« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

中之島線に行ってきました

 先日大阪市内に京阪中之島線が開業しました。

Asobi01 Asobi02

もちろん近隣在住の京阪っ子である私、開業初日から体調不良を押して見てきました。事前情報として色々と語られていた内容が実際この目で確認できただけでも感慨無量だったりしますが、そこはソレ。ちょっと今回はデザインに関して偉そうに語ってみようかと思います。

Asobi03

 中之島線の各駅の駅舎(というか地下空間なので改札口周辺と言った方がいいのかもしれません)を見てまいりましたが、全般的に「上手にコストダウンしているなぁ」というイメージが強いです。例えば中之島線各駅に多用されている木材。

Asobi04 Asobi05

各テレビ局がこぞって「自然素材を多用」と持ち上げていますが、現実問題として建築資材の中では木材が一番安かったりします。不燃材処理をすることでそれなりのコストはかかっていると思いますが、それでもレンガやコンクリートよりは材料費・施工・運搬費用などを合わせると格段に安く仕上がっていると思われます。

Asobi07 Asobi08

天井にも木材を多用していますが、ここにはコストを抑えるもう一つの工夫があります。大抵のコンコースは天井を覆い尽くす設計が行われていますが、中之島線各駅の場合大半はあえて隙間を空けています。

Asobi09

コンコースを歩く際は視覚には広い面だけが見えますので、一つの繋がった天井のように見えますが、実際はそんなことありません。あえて裏側を見せることでメンテナンスを丁寧にさせようという意図をこの天井から感じ取れます。

Asobi06

中之島線の各駅にはガラスを多用した場所もありますが、これもガラスによる視覚効果が心地いいだけでなく、清掃がしやすい上に意外と強度があるので壁にコンクリートを使わなくて済む(=施行の効率化)があるのではないかと推測できます。

Asobi10 Asobi11

…何か夢のない話になっちゃいましたが、ここ最近は駅舎だけでなく公共施設やテナントビルなどがこういう自然素材を組み込んだデザインを使うケースが多くなりました。コレはコスト面だけでなく視覚や嗅覚などの五感に働きかける「遊び」が公共のデザインに要求されるようになってきたのではないかと私は推測します。

Asobi12

(中之島駅の西側にはシールドマシーンのオブジェが)

どれも普段何気なく聞き流したり、当たり前のように見えている景色の様に感じられますが、実はこういうところが人間生活にとっては大事だったりします。人間、真面目一本槍だとそのうちどこかでガタがきます。そこで「遊び」。遊びがあるからこそ生活に潤いが生まれ、次への躍動感になるのではないかと私は考えます。もっとこういう場所が増えるといいなぁ。そう思いつつ今日はペンを置かせて頂きます。御清聴ありがとうございました。

|

2008年10月19日 (日)

新しい新幹線の名前を妄想してみた

(注意:今回の記事は妄想です。JR西日本さん、JR九州さんとは一切関係がありません)

 来週10月20日より「山陽新幹線と九州新幹線を直通する新幹線の列車名」の応募が始まるそうです。詳しくはこちらのサイト(http://www.shinkansen-name.com/)をご覧頂板方が早いと思いますので説明はあえて割愛させて頂きます。

 で、この新しい直通用の新幹線に書かれているロゴや車内の様子などを見ていると、何となく列車名が思い浮かぶんですね。以前レルコンでも書かせて頂きましたが、新大阪駅から熊本駅までの列車は従来使用していた「ひかり」、そして新たに直通運転する列車は「さくら」になると思うのです。

Shinkansenmoso001 Shinkansenmoso002

…過去「リレーつばめ」が走行する前にリニューアルされた787系。この車体に付けられたエンブレムに、新幹線開業前(つまり「つばめ」から「リレーつばめ」に列車名が変わる寸前)にシールで一文字追加されています。ちょっと強引ではありますが、この論理を用いて直通運転のロゴに桜の花びらを追加してみますと、

Shinkansenmousou01

(ロゴに似せた文字の上に桜の花びらをデザインして追加)

…どうです?何かの文字に見えませんか?花弁と文字を別々に認識すると何も見えなくなります。これらを一つの造形として見てください。すると…

Shinkansenmousou0102

そう、光という文字が浮かび上がるではありませんか。「ひかり」と「さくら」が一つの空間に見事おさまっています。そうとなれば妄想はますます酷くなります。昔取った杵柄、某芸術大学で映像を何となくやっていた私はついでにこの新しい直通用新幹線のCM絵コンテを作ってみました。

Shinkansencue01 Shinkansencue02 Shinkansencue03 (どれも大きい画像です。注意して下さい)

プロから見れば取るに足らないものかもしれませんが、まぁ勢いで書いちゃったというところだけ評価して頂ければ幸いです。

|

2008年10月15日 (水)

月光に向かって走るあの列車を見送ろう

  10月です。神無月です。レルコンを長い間ご覧になられている方ならお分かりかと思いますが、また一つ年を取りました。

「おめでとう、オレ」

「ありがとう、オレ」

…というわけで、今年も自分で自分をお祝いします。ええ、ものすごく強がりです。

さてお祝いするとしても何をすればいいのか。私自身物欲や金銭欲、性欲や独占欲といった欲望が殆ど無い人間なのでこういう時どう自分自身を祝えばいいのかが困ってしまいます。ただ今回は違いました。誕生日を迎える数日前に

「寝台特急『富士』『はやぶさ』が来年3月で廃止」

というニュースが飛び込んできました。残念なニュースではありますが、誕生日前にこのニュースが飛び込んできたというのは何かの縁。残り少ない彼らの活躍をこの目に焼き付け、それを今年の誕生日プレゼントしよう。今回はその一部始終をご覧戴きます。

2008yako01

(これが寝台特急のマーク。デラかっちょいい。)

 その前に「ブルートレイン」をご説明申し上げます。高度成長時の1958年に夜行列車専用車両として製造された20系客車。この客車の車体は青一色に統一され、その姿が美しいところから「夜行列車」=「ブルートレイン」という図式になったようです。

2008yako03a

(ブルートレインの写真を探したら約10年前の写真しかなかった)

私が子供の頃はブルトレブームがあり、鉄道雑誌を見ては「ブルートレイン、かっこいいなぁ」なんて思っていたものです。その後生活様式の変化や車両自体の老朽化等様々な要因が重なり「ブルートレイン」は次々と廃止され、寝台車両のみで構成される夜行列車は10本に満たない状況となりました。

2008yako04 2008yako05

(左:東へ向かう優等列車の時刻表、右:西へ向かう優等列車の時刻表)

 来年の3月に廃止になる「富士」と「はやぶさ」は東京と大分・熊本を結ぶ通称「九州ブルトレ」であり、現在東京から九州方面へと走る唯一の寝台特急です。20系客車を使った夜行特急が設定された当初は京阪神地区を深夜に通過するダイヤでしたが、現在は九州方面へ向かう列車のみ京都駅と大阪駅に停車しています。

2008yako023

(23時頃の大阪駅コンコース)

 「富士」と「はやぶさ」が東京駅を発車するのは18時3分。スピードを出せない寝台客車ですので、大阪着が次の日の1時。テレビ業界でいうところの25時、つまりはド深夜になるというわけです。そんな時間だとよい子は眠っているでしょうし、恨みを晴らしたい人はそろそろ五寸釘と藁人形を抱えて神社へ移動を開始していると思われます。自宅から大阪駅は意外と距離があります。私は大阪駅近くの格安ホテルに寝床を確保し、深夜の大阪駅へと出向きました。

2008yako03 2008yako02

(左:パタパタには夜行列車しか並んでいない。右:桜橋口のバスターミナル)

新幹線の最終も出て、急いで帰宅する人々が多い23時の大阪駅。桜橋口の真横にあるバスターミナルでは各地域に発着する夜行バスが次々と発着していきます。深夜の移動という需要を満たしているのは残念ながら列車よりもバスになってしまいました。…とはいえ夜行列車は数が少なくなっていてもまだまだ運行しています。「富士」と「はやぶさ」を見送る前にホームに上がって見てみましょう。

2008yako06

(駅構内に入るには入場券が必要なので購入)

まずは北陸方面と新潟を結ぶ急行「きたぐに」。

2008yako01b

(フラッシュ撮影厳禁なので映像からトリミングしました)

夜は寝台、昼は座席に変えることができるという特殊な客室構造を持った583系が「きたぐに」には使用されています。

2008yako07 2008yako08_2

(左:寝台をセットした車両。窓の上にある丸は寝台時に使う窓。右:座席状態の車両)

その特殊な構造故に一方には寝台、もう一方には座席という使い方をしています。大阪駅から滋賀県へ向かう最終列車の意味合いもあるのか、シーズンオフなのに結構な乗車率となっています。

2008yako09

(入場券は発売から約2時間までなので新たに購入)

2008yako025 2008yako026

(夜行列車が運行しているのでみどりの窓口は営業中。でもモニターの表示は終了)

次にやって来たのが東京へ向かう寝台特急「サンライズ瀬戸・サンライズ出雲」。

2008yako01a

(こちらも映像をトリミングしました)

東京行きの最終列車ということもあってか、結構大阪駅から乗車される方が多いのが印象的です。私も何回か利用させて頂いてますが、寝ころびながら朝早くに東京へ到着できて結構便利です。

2008yako010 2008yako011

(「サンライズ」は厳密に言うと寝台特急ではありません。編成中央に「ノビノビ座席」というカーペットが敷かれた部屋があるため。運賃+特急指定席料金で乗れるのでここは便利です)

 

サンライズ瀬戸・出雲を見送り、ここからいよいよ本番です。

 

2008yako015

(誰もいないホーム)

サンライズが出てから約10分後関西地域の最終列車も次々と出発し、駅から人が次々と去っていきます。

2008yako012 2008yako013

来る列車は全て大阪止まり。降りる乗客は黙々と改札口へと向かいます。

2008yako0a

乗客がいなくなる一方、ホームには大阪駅の改造に伴う工事関係者が次々と現れました。新しい駅ビルの工事も始まり、いよいよ部外者という立場が明確になってきた感じがします。

2008yako017

2008yako018

2008yako020

コンコースには誰もいなくなりました。普段は人で溢れかえる大阪駅も、こんな時間があったのかと思えるほど。静寂だけが駅に佇んでいます。

2008yako016

(傍目から見ると猛烈に寂しい人)

大阪駅に私は独りぼっち。はた目から見ると深夜の駅で何をやっているんだろうと怪しさ満載です。そこに追い打ちをかけるアナウンスが構内に響き渡ります。

『本日の運転は終了しました。お降りのお客様は改札口までお越しください。シャッターを閉めます』

深夜とは思えないボリュームでホームに響きます。そして私が見送ろうとしたホームにも改めてアナウンスが。

『間もなくシャッターを閉めます。改札口までお越しください』

明らかにこのアナウンスは私向けのもの。私はその言葉を素直に受け入れ、改札口に向かうことにしました。

2008yako019 (憮然)

…今回は見送ることを断念せざるを得ない状態となりました。まだ3月まで時間はあることですし、その際は実際に大阪駅から乗って最後のブルトレを味わおうかと考えております。まぁ誕生日の目的としては成立しませんでしたが、それ以上の興奮を味わえただけでもヨシとしますか。

2008yako0b(こういう表示はある意味絶望を表しているよね)

 

 

<オマケ>

2008yako022

(「シャッターを閉める」と言っていたアナウンスは本当だった。改札口を出て正直焦る)

|

2008年10月 6日 (月)

想い出にかわるまで

前回の記事でもお伝えしましたが、先日用事で広島へ行ってきました。

Baseball01 Baseball02

広島と言えば鉄なら即座に思い浮かぶのが広島電鉄・通商広電。街中を走る路面電車をぼーっと眺めているだけでも至福。まぁこの地域のJRが旧国鉄車両ばかり集合しているからか余計に広電さんが輝いて見えます。その広電に広島駅から乗ること数分、原爆ドーム前に到着します。

Pict0183_1

(写真は2006年撮影)

1996年に世界遺産へと登録された人類の過ちを刻むドーム。一瞬のうちに廃墟と化した街を象徴する遺跡の北側に、人々の勇気と希望を刻む場所があります。

Baseball03

広島市民球場です。1957年に開設され、それ以来広島の代名詞ともなった広島東洋カープの本拠地として利用されてきました。

Baseball04 Baseball05Baseball06 Baseball07

(意外と知られていないが市民球場の横には「勝鯉の森」という記念碑が置かれている場所がある。)

本拠地最終戦ではスタンドが真っ赤に包まれ、宇宙戦艦ヤマトのテーマに乗せて日本シリーズをこの場所で!…と歌っておりました。この後の顛末は皆様ご存知の通りです(っていうか、戦艦大和も帰ってこなかったですし)。

Baseball08

今後広島駅近くにできる新しい市民球場に本拠地が移り、今後この場所はどうなるのかは未だに決まっておりません。平和公園が近いからそういう施設ができるのか、それとも新たな集客施設ができるのかはわかりませんが、もしできるのでしたらこういう場所は必ず作って頂きたい!という場所が大阪にあります。

Baseball010

大阪は難波、南海なんば駅から直結する新たな集客施設「なんばパークス」さんです。大阪の人ならご存知でしょう。

Baseball011 Baseball09

この場所は元々大阪球場という南海ホークスが本拠地としていた球場がありました。それが今ではオフィス・レストラン・ショップ・マンションといった浪花版の六本木ヒルズみたいな施設へと変化していきました。

Baseball017

なんば駅から歩道橋を歩いて行くと、ちょっと目立つ案内板が出てきます。そこを目印に進んでいくとちょっと変わったタイルが見えてきます。

Baseball012

デザイン的に不思議な床面ですが、それをじーっとよく見るとホームベースとピッチャーマウンドにデザインされています。

Baseball013 Baseball014

この場所が大阪球場だからこういうのを作っているのかと安易に考えていたら、なんとこの場所に大阪球場のホームベースとピッチャーマウンドがあったそうです。

Baseball015

つまりこの場所でピッチャーはキャッチャーにボールを投げ、バッターはボールをスタンドへと打ったんでしょう。そう思うと感慨にふけってしまいます。そこで思わず…

 

 

Baseball016_3

プレイボール。

|

2008年10月 3日 (金)

百貫デブはケツの肉が取れる夢を見る・まとめ

(これは親族の結婚式に出席する際「ついでだからレルコンの取材っぽいことにしてしまおう」と安易に考えて実行した結果、尋常じゃないレベルの辛さを味わった男の記録をまとめ、追記したものです。尚この更新に先駆けリアルタイム更新の項目は削除させて頂きました。予めご了承ください。)

 さて、携帯からの更新をやって数日経ちました。やはり30代、気持ちは若いが体は確実に錆びつき始めております。夜行バスに乗って有意義に帰ってくると思いきや、体のいたるところが攣り始め、帰宅後夜行バスに乗っている時間以上にグッスリと寝入ってしまいました。どうしてそんな状態になってしまったのかリアルタイムで更新した内容を参照しながら検証してまいりましょう。

2008/09/26 16:30 タイトル:広島着きました

広島着きました
早速投稿します。
広電の車内広告にいーね君、実にいい感じです。

…14時台の新幹線で大阪を出て、16時ちょっと過ぎに広島へ到着しました。ホテルにチェックインした後、勝手に自由行動として広島市民球場の最後の姿を目に焼き付けようと広電に乗って移動していた時に撮影しました。この時はちょっとテンションが高かったんですねぇ。いや、実にどうでもいい記事です。

2008/09/27 22:03 タイトル:まもなく

まもなく
やられます。

…このころ合いになるとテンションは最高潮。いよいよ夜行バスに乗るぞ!とヘンなテンションになっていた時です。この後約1時間の間「夜行バスに挑む前に、まずは一杯。ホテルのバーで一杯飲みましょうか」と近くのホテルに行ったので更新が途絶えます。

2008/09/27 23:02 タイトル:行程

行程
今回はドリーム号。
サザンクロスは南海なんば駅に行きます。
だからサザンか。

…前回の更新から約1時間。この間にホテルのバーで3杯ほどカクテルを頂き、結構いい感じにできあがっておりました。どうでもいい話ではありますが、広島駅の新幹線口周辺は時間を潰せる場所がホテルのバー位しかありません。ここら辺はやっぱり勤勉な県民性が影響しているんでしょうか。

2008/09/27 23:06 タイトルなし

…いよいよバスがやってきました。二階建てのニクいあんちくしょうがバス特有の音を響かせて停車しております。しかしこの時点で私はちょっとだけ焦っておりました。その理由が次の写真。

200809272335000 200809272343000

そう、なんと私の乗車するバスは平屋タイプ。  二階建てタイプが「エアロキング」と呼ばれているので「そうか、今宵はキングと対決か」と思いきや、普通のバス。しかも二階建てタイプから遅れて到着したので「オレの乗るバスはいつ来るんだ?」と軽く慌てておりました。

2008/09/28 01:22 タイトル:福山レポート

福山レポート
前半戦終了。

2008/09/28 01:24 タイトル:福山レポートその2

福山レポートその2
これは厳しい。

…今回乗車した山陽ドリーム広島号は福山パーキングエリアで休憩を取りました。乗車してから2時間、通常のバスならばちょうどいい間隔だと思うのですが残念なことに時間が深夜。ちょうど寝入ったところに「起きなさいよぉ!」と言われるとねぇ。でもちょうど膀胱がいっぱいになりつつあったのでコレは正直救いでした。それにしても何をもってして

「厳しい」

なんでしょうねぇ。更新した際この顔をドーンと見せられる方が厳しいんじゃないでしょうか。

2008/09/28 01:28

タイトル:後半戦は

後半戦は
これで戦います。

…「これで戦う」と言ったって相手は単なる公共交通機関です。別に戦う必要性はないのですが、『盛り上がるんじゃねぇか』という安易な思いで書き込んだと考えられます。ちなみにアイマスクと空気まくらはバスが発車する前に用意しておいた方が無難です。酒と睡魔と疲れと孤独にやられていた私はバス乗車後あっという間に寝入り、無防備のまま過ごした結果首に軽い痛みを覚えてしまいました。

 

Debu02 Debu01

…で、この後バスは5時55分定刻通りに大阪駅桜橋口のバスターミナルへと到着しました。この際に更新が無かったのは「本気でやられていた」ため。もう本気で

「頼むから早く着いてくれ」

と懇願しておりました。だって1時半に寝て5時には起こされる。んなもんオレは宮根誠二じゃないんだからそんなに早起きを強制されるなんて、ねえ。…とにかく、夜行バスにはもう少し修行して耐えられる体を得てから乗るようにします。あと乗る前には寝酒は控えましょう。

 

<オマケ>

Debu03 

その後阪急梅田駅まで移動したらちょうど目の前に夢湖観光バスが止まっていた。これが噂のナイトバード?(笑)

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »