« 駅前の小僧、事故を語る | トップページ | トクトクきっぷが発売されるそうで »

2009年3月 7日 (土)

駅ナカの小僧、スジを試みる。

 山陽・九州新幹線の名前が「さくら」になるそうです。以前当レルコンでは「新しい新幹線の名前を妄想してみた」や「空想浪漫鉄道(逆走編)」で幾度となく「さくら」という名前を出しておりました。

Mosop10 Shinkansenmousou01

(こういうのを何も考えずに書いてましたなぁ)

「妄想」が「現実」になる。「ヤッタ!オレが名付け親だ!!」と叫んだ方がイタくていい感じなんでしょうけれども、実際問題ネタとして書いていた以上ある意味気持ち悪いものです。ハァ。まぁいいや。

Rc220

(中之島線利用促進策実行中・京阪電車京橋駅にて)

さて、そろそろ本題に行きましょうか。先週時間に追われつつ書いてしまった「京阪電車のダイヤ」の本題へまいります。どうでもいいですが「ややこしいネタを振ったなぁ」と反省しております。新しいダイヤグラムを提唱する前にとりあえず現実のダイヤはどういうものなのでしょうか。

Rc221 (御存知京阪電車時刻表)

そこで登場するのが「京阪電車時刻表」です。インターネットが社会を席捲して10年以上、今や携帯電話からでも乗換案内を利用する世の中となりました。日本全国津々浦々如何なる山村離島まで移動するにはJRの大判時刻表が必要ですが「大阪」と「京都」、しかも京阪電車というかなり限定されたエリアを移動する際にはハッキリ言って必要ではありません。

…でも何故か買っちゃうんですよねぇ。これが悲しきテツの性。

さて、時刻表があるということなので例によって例の如くスジを引いてみる作業をするのが定番ですが、そこはソレ。グラフとボールペンを多用したあの項目から幾分か離れ、「文明の力」を多用させて頂きます。っていうか、あんな「行」はしたくありません。

そこで今回は「OuDia」という鉄道のダイヤを作成するフリーソフトを使ってスジを再現してみます。…というか、してくれていたデータがありました。ソレを最大限に利用し、不足する情報は時刻表から読み取りまして、私の妄想を構築してまいります。あらかじめ申し上げておきますが、今回の内容は全て「妄想」ですので、

「淀屋橋駅や中之島駅構内の配線を無視しているぞ!」

「車両や編成を考慮していない!」

「現実に即していない!不便だ!」

ということが多々見受けられるかと思います。どうぞそこら辺は生温かい目でご覧頂ければ幸いです。

  

さて今回の空想ダイヤ。だいたいダイヤ改正(改定)ともなると何らかの目玉が必要になってきます。中之島線開業時は中之島線の開業と共に新種別「快速急行」の登場が話題となりましたが、今回の妄想はどちらかと言えばこのダイヤの手直しというカンジになるかと。

一番の目玉は「昼間30分ヘッド」から「疑似20分ヘッド」への変更です。

Rc222 Rc223

(左:淀屋橋駅の時刻表、右:三条駅の時刻表)

「30分ヘッド」というのは簡単に言えば「30分置きに同じダイヤグラムで運行します」ということです。現在のダイヤグラムはパッと見ると「10分置きに特急がやってくる」ので10分ヘッドだと思われてしまいますが、京橋駅から枚方市駅までの間は「快速急行」や「区間急行」が30分に一本のペースで運行されていますので、「30分ヘッド」と認識することができます。

Rc223a

(17時台まで30分ごとに同じ列車が運行されている)

そこを20分間隔に縮めます。今まで30分に1本だった快速急行を20分に1本、中之島線における京都方面への利便性をコレで向上させます。

Rc222a

(淀屋橋駅の時刻表。17時台から20分ごとに快速特急が設定されている)

コレにはもちろん根拠があります。現在夕方の帰宅ラッシュは「30分ヘッド」ではなく「20分ヘッド」。このパターンを昼間にも採用することで、現行のダイヤグラム以上に効率性を追求できます。

Rc224 Rc225

(渡辺橋駅の時刻表・左の平日ダイヤは区間急行の運行本数が多い)

ただ現在のダイヤを踏襲すると中之島線は1時間当たり6本の区間急行が運行されています。これでは供給量があまりにも多すぎるのでコレを半分の3本へ。時間帯によってバラバラだった行先をすべて「樟葉」駅へと統一します。この区間急行と快速急行を等間隔で運行することで中之島線の「わかりやすさ」を追及します。

Rc226

…ただ問題なのが快速急行を担当している「3000系」。新しく導入されたこの車両も京阪電車の面白い伝統を引き継いで編成数が結構ギリギリ。しかも平日の夕方ラッシュ時には全編成が出場していることもあるそうです。

Rc219

快速急行に使用されている車両のやりくりも大変なので、中之島駅から増発された快速急行3本のうち1本を途中の枚方市駅までとします。専用車両を使わないことで「この列車は途中の枚方市までしか行かない」と乗客の皆様に分かって頂けるかと思います。この途中までの列車を1時間に一本組み込むことで疑似的に枚方市駅から先を20分ヘッドに設定し、途中駅の利便性を向上させてみることにしました。

ちなみにこの妄想ダイヤは現行のダイヤと比較すると幾分か運行距離数が増えるようになりますが、運行本数自体は減少することができます。

Rc218

…うーん、ここまで文字が連続するとなんのこっちゃ分からないと思われている方も多いかと思います。そこで空想ダイヤのデータをアップしておきます。本来ならば夕方のラッシュ時や朝の通勤ダイヤなんかも考えようかと思ったのですが、どうもここら辺が私の限界みたいです。どうぞご照覧頂ければ幸いです。

「keihanmouso.oud」をダウンロード ・要OuDia>

|

« 駅前の小僧、事故を語る | トップページ | トクトクきっぷが発売されるそうで »