« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月24日 (木)

黄色い線の内側をさぐる。

 当レールウェイコンシェルジュでは時々「社会派」っぽい項目が登場していることにお気づきでしょうか。つばめのかぶり物を被って徘徊したり、駅で寝転んだり身銭を切って高級ホテルに泊まったりしているちょっとヘンなブログではありますが、時には真面目になって色々なことをお伝えしております。今回はちょっと真面目にお話をさせて頂きます。

Tenji01

皆さんはこの黄色いブロックを見たことはありませんか?公共施設や歩道などに設置されている『点字ブロック』というものです。正式名称は『視覚障害者誘導用ブロック』といい、バリアフリーの普及に伴い公共施設のみならず一般の商店などでも設置されることが多くなりました。

Tenji001 Tenji002

(左:阪神岩屋駅、右:阪急梅田駅)

Tenji05 Tenji04

(左:点状ブロック、右:線状ブロック)

点字ブロックは注意を表すための点で構成された『点状ブロック』と、進行する方向を示す『線状ブロック』の2つで構成されています。駅の構内でよく見かけるのは『点状ブロック』、列車が進入してくるプラットホームに多く設置されているのがよく見受けられます。

Tenji02 Tenji03

(左:阪神甲子園駅、右:JR東海・東海道新幹線京都駅)

 この点字ブロックの色合いのおかげで駅構内で流れるアナウンスも若干変化がありました。今までなら「白線の内側にお下がりください」と言うべき場面では「黄色い線の内側で」と注意喚起されるようになりました。しかしながらこの点字ブロック、よく見ると各鉄道会社によって形状が異なっています。今回は鉄道事業者が設置した点字ブロックを見てまいりましょう。まずはJR京都駅。

Tenji06 Tenji07

(左:JR西日本京都駅、右:JR東海京都駅)

施工時期や設置環境など違いはありますが、ほぼ同じ形状の『点状ブロック』を使用しています。ただ違うのは同じ点字ブロックでありながらも色が若干違います。JR西日本さんの方は例えるならばレモン色っぽい黄色、JR東海さんの方は山吹色っぽい黄色。どちらも水彩絵の具の12本セットを買ったら必ず付いてくるそんな微妙な違いです。

Tenji08 Tenji09

(左:阪急高槻市駅、右:阪神岩屋駅)

 いまやすっかりグループ会社となってしまったかつてのライバル、阪急電車さんと阪神電車さんのを比べてみますと、阪神さんの方はJR西日本さんと同じ形状なのに対し、阪急さんの『点状ブロック』は粒の数が若干多め。おやおや阪急さんはこんなところにも大サービスしてらっしゃるのか…と思ったところ、私は衝撃的なことを発見してしまうのです。

Tenji10 Tenji11 Tenji12

(左:阪神春日野道駅、中:阪神岩屋駅、右:阪神久寿川駅)

これらはすべて同じ阪神電車さんの駅構内及び駅付近にて撮影されたものです。各々に使われている点字ブロックの形状が違いすぎています。最も新しい時期に改装された春日野道駅では『点状ブロック』に一本だけ直線、すなわち『点状』と『線状』が組み合わさった点字ブロックを用いています。それ以前に改装された岩屋駅では同時期に改装されたであろう駅前広場と駅構内を結ぶ点字ブロックの規格が微妙に違っています。そして最後の久寿川駅の出入り口周辺はまるで『点状ブロック』の見本市状態。

Tenji18 Tenji19 Tenji20

(左・中:阪神青木駅、右:阪神甲子園駅降車ホーム)

設置場所にも驚かせるのが阪神さんです。阪神青木駅に設置されている『点状ブロック』はホームの柱へぶつかることを避けるために柱に沿っています。あの甲子園球場でおなじみの阪神甲子園駅では降車用ホームだけに従来よりも小さい点状ブロックが設置されているだけ。…これだけでビックリしてはいけません。将来的に乗り入れる近鉄電車さん、この京都駅の点字ブロックが今までの考えから超越したものとなっています。それがコチラ。

Tenji13

(近鉄丹波橋駅)

なんだこの微妙な『線状ブロック』の形は!

Tenji14 Tenji15

(左:近鉄京都駅コンコース、右:丹波橋駅、手前が近鉄管理、奥が京阪管理)

どうも近鉄さんでは一時期『線状ブロック』に特殊なものを使っていたようです。しかし実は特殊な形状として取り上げたこの点字ブロックも実は正しい点字ブロックなのです。それならば一体どうしてこんなにも多種多様な形状が生まれてしまったのでしょうか?

 1967年、点字ブロックは初めて岡山で設置されました。目の不自由な方にとって情報を足の感触だけで伝えるというこの点字ブロックは瞬く間に全国へと普及していきました。ですが、普及していく一方で点字ブロックの「統一された規格」というのはありませんでした。

Tenji21 Tenji22

(どれも点字ブロックだが、JIS規格外。特に左は手作り感が強い)

 その為点字ブロックを作った各々の会社が「こうすればいいのではないか」と善意で想定してしまいその結果、点字ブロックの形状は2001年まで統一されないという事態になってしまいました。現在はJIS規格によってある程度揃えられるようになりましたが、それまでは目の不自由な方に混乱を与えかねない状態となっていたようです。

 これからはある程度統一される方向になると思われますが、こういうところはもっと最初の方に統一できていたらなぁ…と撮影しながら思いました。

|

2008年1月19日 (土)

パソコン復旧しました。

 先週の金曜、パソコンが壊れたという旨を当ブログに掲載しました。実際のところ去年の12月頃からパソコンを買い換えようとしていたのですが、

「まぁいいか、OSがMeでも動くしネットも繋がるしちょっと様子を見ておこう」

…と、問題を思いっきり先送りしておりました。その結果先週のような醜態をお見せすることとなってしまいました。ある日突然パソコンがセーフモード状態のままになり、最後の手段として使われる「リカバリーディスク」も受け付けない、正に『ぶっ壊れた』状態。中に入れていたレルコンの資料もあっさりと消えてしまいました。八方塞りとは正にこの事を言うのでしょう。

次の日からパソコンを買うため色々と徘徊する日々が始まりました。この壊れた時期というのが「決算」と「正月バーゲン」の狭間で、意外と商品が手薄になる時期なんだそうです(情報源はミドリ電化さん)。その為欲しかったスペックの商品が入手できず、毎日がモンモンとしておりました。

ただ、捨てる神がいれば拾う神もいます。先週の土曜日、たまたま所用で訪れたヨドバシカメラ梅田店さんでちょうど欲しかったスペックの商品がタイムセールでお安く販売されており、勢いで購入してしまいました。税込みで16万円のノートパソコンさん、今まで使っていたデスクトップのパソコンの3倍以上の性能を持つ愛いヤツです。今回の更新からはこのパソコンさんを使って更新させていただきます。

当ブログを楽しみにされておられる方々には改めて深くお詫び申し上げますと共に、今後はこのような事態に陥らないよう万全を期してまいりたいと考えております。どうか末永くご愛顧頂けます様お願い申し上げます。

 

レールウェイコンシェルジュ・あすやん

|

2008年1月 8日 (火)

今週更新分休載のお知らせ

いつも御覧頂きましてありがとうございます。
表題の通りですが、今週は早々ではありますが、更新を休止させて頂きます。実は昨日、パソコンさんがご臨終しました。まあその内買い替えするかと考えていましたが、こんなに唐突に別れが来るとは思っていませんでした。今日ソフマップさんやビックカメラさん、ヨドバシさんに行ってみましたが、どこも品薄状態が続いているみたいです。

パソコンを買うまでの間、暫しお休みを頂戴します。更新の手筈が整い次第ご報告いたしますので、今暫らくお待ちください。

|

2008年1月 5日 (土)

新春放談

 新年明けましておめでとうございます。

…いやはや5日ともなると正月気分はスッカリ抜けていらっしゃることでしょうが、一応今年初めての更新ということなのでこの御挨拶から始めました。皆様はこの年末年始、いかがでしたでしょうか。もちろん私は食っちゃ寝食っちゃ寝と実に不健康な年末年始を過ごさせて頂きました。で、もって新年一発目ということもありますがちょっと暴言めいた事をガラにもなく書いてまいります。読みにくいぞ!見苦しいぞ!と仰る方々がおられるかと思いますが、そこはまぁ大目に見ていただければ幸いです。

 

>その1。

 このところ当ブログのアクセス履歴を見ていますと、色々な鉄道会社様からのアクセスを頂いております。「どういう感じで取材されているのか?」と思って調べているのか、もしくは「この間アホな奴がホームにおったけれど、アレ誰やったっけ?」と思われているのかは私にはわかりません。でもコレだけは言わせて頂きたい。

閲覧する際は会社のパソコンを利用するのは御遠慮頂きたい。

コレは私自身が緊張するとかそういうワケではありません。正直、閲覧して頂くだけでもありがたいです。が、昼間から堂々と会社のサーバーを通じて何度も何度もアクセスしていると「お前ら本当にきちんと仕事しとんのか!」と思ってしまうわけです。鉄道関係者だけでなく、私の仕事先の関係者の皆さんも同様です。「仕事中にお前何してんだ!」って思うので閲覧したいのであれば自宅でやってください。

 

>その2。

 年末に掲載しました『年末ジャンボ大作戦』。あれだけやって10枚買えば誰でも当たる7等かと思いましたが、6等の三千円当たりました。一応7等だけというオチを想像して新たな『orz』の画像を用意していましたが、三千円当たったのでまぁこれでいいかと。当たっても当たらなくても微妙すぎる展開に多少苛立ちを感じているのは私だけでしょうか。

Nj27

よく考えたらここに金額を書くの忘れてたんですよねぇ…。書いとけばよかった。

 

>その3。

Da34

 今日久しぶりに「コネタ道場」さんに採用されました。まさかこの写真が使われるとは驚きです。親戚一同皆大笑いして二度と親戚づきあいしてくれないんじゃないかと思う今日この頃ではありますが、ここでサラリと裏話。

 リッツカールトンでリッツを食らう。当初の予定ではリッツカールトンの従業員さん達を巻き込んで大いなるネタにしようと考えていたワケです。ええ。でも問題はこの写真を撮影してくれたベルマンの方。『リッツカールトンでリッツを食べるっていうネタをするために泊まりました』と話したところ、

「お前ネジ10本ぐらい外れたんとちゃうか?」

という位ケタケタと大笑いし始めたわけです。その笑いは心からの笑みなのかそれとも愛想笑いなのか、はたまた嘲笑なのかはわかりません。しかしこの笑いが「怖かった」んです。色々な本(横の項目でも御紹介しています)で、「リッツカールトンはお次回来館された際に心地よいサービスを提供するため、宿泊のデータは全世界で共有する」と紹介されています。

Da27

(サービスで出されたでかいクッキー。美味かったです。一枚210円。高ッ!)

…となると、次回宿泊する際には全ての従業員さん達が私に対して「ナビスコリッツ」を持って見せてくる可能性があるワケです。もちろんコレは大阪のリッツカールトンだけでなく、東京やソウル、バリやロンドン等全世界のリッツカールトンでそういうボケをする可能性があるワケです

今後女の子と親密な関係となり、新婚旅行でリッツカールトンに一発…もとい、一泊とかする可能性がないとも限りません。その際に従業員が次々と「ナビスコリッツ」を応酬してきたら正直彼女へ説明するのがイヤになります。ベルマンさんとドアマンさんには「口外しないように」と念を押し、一人リッツパーティは早々にお開きと相成りました。まぁネットで公表してコネタ道場に投稿してしまった以上口外するも何も無いんですけど。

…もし次回があるとするならば、本当にそういうボケをしてくれるのかどうかもひっくるめて発表していきたいと思います。そんなこんなで今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »