« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

広島の名物を食らう

「なんですかそれ…。初めて聞きました。」

Rc235

(ホテルの名前は言えないので避難経路で想像してください)

私はその日、広島の某シティホテルに宿泊していました。シティホテルといえば「コンシェルジュ」。時にベルキャプテンさんがその役割を行うこともありますが、一般的に気合を入れて宿泊する様なお値段のホテルには、私の様な勢いだけで名乗っていない本当のコンシェルジュさんがいらっしゃいます。その方に私はこう聞いてみたのです。

「広島のローカルフードで『ホルモン天ぷら』っていうのがあるって聞いたんですけど」

その問いかけに対して続いたのが冒頭の言葉。…どうも私は広島県民が知らないものを所望したようです。ちなみにそのホテルのコンシェルジュさんは「定休日だった広島風つけ麺の店」を紹介してくれた人だったりします。まぁ人間得手不得手があるので一概に文句を言うのはアレですが、地元の事なんだから色々と調べておいた方がいいんじゃないかと。

Rc236

(こういう風景が一番広島らしいと私は思うのですが如何でしょうか)

早速お店の名前や場所を調べて頂き、移動を開始。最寄りの広電さんの電停から移動することにします。

Rc237

(紙屋町といえばデオデオさん。この中に吉本の劇場もあります。)

どうでもいい話ではありますが、泊まったホテルがあるのは「紙屋町」という場所。原爆ドームがある「平和公園」に昨年まで熱戦を繰り広げられていた広島市民球場、広島市内最大級の百貨店「そごう」さん、広島随一の繁華街「流川」、広島バスセンターにアストラムという新交通システムの駅等々色々な施設が集積している便利な場所だったりします。

Rc238 Rc239

(いつの間にやら電停に3色LEDのパタパタが設置されていた)

そこからチンチン電車に揺られること約10分。「観音町」という電停に到着します。ちなみにこの「観音町」、読み方は「かんのんちょう」ではなく「かんおんちょう」。

Rc240

一つ手前の天満町電停は電停が道路にラインを引いただけ、観音町は辛うじて電停が配置されています。配置されていることはありがたいのですが、結構この電停で待つのは勇気が必要です。

Rc242

その観音町電停から歩くこと数分、細い路地の向こう側に赤いテントが見えてきます。そのお店こそ今回ご紹介する「ホルモン天ぷら」を提供してくれる「たかま」さんです。

Rc243

店内は小さなカウンターと座敷のみ。メニューも簡素というところから、このお店が地元に愛されていることがよくわかります。注文を聞いてくれるのは店員さんではなく地元の常連さん。この「おおらかさ」というのが何ともいい感じです。待つこと数分、天ぷらの揚がるいい香りが広がったかと思うと目の前に…!

Rc244

これが噂の「ホルモン天ぷら」です。今回は部位の特定をせずに店員さんの「おまかせ」で揚げて頂きました。ちょっと前はこの「ホルモン天ぷら」をお客さんが用意されている包丁で切り分けていたそうですが、様々な事情が重なり店員さんが切り分けているようです。

Rc246 Rc247

実はここだけの話、私「ホルモン」が苦手。匂いもダメならば容姿もダメ、何故にあんなものを食さねばならないのか!と焼き肉屋で隙あらば高らかに宣言していたものです。しかしながらこの「ホルモン天ぷら」、高温でさっと火を通すので匂いもあまり発生しない上に天ぷらの衣がグロテスクな容姿を隠しています。私にとってはものすごく好都合な調理法です。

Rc245

(一味唐辛子をたっぷりと入れたポン酢を付けて頂きます)

…これがまた絶品。サクサクとした衣の中にあるジューシーなホルモンが、幾度となく口腔内で舌鼓を打ち続けます。短時間で加熱しているのでホルモン自体はそれほど堅くなっていないので「今までのホルモンはいったい何だったのか」と自問自答したくなるほど。否、ヘタしたらホルモンじゃないと勘違いする位美味い天ぷらです。

Rc248

(様々な部位が入っているホルモン汁。お椀自体が相当熱いので注意)

これだけ美味いホルモンならば、もっと別のホルモンを食べてみたくなるのは世の常。最初に勧められた「ホルモン汁」を追加で注文。これがまたベラボーに美味いでやんの!スープにはホルモン特有の匂いもなく、そこには濃厚な旨味がぎっちり。

Rc248a

(スープも濁っていない。これは相当新鮮な証拠)

一服の清涼剤の如く柚子がお椀の底に。その存在は、月夜の晩にひっそりと草原に咲く「月見草」を連想させます。奥ゆかしさの中に柚子としての主張があり、そしてその主張を答えるかのごとくホルモンが抱き寄せています。…表現がおかしいかもしれませんがこれがとにかく美味い!

Rc249 a

この日、お腹一杯(ホルモン天ぷら・レンコン天ぷら・ホルモン汁・中ごはん)食べて1500円ちょっと。「たかま」さんはお財布にも心にもありがたいお店でした。広島名物数あれど、この「ホルモン天ぷら」はこれから猛烈に日本を席捲するのではないかと感じています。いやあ、ありがたいなぁ。

 


大きな地図で見る

「天ぷらたかま」さんはこちらです。

…それにしても、これほどいいものをコンシェルジュさんはどうして知らなかったんでしょうねぇ。

|

2009年3月21日 (土)

ツアーをプランニングしてみる

3月14日のダイヤ改正で東京駅を発着する「富士」「はやぶさ」が廃止、「ムーンライトながら」が季節臨時列車へと降格しました。最終の列車が東京駅を発車する生中継を見ていると、時代の流れとはいえ一抹の寂しさを感じてしまいましたが、その一方で加熱していたのが所謂「葬式鉄」と呼ばれる人たち。そんなに廃止されるのがイヤなら普段から利用すればいいのにと思ったのは私だけでしょうか

さて、その「夜行列車」、昨今はインターネットなどで「夜行列車の運行を存続させよう」なんていう署名活動を始めている人がいらっしゃるようです。中には「線路だけ借りて俺が運行する」といった人もいらっしゃるようです。「線路だけ借りて」なんて事をパッと聞いただけでは「夢物語」だとは思うのですが、実際にやれるかどうかちょっと検証してみましょう。

日本の鉄道事業者には大きく分けて3種類あります。皆さんが鉄道事業者と聞いてすぐ思い浮かべられるような「線路」や「車両」等の設備を所有し、自ら雇った従業員で「運行」するという鉄道事業者を「第一種鉄道事業者」といいます。「線路」を所有せず、「車両」と「運行」だけを担当する鉄道事業者を「第二種鉄道事業者」、その逆に「線路」だけを持つ会社を「第三種鉄道事業者」といいます。

Rc228

(どういう区分なのか写真に当てはめてみました。多少強引なところがあります)

「第二種」の一番分かりやすい例はJR貨物さん。一部貨物線という形で路線を持っている個所がありますが、大半は他のJR各社さんが所有している路線を使って貨物列車を運行しています。一方の「第三種」はJR西日本さん・南海電車さんの関西空港線(りんくうタウン駅から関西空港駅間)、京都市営地下鉄の東西線御陵駅から三条京阪駅間、JR東西線、伊賀鉄道等々一見しただけではどの会社の路線なのかわからないような作りになっています。

私が推測するに「線路を借りて運行する」と仰っていた方はこの鉄道事業者の区分の中で「第二鉄道事業者」の免許を取得し、自ら運行しようとしているのではないかと思います。さぁ、前置きが長くなりました。ここからが本番です。

Rc229(果たして借りることは可能か)

「鉄道の線路を借りる」となると、借りる際に何らかのレンタル料を支払わなくてはいけなくなります。実際にJR貨物さんは走行する際には幾ばくかのお金を旅客鉄道会社さんに支払っているそうです。もちろん新たに営業をしようとする方にもこれを支払って頂くということになりますが、実際いくらのお値段か正直気になるところ。

文献などを調べていますと、東北新幹線が八戸まで延伸した際に開業したIGRいわて銀河鉄道さん。路線自体はもともと旧東北本線でしたので、現在も貨物列車が同じ路線へ乗り入れています。その乗り入れた際の「線路利用料」としてJR貨物さんはIGRいわて銀河鉄道さんに年間約13億7千万円支払っているそうです。ただしそのうちJR貨物さんが正式に支払っている金額は約3億7千万円で、この金額そのものは元々JR東日本さんが東北本線を運営していた時代から変わっていないとのこと。

後々計算しやすいよう今回は「年間4億円支払っている」ということにしまして、JR貨物さんは1キロ当たりどれだけの鉄道使用料を支払っているのか割り出してみました。

Rc230

ここ最近は貨物列車の本数が減ったとの報告がありますが、あえて毎日4往復あると計算しますと、貨物列車は年間で2920本。これを4億で割りますと一本当たり14万円の使用料をJR貨物さんはIGRいわて銀河鉄道さんに支払っている計算になります。

Rc231

コレをキロ数で割ってみると計算上は1キロ当たり1670円。もっと高いかなぁと思っていましたが意外と安くなりました。この1キロ当たりの値段を元に「東京~大阪間」の列車を運行したと仮定して算出すると…

Rc232

片道で約95万、往復で約190万円というお値段。これだけ見ると「アラ、意外とお買い得」なんてことを感じてしまうのですが、あくまでこれは「最低の価格」であり、実際はこれよりも数倍以上すると思います。さらに運行するにあたって出てくるであろう問題はコレだけではありません。

Munku02 Nagoya21

(現在の駅舎は各鉄道会社の所有物であり、借りる際には駅舎の利用料が発生すると思われる)

第二種鉄道会社は「線路を借りて営業する」ことを前提としています。つまり簡単に言えば「それ以外のモノは自分たちで用意しろよ」ということです。日帰りバスツアーのように観光バスだけ借りて運行するというワケにはいきません。お客様を乗せる車両・運行する従業員・整備する従業員の人件費にプラットホーム、そして運行しない時に車両を留置しておく線路…。初期費用を何となく考えるだけで簡単に数10億円ものお金が飛んで行きます。

Rc220

(知られるようにするには大々的なPRも必要)

もちろん初期費用だけではありません。「線路使用料」以外に車両の維持費、走行距離に応じた検収・更新費用、運行を大々的にPRするための広告料…これらの費用が列車を運行する際必ず発生します。そこらあたりどういうお考えなのでしょう。

Rc233

仮に一車両に36人(サンダーバード用グリーン車の座席数)、10両編成で運行したとしましょう。そうすると1編成が運べる人数は最高で360人となります。先程の「線路使用料」で割り出すと1人当たり約2600円ですから今のツアーバスよりも格安に提供することが可能でしょう。ただしソレは減価償却などを全く考慮しなければの話で、そんなことを考慮しない会社は世界中探してもありません。

もし第二種鉄道会社を新たに立ち上げ、夜行列車を運行したい!とお考えであれば、アラブの石油商とかウォール街で非難を浴びながらも数10億円のボーナスを得る保険会社の重役をスポンサーに迎えてやったほうがいいのではないでしょうか。少なくとも「線路だけ借してくれれば採算をとることが可能」なんて言葉は虚言と言われても仕方がないでしょう。

鉄道事業は、鉄道ファンが思いつきでやれるほどのレベルではありません。

|

2009年3月10日 (火)

トクトクきっぷが発売されるそうで

 当「レルコン」は毎週更新が基本形となっております。一人でネタを考えたり書いたりするとなるとどうしても毎日更新ということはできません。このところは毎週土曜日に更新するようになっていますが、今回はちょっと面白い情報がありましたので「イレギュラー」な形ではありますが、ちょっと早めに今週分の更新をさせて頂きます。

Rc038

(こだまといえば私の中では0系のイメージなんですよねぇ)

JR西日本さんが「高速道路一律千円」に対抗して「こだま往復割引きっぷ」というトクトクきっぷを発売すると発表がありました(詳しくはこちらをどうぞ)。「新大阪駅~岡山駅」が往復で6800円、「新大阪駅~広島駅」が往復で11920円と通常の料金から比べるとかなり魅力的なプランですが、実質調べるとかなり使い勝手が悪い商品ではないかと私は感じました。ちょっとここで整理していきましょう。

○「発売条件」が実態に則していない?

 「山陽新幹線のライバルは飛行機」と言われてきていましたが、ここ最近は高速道路網の整備などが進み、どちらかと言えば「自家用車」や「高速バス」がライバルではないのかと私は感じています。大阪・博多間は確かに飛行機なのですが、大阪・広島間や大阪・岡山間等の距離ともなると、費用面などから考えると「自家用車」という選択肢が「鐡」の私でも出てきてしまいます。

今回の「こだま往復割引きっぷ」は購入する際「2人以上(大人1人こども1人でも発売可能)」という発売条件が設定されています。私の様な常にロンリーな人はどう足掻いても使えないきっぷです。まぁスネるわけではありませんが、そんな条件なら私の場合金券ショップで回数券のバラ売りを買って移動するか、もしくは高速バスに乗ってやられます。

Croquis10a_1

ちなみに同じように「こだま」にしか乗れない制約で販売されているJR東海ツアーズさんの「ぷらっとこだま」。こちらはきっぷではなく「旅行商品」、簡単な言葉で言えば「パック旅行」です。こちらは1人から使えるとなっていますのでロンリーな私でも使えます。

○値段の設定や特典が曖昧?

Rc227

(山陽区間で使われている500系「こだま」。この編成の5号車が「こだま往復割引きっぷ」の指定席になります。3人掛けを2人で使用できるとのこと。ある意味贅沢だけれど、元々の指定席はグリーン車からの転用。どっちがいいんだ。)

 割引率から考えると「新大阪駅~岡山駅」や「新大阪駅~広島駅」は金額的にとってもいい商品です。ただ残念なことに「姫路駅~岡山駅」等の近距離では自由席特急券とほぼ遜色のない値段設定になっている場合があります。それだけでなく「新大阪駅~姫路駅」といった「お前それだったら新快速乗れよ」という区間も設定されており、こちらは自由席特急券を買った方が安くなります

 また特典として設定されている「駅レンタカーを格安(24時間2000円)で借りることができる」というのも、調べるとまだまだ詰めが甘いです。今回利用できるのは「Sクラス」、車種でいえば「フィット」や「ヴィッツ」、「デミオ」や「マーチ」といったコンパクトクラスのみ。大人2人ならともかく家族で使ってください!…というのはどうなんでしょう。

 あと「こだま往復割引きっぷ」のこども料金は一律3000円。コレは実に魅力的ですが、大人1人こども1人の場合「駅レンタカーを格安で借りる」ことはできません。この場合「レール&レンタカーきっぷ」の料金となるそうです。また「こだま往復割引きっぷ」は「こどもだけ」で乗ることはできません。必ず大人が随行することが条件となっています。

…ざっと上げただけでこんなにも複雑なルール設定があります。私がもし家族で旅行するのならとっとと大型のバンを近くのレンタカー営業所で借りて移動します。

○「こだま」なのに「ひかり」が使える?

Croquis09 

(写真はだいぶん前に撮影した新大阪駅のパタパタ)

「こだま」と言えば、少し前だと0系新幹線。ここ最近では500系新幹線が山陽区間では使用されていますが、2009年3月14日のダイヤ改正では12時台から15時台までの間、新大阪駅から西へ向かう「こだま」の設定がありません(詳しくはコチラをどうぞ)。

その代替としてプランの中には 「購入時にゆき・かえりの「こだま」または利用可能な
 「ひかり」の指定席が確保できる場合にのみ発売します。」 という一文が企画きっぷの説明には添えられています。ただ商品名は「こだま指定席割引きっぷ」なので、利用するお客様は「おい、コレこだまが運行されていないから使えないんじゃないか?」と認識してしまい、結果使わない判断をしてしまう方が出てくるのではないかと思うのです。

またJR西日本さんのサイトで発表された公式リリースとJRおでかけネットさんで書かれている利用案内とでは若干説明文が違っています。公式リリースには書かれていませんが、「改札口を出ない限り指定された列車への乗り継ぎが可能」という一文がJRおでかけネットさんの項目には書かれています。

これは「こだま」が新大阪駅から運行されていない時間帯に乗ることができる「ひかり」が、岡山駅までの運行となっているからだと私は思うのですが、そこら辺はどうなんでしょう。また実際に乗り継ぐにしても、下り列車の場合岡山駅では30分の待ち合わせとなります。家族連れにとって30分は長いです。

Pict0291_1

何か今回の割引きっぷは単に「格安でやってます!」という宣伝をしたいがために設定したようなきっぷという気がするのは私だけでしょうか。ただこういう「トクトクきっぷ」を山陽新幹線ではなかなか設定していませんでしたので、これから先どんどん利用しやすいようなきっぷを作って頂けたらいいなぁ…と個人的には思っています。

|

2009年3月 7日 (土)

駅ナカの小僧、スジを試みる。

 山陽・九州新幹線の名前が「さくら」になるそうです。以前当レルコンでは「新しい新幹線の名前を妄想してみた」や「空想浪漫鉄道(逆走編)」で幾度となく「さくら」という名前を出しておりました。

Mosop10 Shinkansenmousou01

(こういうのを何も考えずに書いてましたなぁ)

「妄想」が「現実」になる。「ヤッタ!オレが名付け親だ!!」と叫んだ方がイタくていい感じなんでしょうけれども、実際問題ネタとして書いていた以上ある意味気持ち悪いものです。ハァ。まぁいいや。

Rc220

(中之島線利用促進策実行中・京阪電車京橋駅にて)

さて、そろそろ本題に行きましょうか。先週時間に追われつつ書いてしまった「京阪電車のダイヤ」の本題へまいります。どうでもいいですが「ややこしいネタを振ったなぁ」と反省しております。新しいダイヤグラムを提唱する前にとりあえず現実のダイヤはどういうものなのでしょうか。

Rc221 (御存知京阪電車時刻表)

そこで登場するのが「京阪電車時刻表」です。インターネットが社会を席捲して10年以上、今や携帯電話からでも乗換案内を利用する世の中となりました。日本全国津々浦々如何なる山村離島まで移動するにはJRの大判時刻表が必要ですが「大阪」と「京都」、しかも京阪電車というかなり限定されたエリアを移動する際にはハッキリ言って必要ではありません。

…でも何故か買っちゃうんですよねぇ。これが悲しきテツの性。

さて、時刻表があるということなので例によって例の如くスジを引いてみる作業をするのが定番ですが、そこはソレ。グラフとボールペンを多用したあの項目から幾分か離れ、「文明の力」を多用させて頂きます。っていうか、あんな「行」はしたくありません。

そこで今回は「OuDia」という鉄道のダイヤを作成するフリーソフトを使ってスジを再現してみます。…というか、してくれていたデータがありました。ソレを最大限に利用し、不足する情報は時刻表から読み取りまして、私の妄想を構築してまいります。あらかじめ申し上げておきますが、今回の内容は全て「妄想」ですので、

「淀屋橋駅や中之島駅構内の配線を無視しているぞ!」

「車両や編成を考慮していない!」

「現実に即していない!不便だ!」

ということが多々見受けられるかと思います。どうぞそこら辺は生温かい目でご覧頂ければ幸いです。

  

さて今回の空想ダイヤ。だいたいダイヤ改正(改定)ともなると何らかの目玉が必要になってきます。中之島線開業時は中之島線の開業と共に新種別「快速急行」の登場が話題となりましたが、今回の妄想はどちらかと言えばこのダイヤの手直しというカンジになるかと。

一番の目玉は「昼間30分ヘッド」から「疑似20分ヘッド」への変更です。

Rc222 Rc223

(左:淀屋橋駅の時刻表、右:三条駅の時刻表)

「30分ヘッド」というのは簡単に言えば「30分置きに同じダイヤグラムで運行します」ということです。現在のダイヤグラムはパッと見ると「10分置きに特急がやってくる」ので10分ヘッドだと思われてしまいますが、京橋駅から枚方市駅までの間は「快速急行」や「区間急行」が30分に一本のペースで運行されていますので、「30分ヘッド」と認識することができます。

Rc223a

(17時台まで30分ごとに同じ列車が運行されている)

そこを20分間隔に縮めます。今まで30分に1本だった快速急行を20分に1本、中之島線における京都方面への利便性をコレで向上させます。

Rc222a

(淀屋橋駅の時刻表。17時台から20分ごとに快速特急が設定されている)

コレにはもちろん根拠があります。現在夕方の帰宅ラッシュは「30分ヘッド」ではなく「20分ヘッド」。このパターンを昼間にも採用することで、現行のダイヤグラム以上に効率性を追求できます。

Rc224 Rc225

(渡辺橋駅の時刻表・左の平日ダイヤは区間急行の運行本数が多い)

ただ現在のダイヤを踏襲すると中之島線は1時間当たり6本の区間急行が運行されています。これでは供給量があまりにも多すぎるのでコレを半分の3本へ。時間帯によってバラバラだった行先をすべて「樟葉」駅へと統一します。この区間急行と快速急行を等間隔で運行することで中之島線の「わかりやすさ」を追及します。

Rc226

…ただ問題なのが快速急行を担当している「3000系」。新しく導入されたこの車両も京阪電車の面白い伝統を引き継いで編成数が結構ギリギリ。しかも平日の夕方ラッシュ時には全編成が出場していることもあるそうです。

Rc219

快速急行に使用されている車両のやりくりも大変なので、中之島駅から増発された快速急行3本のうち1本を途中の枚方市駅までとします。専用車両を使わないことで「この列車は途中の枚方市までしか行かない」と乗客の皆様に分かって頂けるかと思います。この途中までの列車を1時間に一本組み込むことで疑似的に枚方市駅から先を20分ヘッドに設定し、途中駅の利便性を向上させてみることにしました。

ちなみにこの妄想ダイヤは現行のダイヤと比較すると幾分か運行距離数が増えるようになりますが、運行本数自体は減少することができます。

Rc218

…うーん、ここまで文字が連続するとなんのこっちゃ分からないと思われている方も多いかと思います。そこで空想ダイヤのデータをアップしておきます。本来ならば夕方のラッシュ時や朝の通勤ダイヤなんかも考えようかと思ったのですが、どうもここら辺が私の限界みたいです。どうぞご照覧頂ければ幸いです。

「keihanmouso.oud」をダウンロード ・要OuDia>

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »