« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

ちょっとお休みです。

 今週来週(たぶん)レルコンの更新を休ませて頂きます。楽しみにされている方には大変申し訳ないのですが、何分右足に蜂窩織炎(ほうかしきえん)らしきものができまして、最悪入院するかもしれません。体調が優れない上に色々とストレスを抱え込んじゃってまぁ辛いんですわ。

 そんな最中、某所で行われた「鉄道カフェ」というイベントを見てきました。

「レルコンのネタになるかなぁ」という思いで見てきたのですけれど…、これがまぁ面白くもなんともないの。例え得たものがマイナスの方向であっても、逆方向から見方を変えれば多少は面白くなります。ただこのイベントに関して言えば

「得るものすらなかった」

…平たく言えばスタートラインにすら立っていない状態だったんですね。

最終的には「これやったらどうなんだろう」というイベントをテーマをちょっとだけしゃべってみたのですが、この手の「考える」系のイベントを仕掛ける人たちって、「自分たちのやりたい事を実行する」ために都合のいいアンケートを取りたがるんですよねぇ。でもって意に反した項目に関しては「今後のイベントに反映させていきます」なんて事を言って終わらせちゃう。

…それで人数が集まるのならイベント屋さんは苦労しませんって。

まぁ頭のいい人達の考えることというのは芸大卒の私には理解できませんわ。

|

2009年5月25日 (月)

Electrical KEIHAN Parade (イベントの写真)

2009年5月10日に開催された「走る!踊る!五月のダンストレイン」、その車内で展開されたダンスの模様をご紹介します。車内には70年代のキャバレーで演奏されていたであろうムード満載の音楽と、音曲さんが奏でる生演奏が常に流れておりました。

Rc377 Rc378

ここからは写真と合わせて私が感じた感想を連ねておきます。私が感じた戸惑いを追体験して頂ければ幸いです。それではどうぞ。

Rc379 Rc382 Rc383 Rc384 Rc385

私が乗車した車両ではダンスユニットのセレノグラフィカのご両人が電車内での恋愛をモチーフとしたダンスを披露。…ただ問題はこれがダンスという概念からかけ離れたものになっていました。

Rc388 Rc389 Rc390_2 Rc391 Rc392 Rc393

一般的なダンスというのは音楽に合わせて動きを付けるというものですが、その概念を取り払った動きが展開されています。こんな状態だと笑うしかないでしょ。

Rc395 Rc397 Rc398

(いーとーまきまき、おもむろにびろーん、さぁそこの貴方もこの糸を持って)

Rc399

(びろーん)

ダンスという概念を。

Rc386 Rc387

(ままぁー、あの人電車で何してんの?)(いいから黙って笑っとけ。)

特急の通過待ちで停車した香里園駅での一コマ。普段とは全く違った列車なのですからそりゃあ好奇の視線で見てしまいますよねぇ。

Rc400

香里園駅を出たところで全く違うダンサーさんが登場。さぁこれからどんな展開が繰り広げられるか…と思ったところで、

Rc401

(しゅたたたたた)

白塗りの着物女性爆走。アメージングという言葉はココで使うのでしょう。

Rc402 Rc403 Rc404 Rc405

萱島からの複々線区間では「普通」のダンス。先程と比べると落ち着いて観賞することができたのですが、ソコはやはりアートエリアB1。京橋駅に近づくと猛烈な情熱が。

Rc406 Rc407

Rc408

(京橋駅通過!終着駅のなにわ橋駅まで残された時間はわずか!どうなる!?)

Rc409 Rc410

(突然隣の車両から最初に踊っていたセレノグラフィカさんが登場)

Rc412

「2人のこの手が真赤に燃える!幸せつかめと轟き叫ぶ!」

…って違いますよ。

Rc411 Rc413

(ちゅどーん)

…こうしてダンスイベントは終わったのでした。

Rc416(おしまい)

|

Electrical KEIHAN Parade

 京阪電車さんが一風変わったイベントを仕掛けてきました。

Rc349

そのイベントの名前は『走る!踊る!五月のダンストレイン』。普段何気なく利用している京阪電車の車内でプロのダンサーさんがダンスをする…というもの。しかもそのダンスを見終わった後、我々が感じた事を表現する…。

文字に認めてみてもどういうイベントなのかよくわかりません。わからない時はこの目で確かめる。立ち止まるヒマも考える余裕なんかもありません。というわけで見てきました。

(どうでもいい話ですが今回の更新、写真が多過ぎです)

 

 

Rc350 Rc352

開催日は平成21年5月10日、初夏の麗かな日曜日の午後。場所は御存知京阪電車さんフリーク御用達(?)の枚方市駅。

Rc353 Rc351

私が駅のコンコースに到着したころには既に黒いジャンバーを着たイベント関係者の皆さんが参加者を誘導しておりました。遅れてはならないとばかりに私も列へ。

Rc354 Rc355

コンコースには変わったイベントを取材しようと「報道」の腕章を付けたカメラマンの方、鉄道を使ったイベントを記録しようと一眼レフを持った駅員さんの姿が。このイベントの注目度が高いことが伺えます。

Rc356 Rc357

参加料の2000円を支払い、手渡されたのはイベント用の乗車券とちょっと変わった形をしたイベント参加パス。このパスの形状は後々イベントで使うとのこと。

Rc360 Rc361

(あまりに堂々としている鳩を被写体に即席写真撮影会勃発)

Rc362 Rc363

待つことおよそ10分弱。期待と興奮が最高潮に達したころに移動の合図が。わらわらと自動改札機をくぐりぬけ、ホームへと駆け上がります。

Rc364 Rc365

(貸し切り列車が入線する5番線ホームに辿り着くと、既に鉄な人々が鈴なり)

Rc366 Rc367

使用される列車は普段一般的に使用されている2600系。正面に「団体」という種別板が付けられているだけなのにこの人の多さ。貸し切り列車がほぼ皆無の京阪電車、今回のイベントの注目度が高い事を伺わせます。

Rc367a Rc374

舞台は本当にいつもの京阪電車。広告もそのままです。「踊り子さんには手を触れませぬように」というストリップ劇場のようなアナウンスが車内に流れ、ダンサーの方も次々と乗車。いよいよイベント開始です。

Rc369 Rc372

今回のイベントで大活躍するのがこの変わった形をした参加パス。電車の中で繰り広げられるダンスを、中央が切り取られているこのパスを通して見ます。

Rc370 Rc371

簡単に言えばこれがフレームとなるわけです。繰り広げられるダンスをこの枠で網膜や脳内に焼きつけ、印象に残った場面を後で我々が表現していく…とのこと。

Rc375 Rc376

(電車の中のイベントなので楽屋が無い。手荷物は全て網棚に置いた)

さて、肝心かなめの「列車内のダンス」。編集していたら「結構な分量」になりましたので、詳細はコチラをご覧頂くとして、ここではダイジェトでお送りしましょう。

Rc379 Rc382 Rc390_2Rc399

…ダンスに見えますでしょうか。これが車内で行われた「ダンス」です。

Rc402 Rc403

一般的に思われるような音楽に合わせるものではなく、どちらかといえば窓の外を過ぎ去る風景やレールの繋ぎ目の音に照準を合わせたような「ダンス」。かと思いきや…

Rc401

突如猛烈に走り去る舞妓。車中の参加者は「この後何が起こるんだろう」という意識が先に来てしまって結構真剣な表情で見ていました。ただこのイベントを客観的に見るとこういう感じでしょうか。

Rc386 Rc387

途中停車した駅のホームで「たまたま見た人」にとって、この車内の光景は「稀有(けう:意味は「滅多にないこと」)」そのものだったのでしょう。芸術というのは「紙一重」な部分があります。その為にどうしても「芸術」という色眼鏡で見てしまうことも多々あります。しかし実は身近な所に芸術というのは潜んでいる、今回のダンスパフォーマンスはそういったことも教えてくれた…ような気がします。

Rc412 Rc412

(左:分かりにくいですが京橋駅を通過、右:フィナーレの体制)

ダンス列車が京橋駅を出た頃、車内の舞台はいよいよフィナーレとなりました。劇場では緞帳がおりますが、ここでは地下へと続く天満橋駅の闇が緞帳代わり。

Rc414 Rc415 Rc416

列車がなにわ橋駅へ到着するとダンサーの方々も表現者の仮面を脱ぎ棄て、安堵の表情を浮かべます。列車は配線の都合上、ダンサーを乗せて一旦中之島駅まで移動していきます。

Rc417 Rc418

なにわ橋駅の改札口を出て、駅の構内にあるアートエリアB1へと移動。いよいよ第二部の始まりです。

Rc419 Rc420

この場所で先程特製パスを通して網膜に焼き付けたあの踊りを紙の上で表現する。これが第二部のメインテーマです。普段「表現」を故意に行っていない人が「表現」を受けて「表現」する立場に立つ、そこで起こりうる表現の波紋を楽しもう…というのがこの企画の狙いなのでしょうか。

Rc421

用意されたクレパスに最初参加者の方々は戸惑いを感じていましたが、徐々に楽しさが広がっていい雰囲気に。紙も通常なら「白」を用意するところ、あえてそれ以外の色も用意されているところがニクいです。参加された方々には芸術に日頃関心を持たれている方が多く、みな童心に帰って書いています。

Rc422

もちろん私も芸大出身の身、ある程度「表現すること」に関しては覚えがあります。以前の企画では小さくまとまり過ぎてしまいましたが、今回はあえて大胆な手法でガシガシと一心不乱に「表現」することにしました。

Rc423s Rc424s

どぉーだい?アバンギャルドだろ?

…失礼いたしました。左の方は「通常の世界に組み込まれる稀有な動作(ダンス)」を表現し、右の方は「仕組みの中でもがくダンサーの熱意」をぶつけてみました。

Rc425s Rc434s

描かれた作品は次々とアートエリアB1の柱に張られていきます。技法はどうであれ同じダンスを同じ空間で感じ取れる様はなかなかいいものです。張り出され始めた頃にちょうどダンサーの方もアートエリアB1に到着、張り出された絵を興味深く見ております。

Rc429s Rc430s Rc426s Rc428s

その表現に閃きを感じたのか、ダンサーの方々が次々と新たなダンスを披露し始めました。列車という日常の空間から生み出したダンスを受け、紙に書き写した参加者の表現を受けてのダンス、「表現」が広がる様はまるで池に広がる波紋の如く。

Rc431s(ベントラー )

最初このイベントを開催すると聞いた時、正直「どうなることか」と思っていました。ヘタすれば「芸術バカだけが称賛する敷居の高すぎるイベント」になるのではないか…。しかし実際に見るとコレはコレで面白いイベントではないかと。列車という日常とダンスの非日常の感、まれに見る稀有な空間を作り出した今回のイベントはなかなか有意義なものでありました。

これ、意外とくせになりますぞ。

Rc433s

 

<オマケ>

お気づきかと思いますが、途中からカメラがデジカメから携帯に変わっています。書くことに熱中しすぎてデジカメの電池が切れちゃったんです。残念。

|

2009年5月18日 (月)

今後の更新頻度に関して

 いつも「レールウェイコンシェルジュ」をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

皆様も御存知の通り神戸市を中心として関西圏では「新型インフルエンザ(H1N1)」の感染者が急増しております。今後の動向によっては行動制限などの影響も考えられます。現在私が在住している大阪府内では高校・中学校の休校措置が取られており、私も不必要な移動を自粛しております。

移動ができないということは、新たな取材ができない。つまり更新ができない場合があるということです。更新を楽しみにされておられる方々には恐縮ですが、今後更新頻度が少なくなります。

何とか足りない頭を使って更新できるように努めていますが、何分世間がこういう状況ですので御配慮頂けたら幸いです。

 

 

…えーとですね、それ以外にちょっと一言。此花区にスタジオがある「おもろいフォーへ」全力で邁進している某放送局さん、前日に「撮影順延」ってどういうことなんでしょうかね?

しかも「後日連絡します」と言っておきながら未だに連絡なしって。もしかしたら私と放送局さんの間に入っているキャスティング事務所にトラブルがあったのかもしれませんが、未だにそういう連絡が無いというのはどうなんでしょ。ちょっと侍らしくありませんぜ。

|

2009年5月10日 (日)

昭和町の詩

Rc308

4月29日は「昭和の日」です。

Rc309

祝日、ゴールデンウィークの初日だというのに何でしょう、この無常観は。テレビを付けると芸人さんが「笑われて」赤い絨毯の上を左から右へ移動、新聞を見るとウイルスだ、事故だ、横領だと悲しいニュースばかりが飛び込んできます。

Rc310

「昭和の日」。私が生まれたのはまだ元号が昭和でした。未来には希望があると言われていたあの時代、歌の文句ではありませんがあの頃の未来はどこに行ったのでしょう。今や平成生まれが成人式を迎えようとしている昨今、何故か昭和という言葉にノスタルジィ以上の懐かしさを感じてしまうのは私だけでしょうか。

…そうだ、昭和に行こう。

Rc311 Rc312

(移動前に気合を入れてファイト一発!)

Rc313 Rc314

そうと決まれば後は行動に移すのみ。私は即座に大阪環状線、御堂筋線と軽やかなステップで乗り込み、あの駅を目指しました。

Rc315

今回のお目当ての場所はその名もズバリ「昭和町駅」。

Rc316 (やってきたぜ)

ちなみに「昭和町」という駅は大阪市営地下鉄さんの他にJR四国さんの高徳線、名古屋臨海鉄道さんにもあります。ただしJR四国さんは無人駅、かたや名古屋臨海鉄道さんは工場の中にある貨物駅で現在定期ダイヤで設定されている貨物列車はありません。

大阪市営地下鉄さんの「昭和町駅」は、天王寺駅から一駅なかもず駅側に移動した場所にあります。ここならば昭和を思う存分感じられるに違いありません。

Rc317

昭和26年に開業したこの駅は、大阪市営地下鉄の駅構造としては簡略化されたものになっています。大きなコンコースやきっぷ売り場は併設されておらず、どことなく大手私鉄の各駅停車しか止まらない駅っぽい雰囲気。

Rc318 Rc319

駅構内にはその狭さから後に付けられた設備のパイプがむき出し。これも昭和の雰囲気を漂わせる重要なアイテムとなっています。

…どうでもいい話ですが、こういう「町の散策」をする場合私は下調べを一切しません。新鮮な驚きを大事にしたい…。まぁ簡単に言えば「面倒」なんですが、とにかく行ってみることで何とかなる。それが私のやり方です。

Rc320

改札口から階段を出ると目の前にはあびこ筋と松虫通の交差点。このあびこ筋の下を御堂筋線が走っています。聞くところによると一時期このあびこ筋は道路が無く、地下鉄が側溝の中を走っているような感じだったとか。

Rc321 Rc323

Rc324 Rc326

その昭和町駅から一歩路地に入ろうとすると、何やら賑やかな声が聞こえます。

Rc327

やはりというのか意外というのか、「昭和の日」にちなんで昭和町一帯で「どっぷり昭和町」なるイベントが開催されていました。そのイベントの中心となっていたのが「寺西長屋」と呼ばれる建物。

Rc329 Rc331

昭和8年に建てられたこの長屋は、日本初の重要文化財の長屋として登録されているそうで、現在住居ではなく飲食店などの店舗として活用されています。その場所の2階からライブハウスのような演奏が聞こえ、建物の前にある路地にはその演奏を楽しもうと鈴なりの人だかりが。

Rc328

そうか、これが昭和か。

Rc330

でも、それは昭和よりも前じゃないのか。

Rc332

雅楽だぞ、雅楽。

Rc333

…しかしながら混沌としたムーブメントを組み込んでいったのも平成ではなく昭和。これはコレでアリでしょう。しかもその音楽を聴いている人たちの目がすごく輝いている。いいなぁ、コレ。

Rc338 Rc334

(イベントは町内一帯で行われていた)

Rc340

寺西長屋から少し西へ移動した先にある小さな公園。ここも今回の昭和町のイベントに活用されていました。

Rc339 Rc342

Rc341 Rc343 

公園の中には紙芝居、そして近くの路地では楽団が出て演奏を始めています。

Rc344

曲目は「カントリー・ロード」。決して上手いとは言えない歌声が奏でるいくつかのフレーズが、何度も何度も繰り返し路地に響いていきます。

Rc346

「カントリー・ロード」の原詞と日本語訳の詞が全く違う表現をしている、時に日本語訳は悲しすぎるという意見も見受けられます。

Rc345

でもこの昭和町で聞く限りだとソレでいいのかもしれません。昨日見た故郷は今日見た故郷とどこか違う。たとえ地名や番地、時間や天候、人や空気が同じであっても、故郷はどこか気づかない場所で変化しています。

Rc347

「あの頃」の未来は確かにありました。それも「あの頃」にです。思っていた未来と違うように、過去も私の記憶の中でどこか違うものになっているのではないか…。

Rc348

昭和町は私に「昔」の考え方を教えてくれました。ありがとう、昭和町。

<オマケ>

Rc337 Rc336

今回のイベントを開催してくれた人から「ブログに乗せるのならリンクしてくださいよ」と言われました。コチラからどうぞ。

|

2009年5月 3日 (日)

水戸岡鋭治という世界

Rc306

 現在大阪の本町にあるINAXさんの「INAXギャラリー大阪」にて「デザイン満開九州列車の旅」という展覧会が開催されています。

Moso01

展覧会の会場に置かれているのはJR九州さんの800系新幹線や787系の模型や写真、特急車両に使われている座席に客室乗務員さんの制服等のデザインを担当しておられる水戸岡鋭治さんの作品たちです。

Pict0192 Tama02

(左:岡電さんのMOMO、右:和歌山電鐡さんのいちご電車)

先々月、この展覧会の初日にギャラリーへ参りまして、展示物を拝見させて頂きました。幾度となくこういった展覧会を拝見した経験があるのですが、この系統の展覧会としては珍しく「鉄道」を「デザイン」という視点から取り上げています。

Pict0107(赤一色の特急も水戸岡さんがデザイン)

「デザイン」と聞けばどうしても外見的なものを想像してしまいますが、実際は外見だけではありません。

Pict0149_3 Jrq13

どのような意図があって「つばめ」や「ソニック」があの形状となったのか、その形状により需要がどのように生まれたのか、これからの鉄道はどういう方向性で行くべきなのか…。この会場には「鉄道趣味」という一面では語りつくされない鉄道に対するデザイナー「水戸岡鋭治」の世界観がありました。

Rc304 Rc307

もしお時間がありましたらデザイナー「水戸岡鋭治」の世界観を味わってみてはいかがでしょうか。ギャラリーへの入場は無料です。館内では今回の展覧会に合わせた図版も販売中です。

時間が無い方にも朗報です。来週(2009年5月10日)、水戸岡鋭治さんが毎日放送系で放送されている「情熱大陸」さんに取り上げられるそうです。当レルコンでは「つばめが飛んだ日」等に代表されるような「まったく違った方向性」から幾度となく取り上げてまいりましたが、情熱大陸さんは私とは違ってきちんとした視点で水戸岡さんを取り上げて頂けると思います。とにかく来週が楽しみです。

 

 

 

<オマケ>

Tsubame09 Boyaki03

水戸岡さんにこの写真を見せたところ、思いっきり苦笑いしておられました。そりゃそうだろ。

 

 

 

 あと、業務連絡をすこしだけ。

「情熱大陸」さんを制作している毎日放送さんのスタジオに来週か再来週の日曜日お邪魔します。毎日放送さん並びに当日お世話になるスタッフの皆々様、きちんとしたご挨拶が出来ませんがその際にはどうぞよろしくお願い致します。

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »