« 空想浪漫鉄道(実践編) | トップページ | メールに関してのお知らせ »

2007年11月 9日 (金)

空想浪漫鉄道(妄想編)

 さていよいよ私の妄想がスタートします。あらかじめ申し上げておきますがこの『九州新幹線』のダイヤは発表されている事柄と私の希望が折り重なって出来上がった妄想。英語で言えばフィクション、言い方を変えたら『妄想』です。コレがそのままダイヤになるとは一切思っていませんし、なったらなったで『お前何を考えとるんだ』とダイヤ担当者を猛烈な勢いで叱り付けます。

 まず、基本的なダイヤ。新幹線も他の地域の在来線同様にある程度「パターンダイヤ」になっています。

このダイヤグラムを一気に変えるとなると東海道新幹線にもある程度影響を与えかねない状態となってしまいます。もちろん妄想なのでそこら辺はどうにでもなりますが、あえて原稿ダイヤを下敷きに行ってまいります。そこで現在の新大阪駅発博多方面行きの出発時間を検証してみましょう。

Mosop06

ダイヤを見ますと岡山行き『のぞみ』と博多行きの『のぞみ』の間、岡山行き『ひかり』と博多行きの『のぞみ』の間には若干の余裕があります。実はこの間十数分の間に20番ホームを利用する列車が下り線を逆走して入線するというダイヤになっています。

JR東海の駅だからJR西日本が冷遇されているとか色々言われていますが、単にコレは運用の都合。しかし、九州新幹線が開業した後もこの様な運用だと支障が出るのは明らかです。2012年には新大阪駅のホームが一面増えるという情報を踏まえますと、開業後はこの20番ホームでの折り返しではなく、一旦鳥飼にある車庫まで入線するのではないかと思われます。そこで新しく出来るホームは『九州新幹線・山陽新幹線内完結列車の降車専用ホーム』という形に位置付け、折り返しによる線路の閉鎖時間を利用して列車を増発させる事とします。これによって新大阪駅の事情はある程度解決できそうです。

 しかしながら問題は需要と供給のバランスです。確かに増発は可能です。でも増発しても乗っていただけるお客様がいなければ話になりません。そこで意外と重要になってくるのが「列車の運行時間」。例えば東海道・山陽新幹線は東京駅から博多駅までの間を走行しています。しかしながらこの東京・博多間のシェアはほぼ航空機が圧勝しています。新幹線が最速で4時間50分、航空機はたった2時間。幾ら鉄道好きであってもコレだけ時間が掛かるとなれば私だって飛行機に乗ります。これに準じるかのように東京から広島間、東京から岡山間、名古屋から福岡間は圧倒的に航空機のシェアが高くなっています。

現在のダイヤを見ますと新大阪駅から博多駅までの間は『のぞみ』が2本、『ひかりレールスター』が2本と毎時最大4本の直通列車が運行されています。ただこの現状をそのまま流用して九州新幹線開業ダイヤとするにはちょっと列車の数が想定される乗客数と比べると多すぎます。そこで私はあえて博多に直通する『のそみ』をあえて一本広島止まりにして対応しようではないかと思うのです。その広島止まりになった『のぞみ』が設定している博多までのダイヤを利用して鹿児島中央駅に乗り入れる新幹線を設定します。

Mosop07

(ダイヤの概要)

さて、ここからサクサクと参りましょう。『ひかりレールスター』は全て九州新幹線に乗り入れますが、全列車「熊本駅」までの乗り入れとします。本来なら鹿児島中央駅まで乗り入れても構わないと思われますが、東北新幹線のように行き先別で列車名を分けておくことで乗客の混乱を避け、対北半九(熊本以北)は『ひかりレールスター』、対南半九は新設する名前として営業戦略をしやすくするためです。

またJR九州の社長が『熊本以北は毎時4本の列車を運行したい』とコメントを出していました。そこから妄想すると九州新幹線内だけで完結する列車も出てくるのではないかと推測されます。現に800系は九州新幹線内のみで運行すると言われていますので、そうなればこの800系を利用したダイヤを考慮する必要性が出てきます。

…さぁ、お待たせしました。私が妄想した『山陽新幹線・九州新幹線開通時のダイヤ』。どうぞその目でご覧下さい。

 

 

Mosop09

:のぞみ、:新設列車「Nつ」と表現、:ひかりレールスター、:つばめ)

Mosop08

(何度も言いますがこのダイヤはフィクションです)

 このダイヤの特徴としてあえて『ひかりレールスター』は九州新幹線内を各駅に停車する設定にしたところ。簡単に言えば「商売になりそうなところは完全に押さえておきました」ということでしょうか。また九州新幹線内で完結する『つばめ』は博多駅発着の『のぞみ』と接続する設定にしました。これには鹿児島中央駅に直通する新設列車を補完するのと、南半九一帯をフォローする意味合いがあります。

また直通する新設列車は新幹線としては珍しく広島駅で数分程度の停車時間を取っています。元々は広島発着の『のぞみ』に連絡するためですが、多客時にはこの『のぞみ』を博多駅まで延長運転、つまり『のぞみ』に追い抜かれる設定にしてみました。コレによって対北九州・日豊方面の乗客と対熊本・南半九方面の乗客を住み分けを促し、新設列車に集中しにくくします。

 このダイヤ、如何でしょうか。空想といいつつかなり現実を考慮した内容になっていると思います。趣味的にはちょっとアレですが、実現性は高い…そんなダイヤを目指してみました。「こだまはどうするんだ!」「岡山止まりのひかりの存在意義は!」「JR東海がんなもの許すと思っているのか!」等々多種多様な突っ込みどころはあるかと思われますが、そこは妄想ということでお許し願いたいと思います。

…しかしながら、後ちょっとだけ続くんだなぁ>このネタ。

|

« 空想浪漫鉄道(実践編) | トップページ | メールに関してのお知らせ »