« お知らせです | トップページ | 京都駅のメジャーでないところ巡り(その1) »

2007年6月 1日 (金)

たまには普通の観光ガイド・京都編

 私、一応こう見えましても『国内旅行業務取扱管理者』という国家資格を持っております。その結果何か変わるのだろうか?と思っていたら何一つ変わったことがありません。でもまぁ持っちゃったものは仕方ありません。この資格をある程度生かしたような内容をいくつかお届けしてまいりましょう。(まぁ、一応コンシェルジュって言ってるんだからこういうことをしておいた方がいいんじゃないか…という思いもありますし)

 新緑の時期を過ぎ、そろそろ紫陽花の季節。京都はこの時期からいよいよ観光シーズン本番となります。現に京都駅に行くと駅前や改札前には修学旅行で訪れた中学生や高校生たちが沢山座っています。

Kyotobus0a_1

(こんな風景が京都駅のいたるところに広がっている・画像は加工しています)

んでもって、修学旅行の学生さんや観光客の皆さんは何故か京都市内で観光地を巡る際『京都市営バス』を利用しようとします。確かに京都駅の烏丸口を出ますと、目の前には京都タワー。その下にはバリアフリーに対応したバスターミナルとおびただしい数のバス。そうなればバスに乗って観光だ!となってしまうのは当然の流れではないでしょうか。しかしそこに落とし穴があるわけです。

Kyotobus01 Kyotobus02

(京都駅烏丸口を出ると見えてくるバス停留所の案内図)

京都市交通局のバスは京都駅を中心として路線網を形成しています。しかもそのどれもが観光地を経由(というか京都という街自体観光地だらけ)していますので、一見すればとても利用価値がある交通機関だと思われます。

Kyotobus03

(縦横無尽に張り巡られた市バスの運行網。地下鉄も記載されている)

Kyotobus07 Kyotobus09

(観光地を経由したバス路線も設定されている)

しかし、このバスという選択肢は京都を観光する上ではちょっと間違った選択肢だったりします。京都という街は他の都市よりも渋滞が発生しやすい街の構造になっています。 まず市内の中心部の五条通という道、これがあの国道1号線。日本の大動脈がしない中心部を突っ切っています。これだけならまだ解決策はあるのですが、問題はこの五条通のすぐ近くにあるのが『四条通』、昔から京都の繁華街の中心的な通りとなっています。繁華街の真横に国道1号線、この立地条件の良さが京都市内に渋滞を生み出す原因となっています。

Kyotobus05

(赤い部分は常時混む、緑の部分は観光シーズンになると混む)

また、観光地として名高い清水寺や三十三軒堂に通じる道や京都駅周辺はタクシーや路線バス等が大挙して訪れるために渋滞が多発してしまいます。現にその渋滞を避けるため京都へやってきたツアー客の方々は八条口(新幹線乗り場)から観光バスに乗られています(このように整理されている点はやっぱり観光の街・京都)。これから京都へ観光される方々の為にちょっとした観光テクニックを一席。

 

1:京都観光には電車を有効活用しよう。

 京都市内は先ほど説明しましたとおり渋滞が多発します。とはいっても渋滞が多発する場所というのは前出の『五条通』『四条通』と祇園(清水寺や八坂神社)、嵐山界隈に集中しています。この場所までバスで移動するのはちょっと大変です。そこで利用したいのが鉄道。祇園へはJR奈良線で東福寺駅まで移動し、そこから京阪電車で四条駅・五条駅へ移動するのが最も時間が読めます。二条城や嵐山へは同じようにJR嵯峨野線(山陰線)で嵯峨嵐山駅まで移動できます。料金は掛かりますがその分時間の短縮にはなります。

2:北大路は第二のバスターミナル。

 先ほど『四条通』が渋滞すると私は記載しました。言い換えますとこの場所以外は比較的渋滞が少ないということです。そこで提唱したいのが『北大路駅』のバスターミナル。京都市営交通局は正直言うと京都に住んでいる人しか分からないようなやり方でバス停を設置しています。しかもバリアフリーに逆行するかのような配置箇所もチラホラ存在しています。そこで利用したいのが地下鉄の北大路駅。この駅には北大路バスターミナルが併設されていまして、金閣寺や北野天満宮、銀閣寺などの観光スポットへ移動できる『洛バス』もこのバスターミナルから発着しています。観光シーズンともなりますと、京都駅から洛バスに乗って移動するより、この駅まで地下鉄で移動し、そこからバスに乗った方が早く移動できるケースが多発してしまいます。是非とも北大路駅は覚えておいた方がいいです。

3:タクシーは最後の手段。

 かの桃太郎電鉄の作者、さくまあきらさんは『路線バスよりタクシー』に乗って取材するそうです。現に京都にはさくまさんが指定するタクシードライバーさんもいらっしゃるそうで、そう考えると実に効率のいい旅行プランで行動しているなぁ…と感じます。現に京都市内は観光客向けのタクシーが多数存在していますし、観光スポット前には沢山のタクシードライバーさんが待機しておられます。タクシーを観光に使うというのは確かに便利です。が、やはり便利なだけに結構なお値段だったりします。ちょっと不便な場所に行くのであればタクシーも使い勝手のいい交通手段ではありますが、そこは京都。そこの空気に触れるというのも観光のひとつになると思います。私もよくタクシーを使いますが、やっぱりタクシーより路線バスの方が『旅してるなぁ…』と思いますし。

 

…まだまだ紹介したいことはありますが、とりあえずこの辺で。

|

« お知らせです | トップページ | 京都駅のメジャーでないところ巡り(その1) »