« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月28日 (火)

えきそばノスタルヂア

 大阪に姫路名物の「えきそば」が進出してきたそうです。早速食べてきました。

…このところ「鉄道」よりも「グルメ」がメインになろうとしていますが、そんなことは一切気にせずいきましょうか。まず「えきそば」がどういう食べ物なのかご説明いたします。名前だけ聞いたら単なる「駅の立ち食いそば」というイメージが強いのですが、実際はそうではありません。

Rc293

かん水を使用した細麺と関西風のうどんだし…、一言で言えば「和風ラーメン」と言ったらいいでしょうか。元々は「麺の保存状態をよくするため」に試行錯誤した結果辿り着いたものなのですが、「どうみてもうどんの出汁にラーメンです。ありがとうございました」と言われてしまいそうな料理になってしまいました。姫路駅ではこの黄色い麺が「えきそば」として食べられています。

Rc297 Rc296

(阪神百貨店前の陸橋ではよくテレビニュースのインタビューを撮影しています)

 その「えきそば」を食べられるのは大阪駅前の「阪神百貨店梅田店」。阪神百貨店と言えば関西に住んでいる人は誰もが「いか焼き」と答える位に食品関係に強い百貨店で、支店を作らないということでも有名だった百貨店でした。現在は三ノ宮と西宮、そして熊本市内に店舗を構えています。

Rc294 Rc295

ちなみに場所を平たく言えば阪神梅田駅の真上にあります。そこら辺はやっぱり電鉄系の百貨店です。その阪神百貨店梅田店の中でも有名なのは「スナックパーク」と呼ばれる軽食街です。

Rc298

大阪の観光ガイドブックでも数多く取り上げられているこの場所は、立地条件の良さから観光客だけでなく「時間の無い時に手早く食べたい」という地元の人にもよく利用されています。…私もこのスナックパークをよく利用しております。

早速この間「デイリー道場」で道場主様から頂いたアドバイスを生かし、「えきそば」を食べる姿を自分撮りしようと思ったものの…

Rc299

残念ながら撮影できませんでした。阪神百貨店のみならず大抵の百貨店は館内撮影禁止です。(以前館内を撮影した記事がありました。その際は阪神百貨店様に多大なるご迷惑をおかけしました)

Rc301 Rc300a

(写真は赤矢印がある場所から撮影しました)

場所はここ。以前うどんやそばが売られていた場所に姫路駅で「えきそば」を販売している「まねき食堂」さんが入居しています。

Rc293

「えきそば」を姫路駅以外で食べる。私にとっては初めての試みです。実際には姫路駅のスタンドでお土産用の「えきそば」が発売されていますから、地元で食べようと思えば食べることは可能です。しかしながらやっぱり人に作ってもらうのがいいじゃないですかぁ。

…美味いかどうか?そりゃあ美味いに決まってます。コシがあるようで無さそうでウッフンな麺、具材があるようで無さそうでアッハンな天ぷら、そして関西のうどんだしからすると多少辛いかもしれないお出汁。

…しかしなにか違っていたんですね。

しっかりと食べ終えた後、ちょっと考えました。そこで導き出されたのが「えきそば」を食べる時というのは単に腹の虫を収めるという意味合いの他に、旅に出た時のワクワク感、帰ってきて食べる安堵感も一緒に食べていたのではないか…ということ。姫路駅のホームに漂う空気と列車の音、ベコベコのプラスチック容器に入った「えきそば」…。

Rc302

(梅田の歩道橋から姫路の方角を望む)

食べ終えた後、あの空気を今一度感じたくて姫路に行きたくなってしまう「えきそば」。まさに恐るべし食べ物であります。

Rc303

ちなみに同じ「スナックパーク」には明石名産の「明石焼き」、姫路発祥の「御座候」もあります。ますます播州色が強くなる「スナックパーク」に皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。

|

2009年4月21日 (火)

青春を乗り継ぐ大垣駅 ~ダッシュの後に~

Rc275

青春18きっぷの季節になると、JR東海さんの大垣駅では他の駅では見られない光景を見ることができます。それは俗に「大垣ダッシュ」と呼ばれる乗客たちの座席争奪戦です。

まずはYoutubeにあったこちらの映像をご覧戴きましょう。この映像は現在臨時列車として運行されている夜行快速「ムーンライトながら」に乗車している映像です。映像の開始直後では夜行列車特有のけだるい空気が車内を包んでいましたが、大垣駅に列車が到着するや否や状況は一転。乗客の方々は一目散に駅の階段を駆け上がり、そして違うホームに入線している列車へと駆け込んでいきます。

Rc276 <写真はイメージです>

あらかじめ…と断りを入れなくとも、駅構内を全力で走ることは厳禁です。…ただダッシュしてしまうような状況を作り出すというのもある意味問題ではないかと思います。

<グーグルマップ>

元々この大垣駅と米原駅間には岐阜県と滋賀県の県境があり、鉄道では結ばれているものの「文化」や「商業」といった人の流れに関しては通常の時はあまり見受けられません。そのため東海道本線という名称でありながら1時間に2本程度という運行頻度で運行されています。

Rc277 Eco14

しかし大垣駅から東や米原駅から西は双方とも新快速が運行されている「花形路線」。こちらは多くの車両を連結した列車が常時運行されています。

Rc278 <写真はイメージです>

普段は人の流れが緩やかですが、これが青春18きっぷの季節になると一転。東京や大阪へ格安で移動しようという人たちがワンサカ現れ、大混雑が発生します。しかも少ない車輛の中にある座席を狙おうと、皆一目散に列車へと走り出すのです。

JRさんはちょうど先月ダイヤ改正が行われたばかり。その点はきちんと解決されたのかどうかこの目で確かめてきました。

Rc279

というわけで大垣駅です。大垣駅はJR東海さんだけでなく、樽見鉄道さんや近鉄電車さんから分社化した養老鉄道さんも乗り入れている結構大きな駅。

Rc280 Rc281

(2007年当時駅構内にこういう注意書きがいたるところに張られていた)

以前(2007年)と比較すると、駅の構内にあった「制限時速10キロ」等の標識が見当たらなくなりました。もしや大垣駅さんは「駅構内のトライアスロンを解禁したのか?」と思ったのですが、実際はそうではありません。秘密を解く鍵は駅構内にあった時刻表です。

Rc282 Rc283_2

「大垣ダッシュ」が行われる原因、それは東京方面からやってきた列車と米原方面へ向かう列車が「違うホーム」に停車することでした。

Rc284

<あまりにも簡単な図でごめんなさい>

駅の構内図を見ると「2番線に到着させればいいんじゃねぇか」と思われるかもしれませんが、実はこの2番線は「本線」と呼ばれる最も重要な線路。特急や貨物列車等の優等列車がこの線路を多用します。同様に4番線も「本線」ですので、この線路からはなかなか折り返すことはしないようになっています。

Rc285

今回のダイヤ改正では東京方面からやってきた新快速と米原方面へ向かう列車を同じ1番線、つまり同一ホームで乗継させる設定にしています。これにより、乗継をする人はホームに残り、それ以外の人は改札へと向かうようになりました。

Rc286 Rc287

(大垣駅の3番線。ここがまた遠いんだ)

以前はこの大垣~米原間はたった2両で運行していたこともあり、2番線と4番線の間にある2両編成専用の3番線まで移動していました。この両数の少なさと駅のホームの距離が「大垣ダッシュ」を加速させてしまったのです。

Rc288

それが現在では同じホームで乗り換え可能。よく考えられていますが、米原方面へ向かう列車は米原方面から来た列車。だから乗継する人は以前と同様にコンコースへ一旦上がってホームを移動することになります。

Rc290

ここからは6両編成の列車が運行されていることもあり、以前の殺伐とした状態から比べるとかなりゆったりしています。しかも接続する新快速に乗らなくとも15分後にはほぼ同じ停車駅の快速があり、場所と用途によっては一本乗り遅れても何とかなる状態。結構便利になっています。

Rc291

ちなみに私が確認した際大垣駅から米原駅へ向かう列車は4両編成でした。過去2両編成で使用されていた頃からするとかなり改善されているのではないか…と私は考えます。

Rc292

青春18きっぷの季節は終わり、大垣駅はあの騒ぎがウソのように普段の様相へと戻ります。また今年の夏もあの騒ぎが起こってしまうのでしょうか。実際に青春18きっぷで移動する際、どうしても乗り継ぎというのは発生してしまいます。雑誌やサイト等では豊橋駅からは新快速ではなく快速に乗って大垣駅で乗り継ぐ(このやり方だとやはり大垣駅でホーム間の移動がある)というプランを紹介しているところもありますが、どちらかといえばゆったりと移動した方がいいのではないか…と私は思います。

まぁ、本当に急ぎたかったらお金使わないとねぇ。

|

2009年4月14日 (火)

桜のバルコニーで待ってて

Rc255

 今年も私の住んでいる地域に桜前線が舞い降りました。咲き始めた直後に寒波が訪れたので、今年の桜は満開になるまでかなりの日数を要しました。その分長い間桜を愛でることができました。散りゆく桜吹雪の風景が春のクライマックスを告げているかのようです。

 昨年「レールウェイコンシェルジュ」では三重県と愛知県の「桜駅」に出向き、その駅に咲いている桜を愛でました。今年はちょっと近場の駅で桜をお楽しみ頂きましょう。

Rc256

…というわけで訪れたのが阪神電車さんの香櫨園(こうろえん)駅。阪神西宮駅からひとつ神戸寄りにある駅です。

Rc257 Rc258

平日の朝ラッシュ時には「区間特急」という優等列車が停車しますが、それ以外は各駅停車しか止まらない「普段着の駅」。駅構内も関西の私鉄によく見られるシンプルな2面2線の構造。

Rc259

そんな香櫨園駅、現在は高架駅舎となっていますがちょっと昔はこんな駅でした。

 

 

Rc260

…そう、この駅も阪神武庫川駅や阪神芦屋駅と同様に川を跨いでいる阪神電車特有の駅なのです。香櫨園駅の下には依然「桜に包まれて」でご紹介した夙川が流れています。

Rc261 Rc262 Rc263 Rc264 Rc265

このあたりの河原は「夙川公園」と言う名前で整備されており、阪神間では桜の名所として知らない人はいない名物スポットとなっています。川の両岸には桜並木、その袂でお弁当を広げ、桜を愛でながら春を満喫している人々が多数。ヒノキの花粉が飛んでいなければ私も桜の香りを思いっきり楽しみたいところです。

さて、そんな夙川の桜をもう一つ違った視点で楽しみたいというのが今回の趣向でございます。先程ご紹介しました香櫨園駅、実は駅舎にある施設が併設されています。

Rc266

そう、バルコニーであります。駅のホームに直結する形でバルコニーが設置されています。

Rc267 Rc268

 渚ではなく夙川にかかる部分に設置されたバルコニーから見えるのは春の息吹。桜色に包まれた夙川でした。電車を利用するきっぷさえあればこのバルコニーには誰でも無料で入ることができます。

Rc269

バルコニー自体は決して大きくありません。待ち合わせや小休止の為に座って待つような椅子も用意されていませんが、目の前には先程見たあの夙川の桜が広がっています。

Rc270

…優雅です。ちょうど私が見たのは「満開」の頃でしたので、一部の気の早い桜からは花びらがひらひらと舞い降り始めていました。それが川面を揺らし、時に花筏となって夙川の緩やかな流れに彩りを与えています。

Rc271

土手から見る桜もいいのですが、こうやって視点を変えて上から眺める桜というのもなかなか。いい感じだなぁ、と思いつつ電車が近付いてきたのでホームへ行こうとすると…

Rc272

ホームとバルコニーを隔てる窓ガラスに満開の桜が映りこんでいるではありませんか。そのぼんやりとした桜の儚げな色合いをもう少し眺めていたい、私は思わず電車を一本遅らせることにしました。

Rc273

駅の敷地内や線路沿いに桜が植えられている場所は探すと色々とあるようです。前へ進むことも大切ではありますが、たまには立ち止まって桜を愛でる余裕を持ちたいものです。いやあ、それにしても今年の桜はよかったなぁ。

 

<オマケ>

Rc274 

香櫨園駅の傍には関西で有名なラブホテルチェーンがあります。角度によっては駅舎がラブホテルに見えるのはココだけの話。

|

2009年4月12日 (日)

ちょっとドタバタ

 現在ちょこっとドタバタしております。何かここ最近ドタバタしっぱなしですなぁ>オレ。

それでは行ってきます。レルコンの更新(しようと思ったけれど、何度もエクスプローラー再起動しやんの)は帰ってきてからです。お楽しみに。

|

2009年4月 5日 (日)

あの切符を買ってみた

 少し前に「こだま往復割引きっぷ」に関してぺらぺらとしゃべり過ぎましたので、今回の更新はちょっとシンプルに参ります。

Rc234

このところ諸般の事情で広島へ出向く回数が増えました。もちろん呼ばれるワケではありませんので実費を支払うことになるわけです。意外かもしれませんが大阪~広島間は大阪~博多間に設定されている「2枚きっぷ」のような特定の割引きっぷはありません。どちらかと言えば「指定席特急回数券」がこのエリアにとっては「割引きっぷ」の代替みたいに使われています。

回数券のバラ売りを買って乗るということも考えましたが、ソレだとあまりに芸が無い。そこで今回は「複雑ではないのか」と敬遠しがちな「レール&レンタカーきっぷ」を実際に購入してみましょう。…と、その前に「レール&レンタカーきっぷ」とは何ぞや?というあなたの為に御説明申し上げます。

前回「こだま往復割引きっぷ」の項目で出てきましたが、JRさんのグループ会社の中には駅の近くで「レンタカー」を営業している「駅レンタカー」という会社があります。「レール&レンタカーきっぷ」は発駅から200キロ以上離れた場所へ向かうJRの乗車券と「駅レンタカー」を同時に予約すると、繁盛期(大型連休やお盆・正月など)を除いて運賃や料金が割引になる…というきっぷです。

Rc254

もちろんこのきっぷには色々と制約があります。最大の制約は東海道・山陽新幹線の「のぞみ」が使えないということ。新しいダイヤはのぞみが大増発されています。…もうそれだけでかなりの制約を受けるということです。

ただ山陽区間の場合は「ひかりレールスター」が運行されていますので、まだまだ大丈夫。今回も速達性を重視しつつ利用することができます。

Osaka01 Osaka04

(写真は以前「みどりを比べる」で使ったもの。ほとんど変って無かった)

発券して頂くみどりの窓口がある場所は御存知大阪駅の中央きっぷ売り場。ちなみに大阪駅の中央きっぷ売り場は「当日分」「前売り分」の他にジャパンレールパスなどの特殊なきっぷを取り扱う窓口が分けられており、なかなか便利です。

さて、まず最初に結論から申し上げます。「レール&レンタカーきっぷ」、意外と簡単に発券できます

Rc250

担当してくれた方がマルス(みどりの窓口の端末)に精通されていたのかもしれませんが、中川家の礼二さんがモノマネをするあの駅員さんそのまま。即座に対応して頂き、見ていてこちらが気持ちがよくなる位。他のきっぷと大差なくすんなりと設定してくれました。

Rc251 Rc252

(きっぷの横にある「C制」はクレジットで決済したことを示しています)

普通のきっぷに「レール&レンタカー」の判子を押しただけ。これに「駅レンタカー券」という名前のクーポン券が追加されるだけでした。私自身が「どの車種でもいい」と言ったからかもしれませんが、これほどアッサリ終わるとは思っていませんでした。業務としてはとても素晴らしいことですが、レルコン的には「すんなり」終わってしまって「ネタにならねぇ」と言ったところでしょうか。

まぁ設定して頂いてアレですが、どうしてこの「レール&レンタカーきっぷ」。インターネットのヤホーで検索してみるとあまり評判のいいプランではないそうです。まぁ実際に「のぞみ」を利用できないということで選択しないという人が多いようですが、「のぞみ」の特急料金以外の「運賃」には適応できることは意外と知られていません。お時間があるのでしたら一度お試しください。

…ただし、購入する際は大阪駅の様ないくつも「みどりの窓口」がある大きな駅で購入することをお勧めします。そうでないと他のきっぷと比べて結構時間とります。独占したら急いでいる人に迷惑ですから…ね。

|

2009年4月 1日 (水)

4月から少しだけ変わります

 『レールウェイコンシェルジュ』をご覧頂きまして、誠にありがとうございます。ほぼ毎週一回は「鉄道」を色々な方向から見ては失笑を買っております当ブログ、開設からまもなく3年目に突入致します。

 思えばこの3年間もの間、私の周囲だけでなく鉄道に関しても様々な変化がありました。夜行列車が次々と運行を取りやめ、ローカル線が廃止という暗いニュース。一方では低床車を代表としたLRTの普及に京阪中之島線や阪神なんば線、副都心線のように都市部で新たな路線が開業するなど明るいニュースもちらほら。当『レールウェイコンシェルジュ』も鉄道ブームの風を右から左へ受け流しながら、これらの出来事を適当に取り上げたり取り上げなかったり。そんな中で10万アクセスを頂いたこと、これはまさに奇跡であります。

 さて、そのような中『レールウェイコンシェルジュ』は亀仙人のセリフの如く「ほんの少しだけ」変わります。今回はそんな「どうでもいいこと」をお伝えするためにこんなエントリーを書いてみました。

1:連絡先を「メールフォーム」に統一します。

今まで「レールウェイコンシェルジュ」に関するお問い合わせは「mixi」と「yahooメール」にお願いしておりました。しかし2つの連絡先を提示することで様々な弊害が出てきました。結果昨年は連絡に気づかないという失態を犯すことに繋がってしまいました。そこで2009年4月からは新たに「メールフォーム」を設置致します。ご意見ご感想、叱咤激励などお問い合わせの際にはそちらをご利用頂きますようお願い申し上げます。

(尚「メールフォーム」はブログ左の項目欄、プロフィールの項目に設置しています)

2:mixi内にて「レルコン裏噺」を始めます。

この「レールウェイコンシェルジュ」のサイトは、基本として「ネタの発表会場」と私は認識しています。そのネタが面白くても面白くなくても、今の私が持てる力を最大限に出した文章をぶつけています…が、その中には「こういう背景があるんだ!」と高らかに言いたくなることもあります。そこでSNS「mixi」内の私の日記にて「裏事情」なんぞを適当に書きなぐってやろうかと考えています。mixiの会員であれば誰でも読めますので、どうぞお好きな時にお越しください。

(プロフィールの項目にリンクを設置していますのでご利用ください)

3:アリフェイドをもう一回始めます(予定)

 一時期「この本をお勧めします」という項目で本のタイトルを掲載しておりました。いわゆるアリフェイドというヤツです。これで商売やっちゃってウハウハ!…なんてちょっと思っていましたが、意外と更新するのが面倒でしたので昨年ひっそりと項目を消しました。なにせ3年前に発売した本を「お勧め」だなんて、ねぇ。

ただ一応「コンシェルジュ」と名乗っている以上、ある程度はコンシェルジュらしい事をしておかないと一体何のために活動しているのかわかりません。そこでもう一度「アリフェイド」を設置し、訪れた皆様に対してエンターテイメント以外の要素を提供させて頂こうと考えております。

とはいえ前回のようにお勧めの本を掲載するというのではなく、「私自身が利用してよかった」というサイトと提携し、掲載していきます。現在調整中ですのでコレがどうなるかは分かりませんが、掲載した際には今一度告知致します。

…長くなりましたが、今後とも「レールウェイコンシェルジュ」を宜しくお願い致します。

 

 レールウェイコンシェルジュ あすやん

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »