« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

ドアマン達の挽歌

 前回アレだけ立派なことを言ってしまったので、ちょっと今回は『戸閉め』を検証してみましょう。まずはちょっと重たくなってしまいますが、先日大阪市内に出向いた際に撮影した各鉄道会社が扉を閉める際運転手が行っている動画をご覧頂きます。まず最初は私がお世話になっている京阪電車さん。

続いては阪急電車さん。こちらはぎっくり腰を癒すために温泉へ向かった際に撮影しました。客室から改めて見る運転士さんの行動、実に頼もしいです。

どちらしかし今回事故を発生させてしまった南海電車さんの運転士さんは戸閉め時こういう対応をしています。

このように南海電車では確認しておりません。新聞記事によりますと駅構内が急カーブになっている5つの駅を除いて確認はしないそうです。そういえば今回この映像を撮影した新今宮駅構内の線路は直線でした。また駅員さんが配置されていたこともあって何もしていないのでしょう。

しかしその一方、駅員さんがホームに配置されていて駅構造も新今宮駅と似通っている近鉄電車さんの鶴橋駅では運転士さんがきちんと目視で確認しています。

どうしてこのような違いが出てきたのでしょうか。私はここにひとつの「推測」を立てることにしました。その推測を御説明する前に、JR西日本さんの戸閉め時の対応をご覧下さい。

場内の信号が出発進行になったことを認識する指差し確認のみで出発していきました。今回新今宮駅で撮影しましたが、今まで他の路線を利用していた際の事を思い出しても運転士さんが目視で戸閉め確認することはありませんでした。これだけを単体で見ると『安全確認もしないのか!』とお怒りになられる方も多いかと思います。しかし、これには確認する鉄道会社と確認しない鉄道会社の『発祥』が違っているからではないかと思うのです。

Pict0083

南海電車さんは『日本で民間資本で開業した鉄道』の中では最も歴史がある鉄道会社だということは意外と知られていません。他の鉄道会社が鉄道国有法や鉄道敷設法、国家総動員法による強制買収などを経て次々と廃業していく中、なんとか会社として存続しました(注1)。この設立当初からインターシティ、つまり都市間の輸送を南海電車さんは目標として掲げていました。

Tojime01

また初めから全路線が電化されていたのではなく、当初は蒸気機関車が客車を牽引して運行していたという点。運転士が蒸気機関車を操作することに全力を注ぐ必要性があったため、乗降客の管理と安全確認は車掌に一任していたようです。都市間の運用のためそれほどその結果運転手さんと車掌さんの担当を完全に分担させてしまい、運転士さんが戸閉め時に常時後方確認することを設定しなかったのではないか。

また、前出のとおり駅構内に急カーブがあまりないというのも後方確認しない理由のひとつではないかと思われます。京阪さんや阪急さん、近鉄さんは南海電車さんのように都市間輸送ではなく都市圏の輸送に対応するような設定で作られていました。

Tojime02 Tojime03

(左・右:京阪電鉄御殿山駅、ホームと電車の間が離れている注意書きがある)

都市圏輸送の場合、どうしても街に沿って線路を敷設しなければいけません。また都市圏輸送の場合当初用意されたのは現代でいうところの『路面電車』。今ほど高性能な電車ではありません。またそれほど速度を要求されなかったということもあり、敷設された線路は必然的にカーブが多くなり、駅もカーブに設置されるケースが多くなった。その為阪急電車さんや京阪電車さんは車掌さんが全体を見渡すには限界があるので運転士さんも確認するようになったのではないか。また近鉄電車さんも元々は小さな車両で運行しており、その頃の名残として運転士さんが後方を確認するようになったのではないか…と私は推測します。

駅構内の線路が曲線で見えにくかったとはいえ、事故を起こした事実は変えることが出来ません。当面の間萩原天神駅にはホームに駅員さんが常駐するということですが、今後こういう事故が発生しないよう南海電車さんにはお願いしたいと思います。

 

(注1:南海電気鉄道は第2次世界大戦中「近畿日本鉄道」として現在の近鉄さんと合併していたことがあります。)

|

2007年9月21日 (金)

【駄文】南海電車の事故でちょっとだけ考えた

 南海電鉄の萩原天神駅で赤ちゃんが乗ったベビーカーが扉に挟まったまま走行するという事故が発生しました(詳しい事は日刊スポーツさんの記事読売新聞さんの記事中日新聞さんの記事をお読み下さい)。当該の駅に駅員が一人しかいなかったとか、車掌があまり確認していなかったとか、南海電車では過去に同じような事例があったとか雨後の筍のように問題が噴出しておりますが、これらの事故の背景には

プロの意識の無さ

が見え隠れしているような気がします。このところ鉄道会社では人件費の圧縮を目的とした『契約社員』の採用が多く見受けられます。例えば阪急電鉄さん。

Croquis22

阪急電鉄さんの全ての駅は『阪急レールウェイサービス』さんという子会社が管理しています。この会社は阪急電車・能勢電鉄の駅の業務だけでなく、ココ最近は阪急電車の車掌業務を受託するところまで進出しています。この車掌業務までがいわゆる『契約社員』の範疇で、正式な阪急電鉄の正社員になるには電車の運転免許を所持しなければなることが出来ないという規則まであるようです(もちろん『阪急レールウェイサービス』さんの正社員になるということも可能です。しかしながら各求人サイトの広告を見てもそういう説明をしていないような感じがするのは気のせいでしょうか)。

一時期『運転手が車掌に運転を体験させていた』という本来安全を守るべき仕事である運転手が一番やってはいけないという規則違反が発生した事態がありましたが、この様な事態が発生してしまうのも背景には『正社員にならなければいけない=運転免許を持たなければいけない』という焦りがあるからではないかと思うのです。

 このような状態が続くとなると、現場は本当に大変だと思います。人がいない上に雇用状態を安定化するには次々と試験を突破していかねばならない。その状況下で運行と安全を守る…。それってちょっとムリだと思いませんか?いや、鉄道マンという職業はそれが当たり前なのかもしれません。しかし、接客と運輸という相反する業務を学ばせる事は相乗効果を生む場面もありますが、逆効果になりうることもあると思うのです。

無理やり例えるとするならば、『昨日までフロントで接客していたホテルの従業員に、ある日突然調理場へ移動させられいきなり河豚を捌かせる』ようなものです。『将来の運転手候補』『正社員への道』という甘い言葉をちらつかせて人を集めるのもどうかと思いますし、今後このような状態が続いてしまうと駅での業務自体が軽く捕らえられてしまう(=駅のサービスレベルが低下してしまう)ことも考えられます。接客は接客、運輸は運輸という形で究めて行くべきこともあるのではないか…と思っております。

 

…所詮単なる鉄道オタクの戯言でございます。アッサリと水に流していただければ幸いです。

|

2007年9月15日 (土)

門司港コネタ(仮)

さて、ちょっとここら辺でコネタを一席。

Mojiko04

 前回も御紹介しましたJR九州さんの門司港駅。重要文化財にも指定されたこの駅舎には、歴史を物語るアイテムの他に様々なものが設置されています。

Mojiko_koneta02 Mojiko_koneta01

(左:『安全の鐘』、右:日本の鉄道100年を記念して設置した『0哩標』)

国鉄からJRに移行することを記念した『安全の鐘』や、九州の鉄道起点を示すマイルストーン、腕木式信号機や蒸気機関車の動輪などが鎮座しています。門司港駅は駅舎自体に余裕がある造りになっていまして、こういうアイテムを設置できているわけです。

Mojiko_koneta03

そして、門司港駅の特徴といえば『車止め』ではないでしょうか。いわゆる頭端駅という構造ゆえ、どうしても車止めは必要となります。他の鉄道会社ではここに油圧式シリンダーなどの車止めを設置するのですが、それを設置することで門司港駅自体が醸し出す雰囲気が台無しになりそうです。そこでJR九州さんが考え、導き出した答えがコチラ!

 

 

 

 

 

Mojiko_koneta04

車止め標識、デカっ!

…これだけ大きければ見失うことはありません。コレとATS信号を組み合すことで安心して停車することができそうです。 これからも門司港駅の安全対策をバッチリお願いしますね(このサイズの車止め標識、JR九州さんではデフォルトみたいです)。

Mojiko_koneta05

(離れて撮ってみてもやっぱりデカい)

|

2007年9月12日 (水)

みどりを比べる(特殊編)

   さて、前回までオーソドックスな『みどりの窓口』を検証してまいりました。今回はちょっと変わった駅にある『みどりの窓口』というのを紹介してまいりましょう。まずは『歴史』の中に生きる『みどりの窓口』です。

Mojiko04

九州の玄関口として開設され、今や門司港レトロの象徴として認識されている門司港駅。現在では重要文化財として登録され、 関門海峡の観光スポットとしてもよく使われています。

Mojikost01 Mojikoshop

(左:待合室、風情が満載。右:門司港駅内にあるレストラン。さて何屋でしょう?)

Mojikost02 Mojiko01

(左:門司港駅の駅員さん。船員さんみたいでカッコイイ。右:みどりの窓口の入口)

歴史ある駅舎の中に佇む近代的な設備。通常自動券売機や改札機が歴史的な建造部の中にあると違和感があるのかと思えば、結構調和が取れていたりします。こういう調和が取れていたから色々なドラマのロケで門司港駅は使用されるのでしょう。さて、門司港駅の『みどりの窓口』はどうなっているのかと入ってみますと…

Mojiko02

以外にも近代的。そして後付の広告ポスターがビッチリと張られている一般的な『みどりの窓口』になっています。重要文化財に駅舎が登録されたという影響もあって、あまり大掛かりなリフォームが出来なかった…、いや、あえてしていないのかもしれません。利便性を追求するだけでなく、不便さを趣として捉えるのもまたいい演出ではないかと。

Mojiko03

(出口にこういうメッセージがあるとちょっと嬉しい)

歴史がある駅もあれば、特定の用途を前提として開業している駅もあります。工場に隣接して設置された『海芝浦』駅、スキー場に直結している『ガーラ湯沢』駅、海水浴客の為に開業する『田井ノ浜』駅、珍しいところでは神社へ参拝する方の為に年に2日だけ開業する『津島ノ宮』駅というのもあります。しかし、特定の用途を前提としてすぐに思い浮かぶのはテーマパークに隣接して開業した駅ではないでしょうか。御存知鼠と家鴨が闊歩する某テーマパークがあるJR京葉線の『舞浜』駅、スペースシャトルがシンボルとなっているテーマパークがあるJR鹿児島本線の『スペースワールド』駅、そして私の地元、大阪では映画のテーマパークとして開設された『ユニバーサルシティ』駅が挙げられます。

Uni01_2 Uni04

…というわけで、ユニバーサルシティ駅にやってまいりました。『ゆめ咲線』という愛称が付けられて、すっかり観光路線へと変貌を遂げたように見えましたが現在ユニバーサルシティ駅近くではアクセスがいいという事に気づいた業者の皆さんが猛烈な勢いでマンションを建設しております。

Uni05 Uni07

(左:ユニバーサルシティ駅の駅員さん、右:ゆめ咲線専用の103系)

テーマパークの雰囲気を生かす目的で、この駅の駅員さんは他の駅とは違う特別な制服を身に纏っています。電車も負けじと大阪らしいラッピング電車として運行しています(この写真の電車だけでなくスパイダーマンな電車も走っています)。で、肝心要の『みどりの窓口』、

Uni02 Uni03

存在することは存在するのですが、これがまたえらく小さい。よくよく考えてみるとテーマパークの駅である以上、遠方からのお客様は高い確率で帰りの乗車券をお持ちですし、近郊のお客様には自動改札機をそのまま通れるICOCAやPitapa、Jスルーカード(ストアードフェアシステム)を使用したり、自動券売機で購入してもらう等色々と手段があります。その為かどうもこの窓口では切符よりもUSJの入場券が売れ筋のようです。

 

 さてさて、特殊な駅にある『みどりの窓口』ということで紹介してまいりましたが、最後は特殊中の特殊、ひとつの駅の『みどりの窓口』でありながら、あえて2つに分かれている『共用』の場合を見てまいりましょう。

C06 Croquis07

(それにしてもこの写真何回も使い回ししてるよねぇ)

その舞台というのが、幾度となく当レールウェイコンシェルジュで登場しているJR新大阪駅。東海道・山陽新幹線、関西空港・南紀白浜方面、金沢・富山方面、山陰・福知山方面など多数の路線が乗り入れているこの駅の中央入口(千成びょうたんがあるフロア)の『みどりの窓口』が該当します。

Shinosakat01 Shinosakat02

(オレンジが目に飛び込むJR東海さん側みどりの窓口、自動券売機が多い)

Shinosakaw01 Shinosakaw02

(青が語りかけるJR西日本さん側みどりの窓口、この場所に自動券売機は2台だけ)

元々東京方面と博多方面に分けていた名残でこうなったらしいのですが、傍目から見ると同じ『みどりの窓口』でありながらどうしてこういう状態になっているのだろう?と疑問に感じてしまいます。とはいえこの場所にある『みどりの窓口』、私の記憶が確かならばJR化直後は新大阪駅で一番行列が並んでいた『みどりの窓口』だった覚えがあります。現在は地下鉄改札口横にJR西日本の『みどりの券売機』及び自由席特急券も発見できる券売機が設置されていたり、新幹線の改札横に『JR東海ツアーズ』さんの窓口が設置されていたりと幾分緩和されていますが、それでもやっぱりこの場所の『みどりの窓口』は結構利用されています。やっぱり人の手というのは大事ですからねぇ。

 …いやはや、みどりの窓口ひとつ調べても結構面白いものです。

|

2007年9月 7日 (金)

みどりを比べる(本州編)

(2007年9月12日22時45分、「みどりを比べる(三島編)」へのリンクを追加しました)

   コンシェルジュという名称が一般的になってきたのか、「コンシェルジュ」という名前を検索して当ブログまでやってくる人が増えました。来た瞬間『つばめの被り物を被っている写真』やら『列車の隙間から覗くヤクルトの古田』とかそういう写真ばかり。

いや、御期待に添えず本当に申し訳ありません。

…今回はその反省点を考慮し、ちょっとマジメな視点で鉄道を楽しんでみようかと思っております。今回は鉄道を利用した方は一度ぐらい利用したことがある筈の『みどりの窓口』に注目してみましょう。

Takamatu02 Kyoto_w01

 『みどりの窓口』、コレ実はJRの切符売り場の総称ではなく、JRの座席指定券を販売できる『マルス』という端末がある事を示しています。なので、JR以外の鉄道会社さんやJTBさんや日本旅行さんのような旅行会社にもよく見れば『みどりの窓口』のマークが付けられています。このマークがあればその場で指定席券を発行できるというわけです。

Osaka02 Osaka03

(左:タッチパネル式のマルス、右:自動券売機に見えるが、これも立派なマルス)

 この『マルス』、意外と知られていませんがロッピーやぴあの端末のようにイベントや遊園地の前売り券、宿泊券に航空券なども発注できるという凄いシステムだったりします(ただし、JR西日本管内では宿泊などの一部商品を発売することが出来ません)。ユニバーサルスタジオジャパンの入場券を『みどりの窓口』で購入すると、引き換えることなくそのまま入場できたりと結構便利。私も美術館のチケットなどでよく利用させて頂いております(ちなみに前売料金になりますので、ココで買ったほうが得な場合もあります)。

Osaka01 Osaka04

(大阪駅のみどりの窓口、天井の蛍光灯の配置が時代を感じる) 

 さて、この『みどりの窓口』。元々は国鉄というひとつの公共事業体が所有・運営をしていたわけですが、国鉄が民営化してから各々の会社で独自の変化を遂げてきているような気がします。特に『みどりの窓口』として設置している場所はJR各社の思惑と姿勢が見えてくるように感じられます。ホテルで例えれば『みどりの窓口』はフロント、どの様な体制でお客様をお迎えするのかちょっと比較してみましょう。

 まずはJR東日本さん。

Tokyoe01 Shinagawae01

(左:東京駅八重洲口のみどりの窓口、右:品川駅のみどりの窓口)

この間カレーウィークで上京した際、少ない時間(渋谷から泉岳寺に行ってたら本当に時間が無くなっちゃった。遠いんだね、地下鉄で行くと)をやりくりしながら写真を撮影してまいりました。この当時東京駅は改装中でしたのでまだまだこれから改装する可能性がありますが、どちらかと言えば無機質な色使いが印象に残ります。一方の品川駅は改装してすぐという事もあり、木目調の色彩を生かしたデザインとなっております。どの場所もかなりスッキリとした設計になっており、外側からは時刻表などの業務資料が見えないつくりとなっており、「その点は全て把握しております」という鉄道マンとしての意識の高さを感じさせます。

 次は東海道新幹線を運営しているJR東海さん。東京駅・名古屋駅・京都駅・新大阪駅で確認しましたが、こちらは『みどりの窓口』という名称を出来る限り使っていないようです。

Tokyot01 Nagoya01

(左:東京駅八重洲口・撮影は2007年4月、右:名古屋駅のみどりの窓口)

Kyoto_c01 Kyoto_c02

(左:京都駅新幹線口横のみどりの窓口)

JR東日本さんの方で『無機質』という表現をしていましたが、こちらの窓口もどちらかと言えば無機質。視覚的には白を使って明るく纏められており、それであってどこか近未来的な姿を提示しています。やはり利用される方々はビジネスマンが多数を占めるということもあって、無駄な装飾を排除し効率よく接客できるスタイルにしているのでしょうか。

Kyoto_c03

ここ京都駅の『みどりの窓口』は、どちらかと言えばネットで指定席券が予約できるシステムに対応した自動券売機の方に比重を置いているようで、いいように言えば先進的、悪いように言えば簡略化した感じがします。簡略化は何も機械によるものだけではなく、京都駅の八条西口一階にある『みどりの窓口』は、全てJR東海ツアーズさんの運営によるものでした。

 さて私の地元、JR西日本さんはどうでしょうか。

Kyoto_w02 Kyoto_w03Kyoto_w05 Kyoto_w06

 京都駅ビル烏丸口にある『みどりの窓口』。タクシー降り場やホテルから程近く、数多くの方々が利用するであろうこの場所、JR東海さんの売り場と違ってかなり落ち着いたトーンで設計されております。駅ビル自体が今年で開業10周年ということもあり、現在数多くの駅で使われている液晶画面による『列車の指定席情報』も開業当時設置されたLEDのまま運用されております。重厚な石造りのカウンターの横にはJR東海さんと同様にネット予約対応型の自動券売機が設置されているのですが、いまいち急ごしらえ感が強い状態です。設計上もう少し考慮できたのではないかと残念に思えて仕方ありません。

 

さて、長くなりました。続きはコチラです。

|

みどりを比べる(三島編)

(2007年9月12日22時45分『みどりを比べる(特殊編)』へのリンクを追加しました)

 さて、本州3社の次はJR北海道さん・JR四国さん・JR九州さんの通称「三島会社」が運営している『みどりの窓口』を比べていきましょう。まずはJR北海道さん。本来ならば私自身が北海道へ移動して撮影したものを掲載すればいいのでしょうが、撮影したものが実は2005年の10月。某「おまつり」の際に行ったものを用いようと思いましたが、記録としては若干古過ぎます。そこでまったく『鉄ヲタ』ではない北海道在住の「のしなん」様に撮影をお願いしました。

Sapporo01

…いやあ、洗練されたデザインです。どうしても駅ビルというのはゴチャゴチャ装飾が増えたりして見苦しい状態になりかねないのですが、そこはやっぱり北国。大雪を考慮して外装は至ってシンプル。ヨーロッパの駅を連想させるような佇まいになっています。

Sapporo07 Sapporo04 Sapporo03 Sapporo05 Sapporo06 Sapporo08

(こういう写真を撮影してくださったことに改めて感謝を申し上げます>のしなん様)

今回頂きました画像をじっくりと検証しますと、ターミナル駅でありがちな「大きなみどりの窓口がドーンとある」という状態ではなく、規模を小さくして小回りを効かせている印象があります。実際大都市圏のJR各駅では人海戦術と券売機による省力化によって対処していますが、あえて対人窓口を温存させておくことで諸外国から訪れた観光客の方々の接客や、自然災害時等のトラブルにも対応できるようにしているのではないかと推測できます。

 続いてJRの中で一番経営基盤が小さいといわれているJR四国さん。

Takamatu01

こちらはJR四国さんの本社が近くにある高松駅の『みどりの窓口』を検証します。

Takamatuhonshya01 Takamatuoni

ココ最近高松駅周辺は再開発され、新しいビルが沢山建ち並んでいます。連絡船時代の面影は何処へやら、吹き抜ける潮風と青い空がとても印象に残ります。ちょうど訪れたのがお昼時だということもあって、高松市内のうどん屋さん数件で舌鼓を猛烈に連打した後、改めて『みどりの窓口』を拝見させていただきました。

Takamatu03 Takamatu04

…これが、ビックリするほど小さい。再開発されたというけれど何処と無く漂っているのは『仮設?』という雰囲気です。四国の玄関口とも呼ばれていた高松駅、一体どうしたのか!…と思っていたのですが、よく考えればそれは当たり前のことだったのです。理由は高松駅のホームに鎮座しておりました。

Setoohashi01 Setoohashi02 Setoohashi03

(快速マリンライナー、グリーン車に掲げられているエンブレムがカワイイ↑)

高松から『それ魅力!』でお馴染みの瀬戸大橋を通って岡山まで走破する『マリンライナー』さん。ロビンマスクのようなフォルムを持ち、毎時1本は必ず走っているというこの列車、特急券が必要ではない『快速列車』だったのです。つまり、一番利用する列車に特急券が必要でない以上は、券売機で買えばいい。並ぶ必要性が無いから『みどりの窓口』が必要でなくなる、となると『みどりの窓口』自体簡素な作りでいい…という図式が成立してしまいます。まぁ実際高松駅の駅ビル入り口付近にはJR四国さんの旅行会社「ワーププラザ」さんが開設されていますから、この大きさでも不便ではないと考えられます。

 

 …さぁ、お待たせいたしました。最後に登場するのはJR九州さんです。

Hakatast01

(博多口にある井筒屋跡。将来ココに大きな駅ビルが建設される)

現在博多駅構内は九州新幹線開業に向けて再開発が急ピッチで進められております。数年後には大きく姿を変えた駅ビルが九州新幹線を迎えることになるそうです。その中で博多駅にあるJR九州さんの『みどりの窓口』は、九州新幹線が一部開業した2004年に大きくリニューアルされています。

Hakataq04 Hakataq03

ちょっと見ただけではJR東海さんとデザインが似通っています。照明代わりの大きな看板、窓口ごとに区切られた照明と大きな数字、指定席の発売状況を知らせる液晶モニター等、各鉄道会社の『みどりの窓口』のいいところを組み合わせたようなデザインになっています。しかし、やっぱりそこはデザイナーが携わっているJR九州さん。大きな違いが目の前に広がっていました。

Hakataq01 Hakataq02

窓口の後ろに広がっているのは「暖簾」。九州新幹線「つばめ」の座席で使用されている古代漆色が『みどりの窓口』全体の大いなるアクセントとして輝いています。この「暖簾」、単なるアクセントとして設置されただけでなく、窓口の雑然としたものを見えなくするという効果もあるのです。その効果を他社の『みどりの窓口』と比較して検証してみましょう。

Kyoto_w05 Takamatu04

JR西日本さんやJR四国さんの『みどりの窓口』には、カウンターの奥に運行資料などを収納したロッカーが鎮座している風景が見受けられます。備品なども取りやすく、使い勝手もよさそうです。しかしながら何処か雑然とした印象を与えてしまいます。

Sapporo03 Nagoya01

ゴチャゴチャとした印象を与えないよう設計されていてもJR東海さんのように淡い色調で纏めてしまうと病院を連想してしまいそう。またスッキリしたデザインにしても広告の色彩が統一されていなければ、JR北海道さんの『みどりの窓口』のようにゴチャゴチャした印象を与えかねません。

Shinagawae01 Hakataq02

JR東日本さんはこの点をクリアーしているように思われますが、逆に暖かい色彩を多用してしまうと圧迫感を感じてしまいます。一方JR九州さんの『みどりの窓口』は、暖簾一枚隔てることでその空間を確保。窓口自体は他の会社よりも若干狭くなっていますが、他の『みどりの窓口』と比べてかなり整理された印象になります。

またこの暖簾を良く見ていただいたらお分かりになるかと思われますが、この暖簾「九州新幹線」の広告だったりします。『古代漆』の色彩の中に最低限の文字を配列させ、同じ色彩と同じ形状のものを沢山配置。そうすることによって『みどりの窓口』に調和しつつも、強固に宣伝させる効果を見出しています。いやはやJR九州さんのお考えは一歩先を行っておりますなぁ。

…さて、次回はちょっと間を置いて特殊な『みどりの窓口』を御紹介しましょう(リンクはコチラ)。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »