« みどりを比べる(三島編) | トップページ | みどりを比べる(特殊編) »

2007年9月 7日 (金)

みどりを比べる(本州編)

(2007年9月12日22時45分、「みどりを比べる(三島編)」へのリンクを追加しました)

   コンシェルジュという名称が一般的になってきたのか、「コンシェルジュ」という名前を検索して当ブログまでやってくる人が増えました。来た瞬間『つばめの被り物を被っている写真』やら『列車の隙間から覗くヤクルトの古田』とかそういう写真ばかり。

いや、御期待に添えず本当に申し訳ありません。

…今回はその反省点を考慮し、ちょっとマジメな視点で鉄道を楽しんでみようかと思っております。今回は鉄道を利用した方は一度ぐらい利用したことがある筈の『みどりの窓口』に注目してみましょう。

Takamatu02 Kyoto_w01

 『みどりの窓口』、コレ実はJRの切符売り場の総称ではなく、JRの座席指定券を販売できる『マルス』という端末がある事を示しています。なので、JR以外の鉄道会社さんやJTBさんや日本旅行さんのような旅行会社にもよく見れば『みどりの窓口』のマークが付けられています。このマークがあればその場で指定席券を発行できるというわけです。

Osaka02 Osaka03

(左:タッチパネル式のマルス、右:自動券売機に見えるが、これも立派なマルス)

 この『マルス』、意外と知られていませんがロッピーやぴあの端末のようにイベントや遊園地の前売り券、宿泊券に航空券なども発注できるという凄いシステムだったりします(ただし、JR西日本管内では宿泊などの一部商品を発売することが出来ません)。ユニバーサルスタジオジャパンの入場券を『みどりの窓口』で購入すると、引き換えることなくそのまま入場できたりと結構便利。私も美術館のチケットなどでよく利用させて頂いております(ちなみに前売料金になりますので、ココで買ったほうが得な場合もあります)。

Osaka01 Osaka04

(大阪駅のみどりの窓口、天井の蛍光灯の配置が時代を感じる) 

 さて、この『みどりの窓口』。元々は国鉄というひとつの公共事業体が所有・運営をしていたわけですが、国鉄が民営化してから各々の会社で独自の変化を遂げてきているような気がします。特に『みどりの窓口』として設置している場所はJR各社の思惑と姿勢が見えてくるように感じられます。ホテルで例えれば『みどりの窓口』はフロント、どの様な体制でお客様をお迎えするのかちょっと比較してみましょう。

 まずはJR東日本さん。

Tokyoe01 Shinagawae01

(左:東京駅八重洲口のみどりの窓口、右:品川駅のみどりの窓口)

この間カレーウィークで上京した際、少ない時間(渋谷から泉岳寺に行ってたら本当に時間が無くなっちゃった。遠いんだね、地下鉄で行くと)をやりくりしながら写真を撮影してまいりました。この当時東京駅は改装中でしたのでまだまだこれから改装する可能性がありますが、どちらかと言えば無機質な色使いが印象に残ります。一方の品川駅は改装してすぐという事もあり、木目調の色彩を生かしたデザインとなっております。どの場所もかなりスッキリとした設計になっており、外側からは時刻表などの業務資料が見えないつくりとなっており、「その点は全て把握しております」という鉄道マンとしての意識の高さを感じさせます。

 次は東海道新幹線を運営しているJR東海さん。東京駅・名古屋駅・京都駅・新大阪駅で確認しましたが、こちらは『みどりの窓口』という名称を出来る限り使っていないようです。

Tokyot01 Nagoya01

(左:東京駅八重洲口・撮影は2007年4月、右:名古屋駅のみどりの窓口)

Kyoto_c01 Kyoto_c02

(左:京都駅新幹線口横のみどりの窓口)

JR東日本さんの方で『無機質』という表現をしていましたが、こちらの窓口もどちらかと言えば無機質。視覚的には白を使って明るく纏められており、それであってどこか近未来的な姿を提示しています。やはり利用される方々はビジネスマンが多数を占めるということもあって、無駄な装飾を排除し効率よく接客できるスタイルにしているのでしょうか。

Kyoto_c03

ここ京都駅の『みどりの窓口』は、どちらかと言えばネットで指定席券が予約できるシステムに対応した自動券売機の方に比重を置いているようで、いいように言えば先進的、悪いように言えば簡略化した感じがします。簡略化は何も機械によるものだけではなく、京都駅の八条西口一階にある『みどりの窓口』は、全てJR東海ツアーズさんの運営によるものでした。

 さて私の地元、JR西日本さんはどうでしょうか。

Kyoto_w02 Kyoto_w03Kyoto_w05 Kyoto_w06

 京都駅ビル烏丸口にある『みどりの窓口』。タクシー降り場やホテルから程近く、数多くの方々が利用するであろうこの場所、JR東海さんの売り場と違ってかなり落ち着いたトーンで設計されております。駅ビル自体が今年で開業10周年ということもあり、現在数多くの駅で使われている液晶画面による『列車の指定席情報』も開業当時設置されたLEDのまま運用されております。重厚な石造りのカウンターの横にはJR東海さんと同様にネット予約対応型の自動券売機が設置されているのですが、いまいち急ごしらえ感が強い状態です。設計上もう少し考慮できたのではないかと残念に思えて仕方ありません。

 

さて、長くなりました。続きはコチラです。

|

« みどりを比べる(三島編) | トップページ | みどりを比べる(特殊編) »