのは三色のポールサイン、右:無人を証明する注意書き)

「迷札」ゆえ無人、そして「ステーションプラザ」に移動できるのにどことなく漂う不安な空気。写真の左側に不自然な形で増築された係員スペースと、無人化のために設置された改札機。これぞ「迷札」の基本形といったところ。

Rc453 Rc454

改札を出ると食料品売り場とファッション用品売り場へ向かう階段が行く手を遮ります。階段も「迷札」の味わいを上げる最高の調味料。改札口に設置されている自動券売機は通常とは違ったまるで社員食堂の食券を売るようなタイプ。最近流行のICカードを差し込む場所すらありません。このステーションプラザ改札口は我々に「迷札」の基本とはどういうものかを教えてくれています。素晴らしい。

 

続いては新幹線駅の「迷札」です。

Croquis07 Rc463

(そろそろ新大阪駅だけで写真集が作れそうだ)

レルコンでは幾度となく取り上げている新大阪駅です。今回取り上げるのは在来線を管轄する「JR西日本」さんの改札。ひっきりなしに人が行きかうこの新大阪駅に、あまりにもひっそりと鎮座している「迷札」があります。

Rc465

その名は「地下鉄連絡口」。実際に新大阪駅には大阪市営地下鉄の御堂筋線が乗り入れており、道案内にはどの場所に行っても「こちらですよ」と行き先を示してくれています。この看板もそれなのか…と思いきや

Rc466

(どどーん。)

どうでしょう。この部分だけ見るとまるでどこかの地方駅を思わせる佇まい。新大阪という関西地域を代表する駅の改札口とは思えません。

Rc464

新幹線との乗り換え口の真横に「地下鉄連絡口」があります。「地下鉄連絡口」と言っておきながら、誰も地下鉄に乗り換えるために使用することはなく、ほぼ新大阪駅で働いている方々だけが業務量の連絡口として使用しているようです。

Rc467 Rc468

「迷札」の要素である「無人」もきっちり兼ね備えています。しかもこの改札口にはステーションプラザ口では置いてあった券売機すら置いていません。

Rc469 Rc472

この改札口に至るまでは結構な長さの階段を歩かなくてはいけません。エスカレーターなどの文明の利器が一切無いところも「迷札」の雰囲気を向上させています。ちなみにこの地下鉄連絡口はJRおでかけネットによると「段差なしで移動できる改札口」とのこと。

Rc471 Rc470

階下ではしつこい位に「きっぷのお持ちでない方」への注意喚起を促しています。それはまるで来る人を拒む結界のようです。それならばいっそのこと閉鎖すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、どうもこの「地下鉄連絡口」は淀屋橋駅の「迷札」同様駅構内の構造上どうしても配置しておかなくてはいけない改札口ではないかと考えられます。

Rc473

こちらの改札口を降りたところには「メディオ新大阪」という名前のショッピングセンターがあります。このショッピングセンターは高架下という条件下に設置されたため、かなり入り組んだ構造となっています。日常ではあまり活躍できない改札口も、何らかの災害が発生した場合の避難経路として使用する…、そんな構造になっているみたいです。

Rc474

(こういう風に撮影すると、ものすごく寂しい場所に見えるのは気のせいでしょうか)

 

最後にご紹介するのは「京都駅」にある「迷札」です。

Rc475 Rc476

(左:京都駅西口、右:烏丸口の提灯。祇園祭の鉾や山の名前が書かれている)

新幹線が行き交い、在来線の特急も頻発している人と人との交流地点である京都駅、時期が時期だけに祇園祭の装飾も施され、近未来の駅舎の中にどこか日本情緒を漂わせているこの駅舎にも「迷札」が潜んでいます。

Rc479

(ど、どーん?)

それがこの「地下中央口」です。京都駅は新大阪駅同様幾度となくレルコンに登場していますが、この地下中央口は「京都駅のメジャーでないところ巡り」で一度登場しています。

Kyotost07 Kyotost08

(過去の写真から再掲 左:京都駅地下中央口、右:デリバリーサービス窓口)

ただそれはあくまで改札外、しかも利用する際のおトクな情報として取り上げただけで、今回は改札がメインテーマ。早速ご覧戴きましょう。

Rc486

…あれ?どこにも「迷札」の雰囲気は感じ取れないじゃないか!と疑問符が皆様の頭の上にぽっかりと浮かんだのではないでしょうか。「迷札」の雰囲気が全く無い普通のどこにでもありそうな改札口です。しかしこれは悲しき出来事の後に「迷札」へと変わってしまった特異的な例なのです。

Rc485 Rc487

(左:何も映らないLEDのパタパタ、右:中央改札口を改札外から)

元々この場所には「京都シティエアターミナル」という名前の施設がありました。関西空港開港直後に「駅で航空機にチェックインできる」という施設として大々的にアピールされていたものです。

Rc483 Rc482

(左:長く暗い廊下、右:改札口には上下エスカレーターがある)

9・11のテロをきっかけに航空機の保安基準が変わり、機内に預ける荷物を空港以外で検査することができなくなったこと、そして折からの関空利用客数の低迷などがあり、「京都シティエアターミナル」は閉鎖。結果人がなかなか訪れることのない改札口、「迷札」と化してしまいました。

Rc484 Rc493

(一応山陰線ホームには出口の案内がある。しかしあまり使用されていない)

現在も稼働はしていますが、「迷札」ですので改札口に人は常駐していません。ただ要人の移動にはよく使用されているようで、ノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんは奥さんをこの改札口で迎えています。人気のなさが役に立った一例ではないでしょうか。

まだまだ「迷札」はたくさんあります。これからも暇を見つけては訪ね、その趣を感じてまいります。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »