« アクロバティック・京阪 | トップページ | 趣がありすぎる駅 »

2008年4月19日 (土)

桜(番外編)

 京阪電車さんが中之島線開業と同時に色々と新しい試みをスタートするそうです。この一報を聞いて「よっしゃ妄想ネタをもう少し膨らまして…」なんて考えていましたら、ものの見事に朝日新聞さんが詳細を書いてらっしゃる。色々とこの詳細から読み取って妄想力を膨らませるのも可能ではありますが、ここまで詳細に書かれますと妄想する楽しみも無くなります…と言いますか、確実に一つのネタが飛びました

 ただコレで更新できませんなんてことになるのはちょっと寂しい。そこで今回は先日コネタ道場さんで採用していただいた「桜で桜を慈しむ」の番外編、桜の映像でお楽しみ頂きます。近日中にもう少し小さなネタも掲載致しますのでそちらと合わせてお楽しみいただけたら幸いです。

 まずは意外と知られていない絶景、京阪交野線の郡津(こうづ)駅から村野駅まで沿線に広がる桜並木の映像。

(これぞ桜並木)

…美しいではありませんか。コレを撮影したのが大阪で散り始めという文字が躍りだした4月5日。電車が動くたびに花びらがチラリチラリと舞い降りる姿、桜が最も美しく輝く瞬間であります。

 

 続きまして桜と鉄道という繋がりから連想すると必ず出てくる路線、京福電車さんの北野線鳴滝駅から宇多野駅間にある通称「桜のトンネル」です。

(ライトアップする時は減速して通過する。昼もいいけど夜もタマラン)

…桜も見事ですが、鉄な方々も見事。桜と鉄道って最高の組み合わせだと思うのですが、どこから集まったんでしょうか?来年時間があれば聞いてみたいと思います。

|

« アクロバティック・京阪 | トップページ | 趣がありすぎる駅 »