« 線を紡ぐ | トップページ | 夜行列車と共に聞く音楽<テツノート> »

2007年6月29日 (金)

テツノート

 空梅雨だといわれていても、時に雲を広げて大空よりやってくる雨。音がパラパラからザーッという音に変わる頃、耳を澄ますと微かに

ガタン、ゴトン

と聞こえてきます。そんな音を感じつつ、今日も鉄道の「知っていそうで意外と知られていないこと」を探すためにパソコンの前に座って、日夜試行錯誤しております。色々と考えてはネタ帳に書き始め、やっぱりネタとして纏められない。気づけばよくわからない文字の羅列だけが広がっていく…。でも、その時よくわからない、無意味だと思っていた文字の羅列は後に光り輝くモノへと変化していくことがあります。今回はその中からご紹介してまいります。

 

 このところ、鉄道の現場に『音楽』がたくさん乗り入れ始めています。特に最近注目されているのが発車時・到着時に流れる通称『発車メロディ』。以前『桜に包まれて』という項目でご紹介しました「さくら夙川駅」で使われている到着メロディにコブクロの『桜』、JR東日本恵比寿駅の『第三の男』、そして最近導入されたのが京阪電車の「つないだらひとつのメロディになる」というもの…。しかし、そのどれもが人生の中に響くというところまでは浸透していないような気がします。

 

まだ発車メロディというのが導入されてから時間が浅いというのもありますが、どちらかといえばまだまだ私にとっては『発車ベル』の方が「旅立ち」を感じてしまいます。大学卒業直後に訪れた秋田駅、さぁこれから夜行列車に乗って寝るぞ!…という雰囲気の中、流れてきたウォータークラウン(注:曲名)に違和感を感じまくったことをつい最近のように思い出してしまいます。

 ただ『音楽』の乗り入れというのはココ最近顕著に見られていますが、実際かなり前からあるそうです。古い文献を紐解きますと、静岡県の歌として認識されている『ちゃっきり節』や、イタリアの民謡『フニクリ・フニクラ』は実は鉄道がきっかけとなって生まれた歌だそうです。ちょっと昔ならば山口百恵さんの『いい日旅立ち』、小柳ルミ子さんの『私の城下町』、ヒロミ郷の『2億4000万の瞳』を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ココ最近ならばTOKIOの『AMBITIOUS JAPAN!』、鬼束ちひろさんの『いい日旅立ち・西へ』などが代表格として挙げられます。

 

…が、当レールウェイコンシェルジュとしてはメジャーな曲をご紹介してハイ終わり!ということは致しません。昔から私は旅行の際には勝手にテーマソングを決めてその歌にあった旅行を楽しむといったことをしておりました。どちらかと言えばマイナーな部類に入る歌と、その歌に似合った路線をピックアップ。その楽しみ方を提唱する…ということをちょっとの間だけやってまいります。暫くの間お楽しみ頂ければ幸いです。

|

« 線を紡ぐ | トップページ | 夜行列車と共に聞く音楽<テツノート> »