« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月12日 (火)

休載のお知らせ

 いつも「レールウェイコンシェルジュ」をお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルどおりですが、暫くの間お休みを頂戴いたします。本日、私の親族に不幸がありました。私自身も現在心の整理が出来ておりません。心の整理がつき次第再開いたしますので、しばしお待ち頂ければ幸いです。

レールウェイコンシェルジュ・あすやん。

|

2008年2月 9日 (土)

妄想浪漫鉄道・ふたたび

 このブログを更新する前、時々「どういう風にネタを発表すればいいのだろう」とメモ帳に色々と書き込むことがあります。方向性を決めかねている時や、見せるための写真配列などコレでも一応悩みながら作業をしているワケです。今回の更新は前回御説明しましたが、一切費用をかけずに更新するのを前提に考えました。費用をかけないということは、当ブログの場合大抵は『妄想をする』という短絡的発想に直結します。

…何せ妄想はお金がかかりません。パソコン一台、メモ帳一枚、鉛筆1本あれば後は脳みその中をグルングルン回転させればいいだけ。しかしながらこれらの妄想を発表するのは『現実離れ』『鉄道オタクの戯言』『電波を受信している』等のマイナス的印象を与えかねないワケです。いっそ何処ぞの旅行業者代理業の国内旅行業務取扱管理士の様に

『アッチェイ』

なんて言えれば「ああ、ああいう人なんだね」と認識されて万々歳なのですが、そこはソレ。「翳した妙なプライド」や「まもなく崩れるであろう意味の無い理想」が何とか私を保ってくれています。…前書きが長くなりました。それでは妄想浪漫鉄道を始めてまいりましょう。

Sakura04

今回妄想のネタにさせて頂くのは今年の秋口に開通するといわれている京阪電車さんの中之島線。天満橋駅から中之島、関西在住の方ならばリーガロイヤルホテルさんの近くまで路線が延伸すると言えば何らかの目安になるかと思われます(詳しくは京阪電車さんの特設ページをご覧ください)。さて、ここから何時ものとおり妄想がスタートするわけです。

Pict0076_2 Takarakuji07

(現在の京阪電車淀屋橋駅の様子)

 現在京阪電車さんは大阪の淀屋橋まで運行しています。淀屋橋といえば大阪を代表するオフィス街『御堂筋』と直結しています。この他に証券の街「北浜」や官庁街の天満橋と結構重要な箇所を押さえているわけです。一方新たに出来る中之島線沿線は「なにわ橋」駅と「大江橋」駅まではほぼ現在の京阪本線と平行して走行、その後再開発されるフェスティバルホールが隣接する「渡辺橋」駅、そして大阪国際会議場という副名称を持つ「中之島」駅。今まで公共交通機関が無く、意外と不便だった場所を押さえるかの様に駅が設置されています。

Hoteichim4 Hoteichim3

(左:リーガロイヤルホテルの無料送迎バス、右:大阪駅前に設置されている案内)

 一見便利だなぁと思われますが、問題はこの中之島線の需要が現在全く予想できないというところ。確かに中之島界隈は公共交通機関が無く、大阪市内では陸の孤島とまで言われていました。特にリーガロイヤルホテルさんに行く際は大阪駅前か淀屋橋駅前で無料送迎バスを利用するか、タクシーで移動する位しか無かったわけです。時間が読める公共交通機関が出来たということは喜ばしいことではありますが、その交通機関の利用価値が無い場合は全く持って無意味になると思われます。

Hoteicim1_1 Hoteichm2

(関西のホテイチブームの火付け役となったリーガロイヤルホテルさんの「グルメブティック・メリッサ」さん。バンケット(宴会)をやっていない時間、何も稼動していない厨房機器を有効活用したのが始まり…だというのはあまり知られていない)

 現在中之島界隈は再開発の真っ只中。近年の再開発は商業施設だけでなく居住地区も併設され、その界隈だけで完結することが可能となっている場合がほとんどです。しかも中之島の場合、関西圏有数の商業地域がある大阪駅から程近く歩いてでも行ける距離。それ故に需要が如何程になるのかが判りづらいワケです。今回の妄想ダイヤはその面も配慮して考えていかねばいけません。

Koneta20080209 

(少し前の天満橋駅で佇む1900系さん)

 そして最も重要なのが配線。京阪沿線の方ならばお分かりかと思われますが、現在天満橋駅から淀屋橋方面へ向かう列車は全て4番線から発車しています。昔は天満橋駅発着列車専用のホームとして使われていました。京橋駅からはポイントを渡って入選するように設計されているので、どうしてもこの路線に入る場合減速を強いられる格好となっています。一方の2番線へと向かう元本線は減速することなくすんなり走行できる状態です。

これから推測するに京阪電車さんは<中之島方面=本線、淀屋橋方面=支線>として考えておられるのではないかと。しかしながら需要という面から考えると、地下鉄御堂筋線と直結する淀屋橋駅の集客率は見過ごすワケにはいきません。さぁ、お待たせいたしました。ここから私が妄想したダイヤを発表してまいります。

1:運行サイクルは現状の10分ヘッドを採用。

…15分ヘッドから10分ヘッドに変わった結果、ダイヤをいちいち駅の時刻表で確認しなくても大体わかるようになりました。同じようにダイヤを提案されているサイト様には現状を刷新して20分ダイヤなどとおっしゃる方もおられますが、ここはあえて現状の運行サイクルを維持します。…まぁ単に今のダイヤを流用しやすいだけなのですが。

2:京阪本線・中之島線には優等・普通列車を同等配置。

…単純に需要が読めないというだけですが、この配置方法は意外とアリだと自負しております。優等列車をどちらか一方に固めると問題があります。あえて分散させることでお客様が利用しやすい状態にしていきます。

3:昼間時の京都直通普通列車の廃止。

…こう聞きますと「えー!」という声が聞こえてきそうですが、あえて廃止する方向性で考えます。ここらへんは「妄想」ですので、ちょっと面白くするためあえて廃止とさせていただきます。まぁひとつの可能性を提示するのですから、若干おかしな部分もあったほうがバラエティ的にいいんじゃないかと

 

…ちょっと長くなりました。続きは後ほどお送りします。

|

2008年2月 2日 (土)

これから暫くの間

 先月『パソコンが壊れたので休載します』という言い訳をこの項目でさせて頂きました。その後新たにノートパソコンを購入し、これからきちんと更新していこうと思っていました。が、冷静に考えますとこのノートパソコンを購入した結果、お財布の中が緊急事態宣言を通り越して財政再建団体になるのではないかと思える位の状態になってしまいました。流石は「金を失う道」と書いて「鉄道」。

 鉄道の写真を撮るだけならばそれほどお金はかかりません。移動するだけならばこれも尾色々と調べれば安いプランもありますからそこはソレ。ただしレルコンの場合通常では考えられないアプローチのやり方をする場合があります。例えば「つばめの被り物」。

Jrq14 Tsubame11

(左:2007年夏の「つばめ」、右:2007年春の「つばめ」)

 発泡スチロールと紙粘土、そして少量のプラスチックで構成されたこの被り物、さっき調べたらコレを作るだけで2千円かかってます。これを単体で運ぶと結構破損します。そこでここ最近では新たにゆうパックのダンボールを購入、目的地で撮影後は郵送で自宅まで輸送という方法を取っています。これがまた高額で郵便局に持ち込んでも千円。横見さんではありませんが「千円札がティッシュのように飛んでいく」という状態であります。そりゃこんなことをしていたらお金が無くなるわけです。

Angya09 Ido31

(今まで一番お金がかかったのは東京への取材、決まったのが約2週間前だったので東京へのパックツアーが取れなかった。結果自分自身で発注するハメになり、結局大赤字になった)

…そこで今回から暫くの間お金をかけることが無いやり方で鉄道を多角的に検証しつつ、皆様に鼻で笑っていただけるような項目をちょこちょこと続けてまいります。どこにどうお金が使われていくのか、そしてどれだけの緊縮財政なのかを想像しながらお付き合いください。

まずはあの項目の関西版から始めてまいります。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »