« 今週はカレーウィーク! | トップページ | 如何に早く、如何に安く移動するのか~計画編~ »

2007年4月24日 (火)

東海道の移動あれこれ

 今回『カレー部例会』に参加するという事が決定してから、私は延々と考え込んでしまいました。天下の大スター、タモリさん(しかも鉄道ファン)や「東京タワー」のリリー・フランキーさん、「吉本ギャグ100連発」のみうらじゅんさん、ジャズの大家の山下洋輔さん。そして「何かあると山を掘っている」と親戚の叔父に言われているダーリン(糸井重里)さんに逢える、そんな有名な方に私みたいなチンケな男が何を聞いたらいいのか…

と、いうわけではなく、

『東京までどの交通機関を使って行こうかなぁ』ということ。

今回イベント参加が正式に決定したのが18日深夜。つまりイベント開始まで一週間を切っていました。この時期になるときっぷや宿の手配となるとちょっと大変だったりするんです。本来こういう一泊旅行の場合、安く移動することができて尚且つ東京での宿泊も可能という『出張パック』というものを利用するのですが何分決まったのが一週間前。旅行代理店を通じて購入する『出張パック』は格安という事もあり、その時期になるとそう簡単に予約が取れません。そうなると自分で動いて宿や交通機関を押さえた方が手っ取り早くて安い交通手段を得ることが可能となります。

C03

(我々のバイブル、定刻通り只今登場)

そこで時刻表を開いたり、自分の知識を総動員して色々とルートを組み立てていくことになります(結構こういう作業が楽しかったりするんですよねぇ)。組み立てていくと『結構東京大阪間って色々な交通機関があるんだなぁ』という事に気づきました。今まで撮影した写真と共にその交通機関を紹介していきましょう。

Croquis16 Pict0284

(左:700系新幹線・JR西日本所有、右:0系新幹線・こちらは小倉駅で撮影)

まずは日本の大動脈と言われている『東海道新幹線』、のぞみだと新大阪駅から最速150分(2時間30分)で東京駅へと到着します。一編成あたり1323人もの大量人数を高速で移動させるという交通機関は多分日本だけでしょう。

Ana(大阪モノレールから見た伊丹空港)

続いては空、『航空機』を見てみましょう。関西から東京(羽田)へは関西空港・伊丹空港・神戸空港の3路線が就航しています。そのどれもが約1時間で到着する速さ、大阪市内への立地条件のよさ、そして割引サービスの多様化から最近利用客が増加しているそうです。

Megadream01 Shinyabus01

(左:メガドリーム号、右:通常の二階建てバス・但し広島行き)

最近ジリジリと利用客を増やしてきたのが『高速バス』、時間は掛かるものの格安で移動できる手段として学生や熟年の皆様に大好評だそうです。現に大阪からはJR系列のバスだけで夜行最大15往復、昼行最大10往復という一大勢力となっています。

Sunrise01 Sunrise02

(寝台列車の写真がなかったので模型とグッズで。パンフレットは車内にあったもの)

最後はサラリーマンにとって「寝ながら移動できる」「翌朝の時間を有効活用できる」「意外と疲れが取れる」ということで利用されている『寝台列車』です。写真の「サンライズ瀬戸・出雲」の場合、大阪駅を深夜の0時34分に出発し翌朝の7時8分に到着、寝台急行の銀河でも22時22分に大阪駅を出発し、翌朝の6時42分に到着することが出来るナイスなヤツです。寝台料金は掛かるものの、変えがたい経験を夜の車窓から得ることが出来ると私は思っています。

 これら交通機関を如何に駆使して楽しく移動できるか、ソレばかりを今だ考えております。ちょっと今回は特殊な移動でもありますので、その部分を如何に上手く解決できるか!個人的にはそこが重要になっちゃって、カレーが時々霞みそうになります。コレも偏に『鉄』の悲しき定め、お許しくださいませ。

…でも、今回は普通の人とは違うルートで行こうと思ってます。それは今後のお楽しみということで。

|

« 今週はカレーウィーク! | トップページ | 如何に早く、如何に安く移動するのか~計画編~ »