« テツノート | トップページ | 九州の列車と共に聞く音楽<テツノート> »

2007年7月 4日 (水)

夜行列車と共に聞く音楽<テツノート>

 テツノート一発目、やっぱりマイナーなシチュエーションが好きなので、音楽もマイナーな方向性でやっていきましょう。そろそろ時期的には夜行列車の季節、タダでさえドラマチック、暑い夜をもっと熱くするような展開が車掌に広がっていく、そんな夜行列車に似合う曲といえば…

Tetuon02

『セガサターン「NIGHTS」オリジナルサウンドトラック』の中に収録されている『DREAMS DREAMS』という曲。ジャケットの色彩がまぁと夜行列車と微妙にリンクされているではありませんか。曲が始まると夢の訪れを表現したような優しげな調べ、その後に突如やってくるジャズの音色。楽しげな『夢』を演出してくれているようです。全体的にディズニーの映画っぽい構成内容になっていますが、そこはソレ。ゲーム版では子どもの声で歌われていたのですが、こちらのサウンドトラックに収録されているのは大人バージョン。

「あれ?これってゲームの音楽だったっけ?」

と思わせるような芳醇な香を漂わせた少しビターな声。ソレが夜行列車にピッタリです。歌詞もまたいいんだ。英語なのでちょっと聞いただけでは『ゲームの歌』っぽくありません。いやあ、ジャ○ラックが文句を言わなければこの場所で全ての歌詞を引用したくなるほどいい歌だったりします。

Tetuon01

一方新しい夜行列車として登場した『サンライズ瀬戸・出雲』に乗車する際聞いてほしいのが『kids Return/久石譲』の中に収録されている『KIDS RETURN』。このアルバムの中に収録されている音楽には印象に残るフレーズが多様されていますが、その集大成とも言えるのが『KIDS~』ではないかと。映画の最後に主人公の2人が言う

 

『俺達、もう終わっちゃったのかな』

『バカヤロー、まだ始まっちゃいねぇよ』

 

…という台詞がサンライズエクスプレスの存在意義に何となくダブってしまうのは私だけでしょうか。映画では監督が気に入らないとされていたこのメロディも、私の中では何故かシックリしています。

|

« テツノート | トップページ | 九州の列車と共に聞く音楽<テツノート> »