« マジですか2 | トップページ | キミとボクをつなぐもの »

2007年2月 3日 (土)

鉄道網を検証する

 私たちの生活の中には知らず知らずの間に『鉄道』が関係している場合があります。何も『鉄道』というのは移動するためだけではありません。時に意外なところで関係している場合があるのです。今回はそんな「意外なところに進出している」鉄道会社の系列会社のお話です。

Keiretu01 Keiretu02

(左:近鉄百貨店、右:阪神百貨店)

鉄道の系列会社として真っ先に思いつくのが『百貨店』ではないでしょうか?元々阪急電鉄の創始者である小林一三氏が集客を目的としてターミナル駅に百貨店を設置したのが始まりだといわれています。しかし、世の中には何でも例外があります。判りやすく鉄道の会社名を記載していても、本当は系列会社ではない場合があります。

Keiretu03 Keiretu04

(左:東急ハンズ心斎橋店、右:阪急百貨店うめだ本店)

その代表格ともいえるのが『東急ハンズ』さん。都市型のホームセンターとして現在も好評営業中のこの会社、現在は東急(東京急行電鉄)さんの系列会社ではありません。ただし東急さんの系列会社である「東急不動産」さんが大株主ですので、大きな意味合いとして東急グループの一員であることには変わりありません。

…判りづらいですねぇ。

ちょっと難しいので、物語に例えてみましょう。この『東急ハンズ』さん、元々は東京急行鉄道さんの子会社でしたが、現在は別の会社の子会社。しかもその親会社は東急不動産というグループ会社のひとつ…、この行為は実の子供を子宝が授からない兄へ養子に出すことに準じている…。

あ、『ドラえもん』における骨川スネツグ君だ。『東急ハンズ』さんは『骨川スネツグ君』ってことで(強引だなぁ…)。

一方の『阪急百貨店』さん、こちらは『東急ハンズ』さんとは違って阪急電鉄さん(※1)と同等の関係になっています。コレも物語に強引に例えてみますと、『阪急百貨店』さんと阪急電鉄さん(※1)は大元が同じであるけれども、全く別の組織…コレは兄弟関係とよく似ております。しかもどちらも大きなグループとして存在しているために、会社関係者ですらグループ図を見ないと把握できない状態…。

あ、『渡る世間は鬼ばかり』の小島五月(泉ピン子)だ。『阪急百貨店』さんは『小島五月』ってことで(やっぱり強引だなぁ)。

(※1:現在の社名は阪急阪神ホールディングス。「ホールディングス」となる前の社名で記載しました)

…その一方で「こんなのも鉄道の系列なの?!」と驚く会社も存在しています。まずは京都駅の前にあるあの大きな建物。

Keiretu05

…『京都タワー』さん、タワー型の展望台の他にホテルや100円ショップ、おみやげ物屋さんにスターバックスコーヒー、銀行に銭湯と多種多様な店舗が営業しているこのタワー、実は京阪電鉄さんの系列会社だったりします。

Keiretu06

同じく京都駅の駅ビルの中にある『伊勢丹』さん、『伊勢丹』さん自体は鉄道と何ら関係のない会社ですが、京都にある『伊勢丹』さんはJR西日本さんと共同で運営しています。そのため京都にある伊勢丹さんの正式な名称は『ジェイアール西日本伊勢丹』。…長いですなぁ。

Keiretu07

コンビニエンスストアの『am/pm』さんにもかなり鉄道が関係しています。関西圏では近鉄さんがエリアフランチャイズとして契約していました。現在は株式の大半を違う会社に売却した為、関係会社としてのつながりは薄くなりましたが、それでも近鉄沿線(ならびに近鉄の駅構内)にはかなりの数の『am/pm』さんを確認することが出来ます。同じ様に九州地区はJR九州さんの子会社であるJR九州リテールさん、関東地域では沿線ごとに京成さん、東武さん、東急さん、相鉄さん、つくばエクスプレスさんがフランチャイズ契約をしています。

…複雑ですか?これ以上に昨年合併した阪急阪神ホールディングスさんはもっと複雑だったりします。合併した際、阪急さんと阪神さんの系列会社の一部を整理してグループを再編しました。その際福島駅の近くにある『ホテル阪神』さんを阪神さんの子会社から同じ阪急阪神ホールディングス内の宿泊部門を束ねる『阪急ホテルマネジメント』という会社の子会社に変更しました。しかし、阪神さんの系列会社にはあの高級ホテルが残っています。

Keiretu08a Keiretu08

(左:ハービスOSAKA、右:ザ・リッツ・カールトン大阪の入口、高級感バツグン)

「ハービスOSAKA」内に店舗を構えている世界的に名高い『ザ・リッツ・カールトン大阪』さんがそれだったりします。阪急阪神ホールディングスさんのホームページからリンクはされていませんが、このホテルの名称は『阪神ホテルシステムズ』といいまして、阪神さんの100%子会社。ですので阪神タイガースさんが記者会見をする際必ずと明言してもいい位こちらのホテルで行われるそうです。

Keiretu09 Hoteichiritz

(左:会社名が記載されたシール、右:リッツ特製のクリームデニッシュ、一個税込で315円)

そしてそして、最近話題になったあの会社もなんと鉄道会社の系列だったりします。

 

 

 

 

 

Keiretu12

  フジテレビ系列の『関西テレビ』さん、こちらも実は鉄道の系列会社だったりします。本来放送局というのは公共性の高い会社ですので、色々な放送局に対して地元の有志という形で鉄道会社は少しだけ出資していたりしますが、この『関西テレビ」だけは何故か出資比率が桁外れに大きいのです。そのため毎週土曜日には同じ阪急系列の『宝塚歌劇』の中継があり、この中継が元となって大阪のおばちゃんの化粧が派手になったのではないか…と私は睨んでいます。

Keiretu13 Keiretu13a

(マスコットキャラクターはハチエモン。現在は諸般の事情で撤去されている)

ちなみに『阪急百貨店』さんと『阪神百貨店』さん、『ホテル阪神』さんと『ザ・リッツ・カールトン大阪』さんに『関西テレビ』さん、そして阪急阪神ホールディングスの立ち位置を図にするとこういう形になります。

Keiretumap_1

…強引に親子関係で例えてみますと、『阪急百貨店』さんと『阪急阪神ホールディングス』さんは兄弟、『阪急電鉄』さん『阪神電鉄』さんは『阪急阪神ホールディングス』さんの子、『阪神百貨店』さんや『関西テレビ』さんは孫にあたります。『ホテル阪神』さんは『阪急ホテルマネジメント』さんの養子になる…ということです。ちょっと、今回強引かなぁ…。

このように鉄道会社は我々の身近なところに進出して、我々の生活をジックリと支えています。皆様もふとした時に『ああこういうところにも鉄道って関与してるんだよねぇ』と思っていただければ幸いです。

 

 

<オマケ>

Keiretuaa01 Keiretuaa02

関西テレビさんの横には『扇町公園』という公園があります。元々この公園の再開発事業の一環として関西テレビさんの社屋が建てられたそうです。 この日は春先の様な暖かさ、そんな陽気に誘われ、ここで昼食を頂くことにしました。

Keiretua01 Keiretua02 Keiretua03 Keiretua04

(よく混ぜて、御飯にかけて食べる。日本人ならコレだと思います。)

Keiretua05(ウマイ)

|

« マジですか2 | トップページ | キミとボクをつなぐもの »