« 広島に行ってきますです。 | トップページ | とまれコレクション »

2009年1月31日 (土)

ある記事を読んで

 広島に行っている間にちょっと面白い記事がありましたんで、本来の記事を更新する前(と言いますか、まだ写真を編集中です)にサクっと紹介しておきます。

3月に行われるJRのダイヤ改正で、何故かJR西日本の大阪圏では終電の繰り上げが行われるそうです。

<ココから引用>

JR西 終電早めます…脱線事故教訓 異例の“決断” 運転士の体調配慮/夜型社会にも一石

 JR西日本が1987年の民営化以来初めて、東海道線など京阪神の主要路線で、終電時刻を数分から最大20分程度早めることがわかった。福知山線脱線事故を教訓に運転士の体調管理に配慮した措置で、終電時刻繰り上げに踏み切るのはJRや私鉄でも極めて異例。専門家は「都市の終夜型ライフスタイルを変える契機となる」としている。

最大20分、3月改正

 3月14日のダイヤ改正で実施する。東海道線では大阪発午前0時41分の高槻行き普通電車が同28分発に繰り上がり、大阪環状線や阪和、奈良各線などでも、ターミナル駅の出発時刻を早める。福知山線や関西線など深夜利用の多い路線については見送る方針。

 JR西の場合、終電車の運転士は車庫に列車を回送した後、5、6時間の仮眠をとって翌朝から乗務している。脱線事故後に社内に設けた「安全推進有識者会議」で、「ミス防止には、睡眠不足による集中力低下を招かないことが必要」という指摘があり、体調管理を考慮して終電時刻の繰り上げを検討していた。

 JR西は「運転士の睡眠時間を少しでも増やすことができる。今後も労働条件や労働環境の整備によって安全性を向上させたい」としている。会社員らの帰宅時間が早まることで、飲食店やタクシー業界の売り上げにも影響を与えそうだ。

 JRと競合する阪急や京阪などの関西私鉄では、ターミナル駅発の終電がJRより10~30分程度早い路線が多いが、年々、出発時刻が遅くなる傾向という。

 安部誠治・関西大教授(公益事業論)の話「利益追求より安全を優先する会社に転換する一歩ととらえたい。夜型の生活様式にも影響を与え、環境面の効果も期待できる」

(2009年1月24日  読売新聞)

読売新聞さんの当該記事へのリンクはこちらをクリック

…えーっとですね、この記事の中にはものすごく聞こえのいい言葉がズラリと並んでいますが、実際のところは「金にもならない列車を運行するのはヤメ」ということではないでしょうか。JR西日本は鉄道という公共性の高い企業ではありますが、株式を公開している一般的なフツーの企業です。今回の一件は「お金にならないことを割愛することで利益性を高める」のが狙いではないかと思うのです。

次のダイヤ改正で寝台特急の「はやぶさ」と「富士」が廃止され、夜行快速の「ムーンライトながら」と「ムーンライトえちご」が臨時列車に格下げとなります。この側面だけ切り取れば「夜行列車の文化を無くすな!」と高らかに叫んでみたくもなりますが、実際は利用客数が減少した、簡単に言えば「利用されなくなった」から廃止されるワケです。

それと同じような図式が今回の記事には見え隠れしています。実際に終電が遅くなっても利用する人は大抵定期券を持たれた方、つまりは「固定客」です。固定客も大事なお客様の一人ではありますが、それよりも通常の切符を買って乗られるようなお客様が増える方が収益の面から見ると大事だったりします。

乗る際に切符を購入するようなお客様の場合、わざわざ終電に乗らなくてもそれ以前に帰宅できるよう調整したり、駅近くのビジネスホテルやネットカフェ等に寝床を確保する等「あえて終電に乗らなくてもいい」選択肢を取る方が多くなったような気がします(現に私も宴席がある時は何があってもいいようにホテルをわざわざ用意するようになりました)。

運行しても利益が上がらないのならば、利益を上げるために運行しないようにする。これは経済上ごく普通の事だと思います。でもその考え方はあくまで「利益追求」の一つです。それなのにどうして「安全」とか「運転士のミスを防止する」等の聞こえのいい言葉を付けるのでしょう。安全対策はコレで万全だと宣伝したいのでしょうか。

…さて、次の記事の更新はいつになるんでしょうか?この後不意に更新しますので今しばらくお待ちください。

|

« 広島に行ってきますです。 | トップページ | とまれコレクション »