« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

年末ジャンボ大作戦

『覚めない夢など無いのです。だけど夢をみたいのです』

…誕生日記念で行った『クイックピック大作戦』から早3ヶ月。その項目は「アレだけの金額を使ったのに全部ハズレ」という私の心に大いなるダメージを与えるだけでなく、今まで順調だった当ブログのアクセス数までをも激減させてしまいました。ある意味アクセスストッパーでした。そんなことを経験していてもやはり人は夢をみたいのです。スパンコールの着物を着て、小林幸子の様に優雅にNHKホールを舞ってみたいのです。ちょうど季節は年末。年末と言えば『歳末助け合い運動』に『神戸ルミナリエ』、そして『年末ジャンボ宝くじ』。今回も夢を見るために私は宝くじに思いを託そうと思います。

 以前行いました『クイックピック大作戦』では鉄道のターミナル駅付近にある宝くじ売り場で宝くじを購入しました。でも今から考えますとクイックピックはどこで買っても同じですし、所詮機械まかせの所業。己が行動しない、汗をかかずに運を天に任せることをしてはいけないと考えました。そこで今回は有名な宝くじ購入スポットと幸運をお願いするスポットへと皆様をご案内いたします。

Nj01

 まず最初は宝くじの購入。年末ジャンボ宝くじともなると関西地域では大阪駅前ビル前にある特設会場が紹介されますが、今回はあえて東大阪にあります近鉄電車さんの布施駅にやってまいりました。

Nj02

テツとしてはこの布施駅の構造や高く伸びた高架橋など注目する箇所はたくさんあります。その項目は後ほどお話するとしまして、まずは宝くじの購入です。

Nj03 Nj04

近鉄布施駅から歩いて約5分、近鉄奈良線沿線にありますサティ布施店にやってまいりました。地域密着型のスーパーとして長年営業していたことあってか外壁は昭和を感じさせるデザイン。高度成長期に発展した東大阪の町を髣髴とさせています。

Nj05

今回はこのサティ布施店さんの前にある『布施チャンスセンター』さんで年末ジャンボ宝くじを購入いたします。「億万長者へ夢のかけ橋」という文字がさんさんと輝くこの売り場。何故かその間版には大きく「福娘」と書かれています。

Nj06

…関西圏の方で『ちちんぷいぷい』をご覧になられた方ならお分かりかと思いますが、実はこの宝くじ売り場。担当している「宝くじ売りさばき人」の方のお名前がとてもおめでたい(福富さん、大黒さん、えびすや(漢字失念)さん等々)。意図的に集めたのではなく、何故か偶然次々と福々しい名前の方々が集まってこられた…とテレビでは紹介されていました。

Nj07

…しかしながら今回は「おくの」さんという大黒さんや福富さんといった方からすると地味な部類に選別されてしまうような苗字の方から購入させて頂きました。「おくのさんから億の宝くじを購入」…、いいですなぁ。ソレでこそメルヘンだ。

でもそれだけじゃあ安心できません。めでたき名前の方々の次は神頼み。というわけで私は布施から京都のある神社まで移動することにしました。

 

Nj08 Nj09 Nj10

最寄り駅は京都市営地下鉄東西線の二条城前駅。文字通り二条城のそばにある比較的規模の小さな駅です。東西線が出来てから若干沿線の開発が進みましたが、そこは京都。他の地方と比べると比較的情緒を生かした開発が進められています。

Nj11 Nj12

その二条城駅から歩いて3分、西洞院通に到着しました。京都というのはこの筋の名前さえ覚えておけば後は迷うことなく移動できます。これぞ先人の知恵と言ったものでしょうか。御池通からこの西洞院通に入ると、今回目的地となった神社が見えてまいります。

Nj13

年末ジャンボの高額当選を祈るのに最適な神社の名前、それがコチラ。

Nj14

その名もズバリ『御金神社』!…但し読み方は「おかね」ではなく「みかね」なのが多少残念なところ。

Nj16b Nj16aNj16 Nj17

「金」という文字が入っているため、案内が実に直球。 新聞にも「全国唯一お金の神社」と書かれてしまっていますが、この『御金神社』は元々鉱物、特に金属を敬うために作られた神社です。金属を使うというところから派生して『お金』に縁がある、だから「お金の神社」として紹介されてしまったのでしょう。本来ならば

「違うんですよ~」

と優しく注意しなければいけない状況だろうと思うのですが、そこはやっぱり関西人。御金=金銭と解釈されてしまうのならば…とこんなことまでしちゃいました。

 

 

 

Nj15

金色!朱色ではなく金色に塗られてしまってます。THE関西テイスト満載!

Nj17a

まぁ関西テイストは入口の鳥居だけでして、お社自体は平凡な普通の形。街中にある小さなお社になっています。この地域では御金神社さんが災害時に一旦住人の方が集まる場所ともなっているようで、普段はひっそりと佇んでおられるのでしょう。しかしながら時期はちょうど年末ジャンボ。私と同じ目的の方々がたくさんお参りにやって来られていました。

Nj19 Nj20

絵馬は銀杏の葉を模った形状になっています。これはこの神社にある樹齢200年とも言われた銀杏の大きな木にちなんだもの。この神社では神木として扱われています。境内にはこの絵馬が言われているほどに飾られていないなぁ…と思いきや、

Nj21a

真横に沢山飾られてますよコレ!小さいお社とは反比例するかのような絵馬の数、すごいですねぇ。

Nj22 Nj23 Nj24 Nj25

金属を敬う神なのに何時の間にやらお願い事は「お金」に関することばかり。これはこれでいいのかもしれませんが、もっと他に頼むことは無いのかと言いたくなります。私の場合今回は『幸運を得る』という目的があるために仕方なく絵馬にはこう書かせて頂きました。

Nj27

…これで、3億円取れたらすごいことです。多分1億ぐらいはどこかに寄付してしまうかもしれません。ま、その前に当たるわけないんですが。

 

 

 

Nj26

御金神社さんへのアクセスは上記の地図をご覧頂ければお分かりになるかと。一番近い出口は2番出口です。ちなみに『京都全日空ホテル』さんからも近いのでタクシーで来られる方はそちらを目標にして頂くと早く到着できます。

|

2007年12月22日 (土)

リッツのリッツでリッツ(疾風編)

 超個人的なお話ではありますが、どうも今年の風はお腹を直撃するみたいです。しかも薬で強制的にこの流れを止めると「それなりにヤバイ(医者談)」そうなので、整腸剤でなんとか対処しておりました。そのためこの1週間で5キロほど体重が落ちました。ビバ風邪。…それでも全体重の5%、あまり驚かないでください。

 その風邪が原因となり先週「レルコン」の更新をお休みしておりました。関係者各位の皆様、そしてこの更新を楽しみにされていた方々に再度お詫びを申し上げる次第です。何とか体調も復活してきましたので、これからバシっとやっていきたいと考えております。で、その休んでいる間、布団とトイレを行き来している最中でも「レルコン」へのアクセス解析だけはやっておりました。最近はデイリーポータルZ様、ほぼ日刊イトイ新聞様からのアクセスも一段落し、軒並み「検索エンジン」からのアクセスが増える傾向となっています。

ただこの「検索エンジン」からのアクセスが曲者。ココログの機能では「どういったワードでやってくるのか」というところまで解析可能。ワードを解析してみると、ココ最近ある傾向が強くなっているということに気づきました。それは「ダジャレ」。

…よく考えたらこのレルコン、ダジャレで落としている項目が多く存在しています。『福を求めて』では福駅周辺を散策した後にユニクロを見つけたり、『大福で祝福』では大福駅周辺で大福を食べるというダメダメっぷりを見せております。とはいえ文学の歴史を紐解けば古文、平城京で僧侶が闊歩し、平安京で鶯が鳴きまくっていたあの時代から<言葉遊び>というものは存在していたわけです。

 …前書きが長くなりました。それでは始めていきましょう。

 

 

Da001 Da01

 物語は京都の二条駅から始まります。現在京都市営地下鉄東西線の終着駅となっていますが、来年の1月16日に天神川駅まで延伸してJRと嵐山を結ぶ重要な中間駅へと変貌を遂げます。元々二条駅周辺には広大な鉄道用地が広がっており、近年はその土地を利用した再開発が進み、京都の副都心的な要素も芽生え始めています。その中心的な存在がこの建物。

Da04

立命館大学朱雀キャンパスです。新しい建物でありながらどこか懐かしい雰囲気を醸し出している校舎。京都市の景観条例に配慮したデザインは立命館らしく威風堂々としています。

Da05 Da06

(左:コレだけの学校がこの建物の中にある。右:立命館大学のポスター)

Da002

(デデン!と効果音を付けたくなる立派な看板。興奮の余りストラップがフレームイン)

この朱雀キャンパス、駅から本当に近い。JRの駅から歩いて2分も掛からない距離という距離、実にうらやましいではありませんか。 その立地条件からかこのキャンパスでは社会人入学の学生や大学院生を中心にカリキュラムが組まれているそうです。

Da02 Da07

(左:本当に近い立地条件、右:朱雀キャンパス近くにはコンビニも。ますます便利)

…まぁココまで来たら何をしたいのか懸命な読者の皆さんはお分かりかと。過去『クイックピック大作戦』という項目の中でこんなことを私は書いていました。

立命館大学近くの店で買ったナビスコリッツリッツ・カールトン大阪に持ち込み、誕生日祝いのリッツパーティを開く』

…バカですね。ええ。とってもバカです。でもここ最近「ナビスコリッツ」「リッツカールトン」で検索をかけてレルコンにやってくる人が多いんです。いや、ホント真面目に『ヒマなんか?』と夕日をバックに説教したくなります。しかしながら検索するということは『なんらかの関係性を知りたい』と思っている証拠。まぁ半分以上ダジャレを検索してみようというカンジだとは思いますが、皆さんが望んでいるのであればコンシェルジュ(自称)の端くれとして実証してみなくてはいけません

Da11 Da12

(というわけでナビスコリッツinリッツ命館大学。綴りが違うのは気にするな)

立命館大学の朱雀キャンパス近くには2件のコンビニがあります。一件は低価格一律料金を謳い文句に急成長を遂げている「SHOP99」さん、もう一件は駅構内のコンビニとして活躍中のJR西日本系列『Heart-in』さんです。そのどちらにもナビスコリッツさんは販売されていました。

Da08 Da03Da09 Da14

…さて、材料は整いました。いよいよ本丸へと乗り込みます。

続きはコチラをクリック。

|

リッツのリッツでリッツ(怒涛編)

Da15

…というわけで西梅田にやってきました。東梅田や茶屋町ならまだしも西梅田。周囲はオフィスだらけです。しかも西梅田界隈は有名な高級ブランドがところ狭しと並んでおります。この一角だけ本当に大阪か?と思わせること請け合いです。

Da17 Da18

そんなところにアホ一人。京都の立命館大学近くにあるコンビニで買ったナビスコリッツを手に悠々とやってきました。…思いっきり浮いています。しかしこのままだと『コマーシャルの撮影か?』と勘違いされてしまいそう。単なるアホから大いなるアホへと進化するためにこれからあの門を開きます

Da19 Da20

(左:ナビスコリッツとリッツカールトン。右:リッツのマット)

Da003

…館内に無事潜入することが出来ました。なんでしょう、この高級感。正直言いますと、このような『超』が付くような高級ホテルを利用することはほぼ皆無。『全てのお客様に御自宅にいらっしゃるような快適さを感じていただくために』とホームページには書かれていますが、こんな巨大なツリーや暖炉なんぞ自宅にはありません。普通のアパートに住んでいる私からすれば明らかに浮いています。そしてこの数分後…。

 

 

 

Da2501

わーい!部屋に入れたぞー!

Da21 Da22 Da23

(部屋に入るまでの過程をナビスコリッツと共に)

…まぁネタバレという程ではありませんが、元々コレを撮影した日は所用で深夜近くまで大阪市内にいるということが判っていました。本来ならば終電に間に合うよう仕事を終わらせるのですが、今回はダジャレを実現するため、皆様の願望を形にするためにわざわざ宿泊しました。もちろん定額だと庶民では手を出せない超高級ホテルですから、今回はインターネットの宿泊サイト『一休.com』さんで年末でありながらも適度に安い宿泊プランを利用させていただきました。

Da25 Da26

(左:用意された部屋から見た大阪駅、右:泊まった部屋を下から見た)

『格安プラン』とはいえ、今回グレードアップして頂き通常泊まる部屋ではなく最上階のトレインビュー!なんだコレ!と言わんばかりのお部屋でございます。しかもこの御部屋、後日放送された某テレビ番組で津川雅彦氏がインタビューを受けていた同じ部屋!流石は超が付くほどの高級ホテル、サービスも今まで経験したことが無いぐらいレベル!…っていうか、今までオレどんなところに泊まっていたんだ?そんな人間がこんなところに泊まっていいのか?と思える程。

Da27

(ウェルカムドリンクの林檎ジュースとクッキー。総支配人からのメッセージ付き)

居酒屋で言うところの「突き出し」、ウエルカムドリンクと大判のクッキーが届きました。何を出されても『高級ホテルだぁ』と感動を覚えるところではありますが、ここは気分を落ち着かせて例のことを成し遂げなければいけません。

Da28

そう、『立命館大学近くで買ったナビスコリッツをリッツカールトンで食べる』。ただコレだけのためにリッツカールトンを選んだわけです。口惜しくはありません。今回一休さん経由で宿泊依頼をしたとはいえ、一泊朝食付きで今夏の旅行の総費用の約3分の2。いまだかつてこんなバカなことを成し遂げようとした人がこの世の中にいたのでしょうか。…それでは実践です。

Da29 Da30

(立命館大学近くで買ったナビスコリッツinリッツカールトン大阪、いただきまぁーす)

…やはり、ナビスコリッツは美味い。立命館大学近くで買ったから、リッツカールトンで食べたから美味しいというわけではありません。どこで食べてもナビスコリッツはナビスコリッツ。普遍的で力強いその味わいは高級ホテルだからといって緊張していた庶民派の私の心を和ませてくれました。ありがとうナビスコリッツ、そしてありがとうマーク・ノイコム(リッツカールトン大阪総支配人)。

Da31

(クリスマス仕様でにぎやかになっているリッツカールトン大阪入口)

 

<オマケ>

Da32 Da34 

リッツカールトン大阪内の撮影では従業員の方々に多大なる御協力を頂きました。一番協力してくれたのが部屋まで案内して頂いたベルマンとドアマンの方々。この方に今回の趣旨を説明したところ快く色々と撮影して頂きました(上記の写真がソレです)。次回は普通に泊まりたいと思いますハイ。

|

2007年12月14日 (金)

今週はお休みです

 いつも「レールウェイコンシェルジュ」をご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

タイトル通りではございますが、今週の更新は勝手ながらお休みとさせていただきます。現在猛烈な風邪に襲われておりまして、パソコンの前に長時間座ることが困難な状態となっております。体調が回復次第更新してまいりますので暫くお待ちください。

…この風邪、どうもレルコンの取材で新幹線に乗りまくったというのが原因っぽいんです。ただでさえインフルエンザの季節だし、ちょっとアレだなぁ。皆様もどうか御自愛くださいませ。

|

2007年12月 8日 (土)

王子公園と六千の星達

 電車の歴史には時々「線路の付け替え」というものが出てきます。ココ最近で有名になったのが「東急東横線」の横浜駅から桜木町駅までの間でしょうか。新しい路線が出来ることによって人の流れも変わりますが、時には人の流れを呼び込むために線路を付け替えることがあります。今回はそのお話から始めてまいります。

Ohji00

阪急電車神戸線、現在は三宮を経由して神戸高速鉄道の新開地駅まで運行していますが、元々の神戸側ターミナルは三ノ宮ではありませんでした。そのターミナルは現在の三ノ宮駅よりも北(山)側にあった『上筒井駅』という駅でした。

2ouji01

元々阪急電車は神戸の中心地とも呼べる三ノ宮に乗り入れたかった。しかしながら建設方法で国とトラブルを起こしたそうです。阪急側は『高架で敷設させてほしい』とお願いしたところ、国側は『高架よりも地下線でお願いしたい』の一点張り。そりゃそうです。タダでさえ神戸は平坦な土地がありません。すぐ北側には六甲山、南には海。多分国側は地下線で作るついでに平坦な土地を得ようとしたのでしょう。この問題は平行線を辿りました。

Ohji05

コレは決着がつかないだろうと判断した阪急電車は、とりあえずの神戸側ターミナル駅として『上筒井駅』を設置しました。上筒井駅はターミナル駅としては規模が小さく、現在の三ノ宮駅と新神戸駅の間にこじんまりあったと聞きます。その後高架による延伸の許可が下り、現在の三ノ宮駅が作られて列車が三ノ宮駅に乗り入れるようになると、瞬く間に規模が縮小され、あっけなく上筒井駅へと続く路線は廃止となりました。

Ohji02

その時に使われていた路線の後がこの写真。王子公園駅そばにある引込み線が上筒井駅へと通じていた線路でした。…しかしながら時は残酷です。何故か阪急電車はこの春日野道駅と隣の三ノ宮駅を地下線化し、神戸市営地下鉄に乗り入れるという計画を発表しています。神戸市営地下鉄に乗り入れることで集客率を上げる魂胆なのでしょう。どちらの言い分が正しかったのかは今言う事ではありませんが、もしこの計画が実現するとなると、王子公園駅横にあるこの線路が再度日の目を見るのではないか…と思うのは私だけでしょうか。

 

 

…いや、この引込み線は廃線後一回だけ日の目を見たことがあります。奇しくもソレは阪急電車の経営に大いなるダメージを与え、神戸市営地下鉄へと乗り入れる計画を作る原因ともなった阪神淡路大震災です。地震発生後阪急神戸線の王子公園駅から御影駅間で運行を再会した際、この王子公園駅の引込み線から車両を搬入したそうです。

そういえば、今「神戸ルミナリエ」やってるんですよねぇ。もしお暇でしたら王寺公園動物園のパンダとルミナリエを見たついでにこの引込み線も見てあげてください。この場所から阪急の復旧が始まったのですから。

というわけで、去年の神戸ルミナリエの写真置いておきます。見たいなぁという人は即座に見に行くことをお勧めします。見に行ったら募金をお忘れなく。

2ouji04 2ouji05 2ouji03 2ouji08 2ouji10 2ouji06 2ouji09

2ouji07

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »