« 桜(番外編) | トップページ | ICOCA、名古屋に降り立つ! »

2008年4月26日 (土)

趣がありすぎる駅

  またまた前回の続きであります。

Hakubai03

前回桜並木の中を通過する京福電車の映像を掲載しました。その際最初に乗り込んだのがこの京福電車さんの北野白梅町駅。

Hakubai01 Hakubai02

どうでしょうか、この白梅町駅の趣(おもむき)。「ザ・京都の鉄道」という雰囲気がビンビンと感じられませんか?看板に付けられた昭和40年代を彷彿とさせる独特なフォントの文字、観光案内として取り付けられた実用的な絵画、これこそが京福電車です。

Hakubai07

一歩改札内に入ると外側からは想像がつかない大胆な鉄骨の構造体。一昔前のニュースステーションのセットみたいです。実用性を最重要視したフォルムは今や鉄道遺産に認定されてもおかしくありません。いい感じではありませんか。

…とまぁ、ここまでなら普通の地方私鉄。どこにでもありそうな感じのターミナル駅です。でも私はこの駅を初めて見た時「趣がありすぎる駅」と感じてしまったのです。

Hakubai10 Hakubai13

それは線路に巻かれている潤滑油吸着用のおが屑や駅の片隅に無理やり作られているトイレで感じたのではありません。それはこの駅の「窓」にあったのです。

Hakubai004s_2 Hakubai08

北野白梅町駅は駅舎の構造体の影響で天井に大きな照明機材を取り付けることができません。そこで日常の光源を取り込むべく壁に大きな窓を設置したのですが、これがまたデザイン的にすばらしい。

Hakubai04 Hakubai05

ガラスを清掃するといった行為は駅の真横が道路となっているため簡単に行えません。また道路なので風圧や何らかのアクシデントによって窓ガラスが割れてしまっても即座に変えることはできません。…そう聞くと不気味に感じられてしまいますが、実際肉眼で見ると不気味に感じない。ある種時が作り出した芸術のように見えてしまいます。

Hakubai09

北野白梅町駅の近くには学問の神様として有名な北野天満宮さんがあり、北野界隈を散策するにはもってこいのスポットとなっています。もしお時間がありましたら一度北野白梅町駅の姿をご覧ください。

 

 

<オマケ>

Hakubai12

(大将軍商店街におられる妖怪さん。駅の雰囲気にマッチしすぎ)

この京福電車さん、昨年「妖怪電車」と名付けたイベント列車を運行しました。『妖怪の扮装をすれば乗車料金が50円』ということで、色々な妖怪さんが集まったそうです。ただ京福電車さんいわく妖怪さんは出来る限り始発駅から乗ってほしいとお願いされていました。今年もコレ運行されるんでしょうか。

|

« 桜(番外編) | トップページ | ICOCA、名古屋に降り立つ! »