« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

ヒーローショー見物記

 私の年代では珍しいことではありますが、何故か私は幼少の頃から他の人とはちょっと違っていて本放送のヒーローより、平日の夕方に再放送していたようなちょっと古めかしいアニメのヒーローが大好きだったことを覚えています。その時から『ケッ、ガキ向けのアニメに騙されてやがる』なんて口に出していたのですから末恐ろしいです(今ここでそんなお子様に出会ったとしたら、私は真人間に戻すべく徹底的に再教育しているでしょう)。例えアニメやマンガの中のヒーローであっても、ヒーローを間近でこの目で確かめたい…、それは幼少の男の子なら誰もが夢見ること。遊園地で開催されるヒーローショーを見て興奮した経験は今でも私の中で美しく輝いております。今回は誰もが気軽に見ることが出来る『ヒーローショー』をご紹介いたします。

 その『ヒーローショー』、実は日本のどこかで毎日、ほぼ頻繁に見ることが出来ます。とは言っても場所は普通に我々が立ち入ることが出来る場所、

Gattya01

(JR西日本・京田辺駅)

鉄道の駅でございます。この駅には『ヒーロー』が待機しており、今か今かと活躍の瞬間を待ちわびております。…ココまで書いていて「アレだな」と思いついた方がいらっしゃるかと思われますが、その通りでございます。この駅の平和を守っている『ヒーロー』、それは

ガッチャマン。

…ただしこのガッチャマン、別に科学忍者隊にいるとか飛行機に乗っているとかスナックのツケを払わずに飲み食いしているというわけではございません。この『ガッチャマン』、連結を担当する鉄道マンの俗称なんだそうです。鉄道同士の連結といえば有名なのが東北新幹線と秋田・山形新幹線。こちらはほぼ無線によって連結の指示を出していますが、通常は駅の係員が指示を出して連結を促しています。

Gattya02

(京田辺駅の場内信号機、赤い矢印で示しているのが誘導信号機)

連結する場合、列車は駅のホームの手前で一旦停車します。これは鉄道車両が一閉塞に一つの車両しか入ることが出来ないから、だそうです。一旦停止の後、信号機の下にある特別な信号機(誘導信号機)が点灯し、この指示に従って連結する列車の手前まで列車はゆっくりと進んできます。

Gattya03 (駅構内に進入してくる列車、見守るガッチャマン)

ここからガッチャマンのショータイム。進入してきた列車が止まると、ガッチャマンはすぐに運転士さんに話し掛けます。もちろん世間話をするというワケではなく、やってきた列車が連結できる状態なのかを確認する為です。

Gattya04 (話し掛けるガッチャマン)

いよいよ本番、両手に持っている旗をカンカンと合わせます。これは周囲の人々に「これから連結をする」という合図です。その音の後、赤色の旗を水平に示します。ココの位置が連結だと運転士さんに示すわけです。その一方で緑色の旗を広げ、上下に振りはじめます。

Gattya04_1 Gattya06

(左:旗を示すガッチャマン、右:旗を振るガッチャマン)

この緑の旗を合図に運転士さんはゆっくりと確実に列車を進めます。山形新幹線などでは旗での指示だけでなく、無線にて『やわやわー』という言葉も加わる大切な場面です。電車でGO!ならボーナスポイントが付くかどうかの重要なところ、もちろん通常の列車でも細心の注意を払って連結していきます。

Gattya07 (無事連結完了)

 連結が確認できると、ガッチャマンは連結に不具合がないか運転室内の機器を確認します。連結を確認出来たところで、このショーはお開きとなるわけです(この説明だとあまりにも判り辛いと思われますので、こちらの映像 (要Quick time player)もご覧いただければ幸いです)。…よく考えれば我々が「鉄道マン」と思い浮かべるのは運転手さんや車掌さんといった『花形』と呼ばれるような人です。でも、彼らだけで鉄道というのは運営されていません。保線の人達もいれば、今回の様に連結を指示するガッチャマンもまた鉄道を運営していく大切な「鉄道マン」の一員なのです。この方々の努力無くして鉄道というのは成り立ちません。意外なところに意外なヒーロー、今日はガッチャマンをご紹介しました。

 …頑張れ、ガッチャマン。負けるな、ガッチャマン。二色の旗を使い分け、光り輝く鉄路の未来を守り抜くのだ!(富山敬口調)

|

2007年2月16日 (金)

ビフォーアフター

 盛者必衰の理(ことわり)を表すというのは昔からの慣わしみたいなものでして、いいものが発明されるとなると、今までのモノをアッサリと斬り捨ててしまう。世知辛いといえば世知辛いものでございます。鉄道の世界でも革新的な技術が作り出されると一瞬のうちに広まっていきます。『昔はよかった』と呟いてみても後の祭り。それでも立ち止まっていてはいけません。今回はこの『レールウェイコンシェルジュ』で取り上げた事項の中で変わっていったもの、評判があったものにスポットを当ててみます。…ま、簡単にいえば総集編です。本当なら新しい記事を予定していたのですが、それが予想以上に時間が掛かっちゃったため…でございます。なので今回はお気楽にご覧いただければ幸いです。

  

まずは阪急梅田駅の『ビフォーアフター』。

Pict0005_2 Pict0006

関西を代表するターミナルというだけあって、過去幾度と無く登場しているこの駅。検索エンジンからやってくる人々の大半が『パタパタを愛でる』の中で取り上げた『ラガールビジョン』だったりします。別の件で取材する為に阪急梅田駅を利用したところ神戸線と宝塚線だけ…

Pict000101 Pict000201_1

…3色LEDに変わっておりました。ウィキペディアによると『ラガールビジョンが劣化した為に変更した』とのこと。確かに現在使用されている3色LEDに比べると若干見にくい部分はあるかもしれません。でもこれで<普通の>パタパタになってしまったなぁ…という感が否めないのは私だけでしょうか。

 

次に電車の車内の『ビフォーアフター』。

2005年に難燃性の基準が改正され、従来の樹脂製カバーをつけることができなくなったというのは以前『天井コレクション』の中でも説明させて頂きました。その結果JR西日本の321系ではグラスファイバーを用いたものを使用したり、阪急の9300系・9000系のように間接照明にして対応したりしています。

Pict000901 Pict001001

(阪急9300系車内の天井。間接照明が室内を柔らかく照らしている)

その一方、蛍光灯カバーを止めてしまった会社も存在しています。その代表格が近鉄電車のシリーズ21。元々2000年から増備していた車両には他の天井の部品と強調するような蛍光灯カバーが設置されていました。この蛍光灯カバーも前出の改正と共に新規製造された車両からは撤廃されてしまいました…が、そこはあのJR九州の車両を作っている近鉄グループの近畿車輛。

Pict0153 Pict0058_2

(左:蛍光灯カバーの無いシリーズ21車内、右:JR九州813系車内)

…どうでしょうか。813系で形にしたデザインを上手に発展させているではありませんか。照明の蛍光灯を機器の都合で一つ一つ点在させて設置するのではなく、連続したデザインを施して対応しています。蛍光灯の特徴的な形状を見事に生かしきったデザインとなっています。ウィキペディアにて『蛍光灯カバーを設置していない』という記載があった際、ちょっと不吉な感じがしましたが、これはこれで見事!というデザインに仕上がっています。

 

最後に『つながり』に関した『ビフォーアフター』。

当『レールウェイコンシェルジュ』はブログという形式で発表しております。ブログである以上、「コメント」や「トラックバック」等の機能を生かした双方向性を保たないといけない…とは思うのですが、諸般の事情によりその機能は設置しておりません。またご意見ご感想をお届け頂く際は『mixi経由で』という特殊なやり方で行っておりました。先日あるmixiユーザー様から

「mixiユーザーでなければ(レールウェイコンシェルジュに)意見することが出来ないのか」

というご意見を頂戴いたしました。大変貴重なご意見を頂いたことに感謝いたしますと共に、mixiユーザーではない方々にご不便をお掛けしておりましたことを深くお詫び申し上げます。その事を鑑みまして、この度新たなる連絡先としてYahoo!のメールシステムを利用することに致しました。アドレスは

Mailadd です。画像で処理しておりますのでお手数ですが書き起こして頂きますようお願い申し上げます(プロフィールページには画像処理していないアドレスが記載されております。そちらも説明に沿ってお送りいただければ幸いです)。

・・・で、肝心なのはここから。mixiユーザーの方から先週発表しました『キミとボクをつばくもの』に関して大変興味深いメッセージを頂戴いたしました。この回で私は『自動連結器』と『密着自動連結器』の違いについてあまり説明をしておりませんでした。これは「デイリーポータルZ」内のコンテンツ『コネタ道場』にてライターの石原様より「余分なところを削って簡潔に読ませるテクニックも必要」というアドバイスを元に書き記したために起こってしまったものでございます。これも全て私の不徳の致すところでございます。今回頂いたメッセージを元と致しまして、改めて『自動連結器』と『密着自動連結器』の違いについてご説明を申し上げます。

Kimibokuafter01 (また出番です。)

 『自動連結器』には「遊び」があるために、発車時に衝撃を受ける…とご説明いたしました。この「遊び」、何も不都合な点ばかりではなかったそうです。この「遊び」があるため出発時の機関車に負担が掛からなくなるんだそうです。確かに止まっているものを一斉に動かそうとするのは大変です。この「遊び」があることで、徐々に機関車に負荷が掛かり、機関車への負担が少なくなる…そうです。確かに私みたいな体型の人間が急に動いた時、ヒザや関節に大変な負担がかかります。ソレと同じこと…でしょうか。

Kimibokuafter02 (これくらい間が開いたら徐々に動かせる。)

一方の『密着自動連結器』、現在では客車などに多く使われているこの連結器、性能が向上した機関車が牽引することを前提として設置されたそうです。

Pict0087001 Pict0088001

(交通科学博物館に保存されている20系客車の食堂車、連結器が密着自連)

交通科学博物館などに展示されている蒸気機関車や古い客車には普通の『自動連結器』が取り付けられています。一方で長大編成を組んでいた20系などのブルートレインには『密着自動連結器』が取り付けられています。一気に動かすことができるから設置されるようになった…これぞ技術の進歩というものでしょうか。

Kimibokuafter03 (一気に動かすイメージ)

技術の進歩があったからこそ、『密着自動連結器』というものが採用されるようになったんですね。いやはや改めて鉄道の奥の深さを知った次第です。

…さて、皆様に鼻で笑っていただけるようなコンテンツを目指して右往左往しております『レールウェイコンシェルジュ』、皆様のご期待に添えますようこれからも誠心誠意精進してまいります。今後とも宜しくお願い申し上げます。

|

2007年2月 9日 (金)

キミとボクをつなぐもの

 鉄道を色々な方向から楽しむことをモットーとしている当ブログ。無方針でやっているように思われていますが、これでも普段鉄道のことを知らない方々に鉄道の面白さというのを知ってもらおうと努力してやっております(もちろんその努力の方向が最終的に間違っている場合が殆どですが)。今回は鉄道車両の肝心な部分、『連結器』のお話です。

Renketu01 (JR九州883系、連結器に装飾がある)

 例えば皆様が『連結器』と言ってすぐさま思い浮かべるのはこういう形状の連結器ではないでしょうか?

Renketu02 Renketu03

(左:京阪電鉄3000系、右:JR東海313系)

…実はこの2つの連結器、鉄道が盛んに利用されているヨーロッパでは少数派。ヨーロッパでは高速列車(ICEやユーロスター、TGVなど)を除いてほぼ全ての列車に『ねじ式』と呼ばれる連結器が設置されています。

Renketu04 Renketu05

(左:230形蒸気機関車のねじ式連結器、右:1800形蒸気機関車・両方とも交通科学博物館所蔵)

文字通り『ねじ』で締結するから『ねじ式』、この連結器で連結する方法はかなり手間だったりします。またこの連結器は連結したとしても強度が弱く、車両を多く連結することができなかったそうです。

Kimibokup01 Kimiboku02 Kimibokup03

(例えるとするならば告白直後に振られる。ソレぐらい絆が弱い)

しかも日本では車両がヨーロッパのものと比べて小さく、連結をする際に事故が多発、その事故が原因で他界する鉄道マンが多かったそうです(トリビア:この連結作業をする人を『ガッチャマン』と呼んでいたそうです。もちろん科学忍者隊ではありません)。そのため、現在先ほど紹介しました2つの連結器を導入し、作業の効率アップと長大編成化を実現させました。ちなみにお子様に大人気の『きかんしゃトーマス』さん達が持っている連結器がコレです。

 それでは日本で主に使われている『連結器』を見てまいりましょう。大まかに分けますと『自動連結器』と『密着連結器』の2種類、『自動連結器』は機関車や貨車など、『密着連結器』は主に電車に使用されています。

Renketu06 (D51の自動連結器・交通科学博物館所蔵)

 まずはこちらのタイプの連結器。これは『自動連結器』と呼ばれるものです(注1)。19世紀初頭にアメリカで考案され、日本では1925年に国鉄の車両が一斉にこの連結器に変更されました。構造が単純であって、連結する際前出の『ねじ式』と比べると格段に効率がアップすることに成功、また頑丈であるという事も手伝って編成の長大化も可能になりました。

Kimibokup04

(ちょっと恋愛思考が生まれたカップルみたい)

…しかし、この連結器にも弱点があります。指相撲の様な構造であるが故、どうしても連結器同士の間で「遊び」が出来てしまいます。また横方向の衝撃には強いものの、縦方向の振動に関しては構造上弱いという状態になります。その結果『ねじ式』よりも運行時に衝撃を受けてしまう結果となってしまいます。

Kimibokup05

(恋愛したてのカップルは少しの邪魔で別れてしまう)

現在ではこの『自動連結器』を改良し密着性を強くした『密着自動連結器』、気動車などに代表される動力分散型の車両に装着する『小型密着自動連結器』というタイプが『自動連結器』の中ではほぼ主流となっています。

Renketu08 Renketu09

(左:密着自動連結器の機関車、右:密着自動連結器の客車、どちらもトワイライト仕様)

Renketu10 Renketu11

(左:京阪電車の連結器、小型密着自動連結器を使用、右:連結時の写真)

このタイプは横の突起などの構造を変更することによって移動時の衝撃を緩和しています。もちろん大元の『自動連結器』と構造は同じですので、これらのタイプは相互で連結することが可能となっています。

Kimibokup06

(誰にもジャマされないようにカップル握りで対抗)

しかし、残念ながら改良をしたとしてもやはり「衝撃」はあります。現在でも『ムーンライト九州』などの客車列車に乗っていますと、発車時の衝撃で飲み物を倒したり深夜でも思わず起きてしまうという状態になることがあります。

Kimibokup07 Kimibokup08

(どんな事があっても彼女を守っる、付き合いたての男が見せる愛)

Kimibokup09

(愛は力の前には無力)

…その点を解消するべく登場したのが『密着連結器』です。1920年代に私鉄が採用し、1930年代に国鉄も使用を始めました。

Renketu12 Renketu13

(左:JR西日本221系、右:JR九州787系、どちらも密着連結器)

この連結器、前出の『自動連結器』と比べると連結した際に「遊び」が少なく、連結した際にブレーキ用の空気管が同時に繋がるという特徴があります。「遊び」が無いという事は、自動連結器に比べて発進時の衝撃が少ないという事。そのため電車などの加速や減速を頻繁に行なう車両によく使用されています。

Kimibokup11

(密着する二人、それは愛の深さゆえの距離)

…、気にせず参りましょう。現在は気動車でもこの『密着連結器』を使用した車両が増えています。どうして増えたのか?…この『密着連結器』の下にある白い四角い物体、コレに理由が隠されています。

Renketu14 Renketu15

(左:自動連結器と電気連結器の使用例、右:自動連結器の下にあるのが電気連結器、両者とも近鉄特急)

この白い四角い物体は『電気連結器』と言いまして、この中には電車などの運行を行う際の指令などを伝達する電極が内蔵されています。車両を運行する際の信号をここで受け渡しすることによって編成同士の間で協調することが可能となるわけです。

Kimibokup10 Kimibokup12

…。

えー、この『電気連結器』の登場によって列車を増結したり、切り離しを何度も行うことで需要と供給のバランスをとれるようになりました。このシステムを利用して一本の列車を途中の駅で分割し、それぞれ違う方向へ走行させるという工夫をしている会社もあります。

Kimibokup14

(心と体が重なり合う、二人だけの特別な時)

…このように『連結器』ひとつ見ても興味深く、ましてや日本の鉄道が特異的に発展していったということを知ることができます。人と人との繋がりが大事なように、鉄道車両のつながりも大事。皆様も電車を見る際は連結器をちょっとだけ見てあげてください。

Kimibokup15 (おめでとう、お二人さん)

 

 

<オマケ>

連結器の状態を例えるのに人形で説明しました。お判りになられましたでしょうか?そろそろバレンタイン、こういうカップルがいると正直むかつきます。

Kimibokuomake (人形に当たってはいけません)

|

2007年2月 3日 (土)

鉄道網を検証する

 私たちの生活の中には知らず知らずの間に『鉄道』が関係している場合があります。何も『鉄道』というのは移動するためだけではありません。時に意外なところで関係している場合があるのです。今回はそんな「意外なところに進出している」鉄道会社の系列会社のお話です。

Keiretu01 Keiretu02

(左:近鉄百貨店、右:阪神百貨店)

鉄道の系列会社として真っ先に思いつくのが『百貨店』ではないでしょうか?元々阪急電鉄の創始者である小林一三氏が集客を目的としてターミナル駅に百貨店を設置したのが始まりだといわれています。しかし、世の中には何でも例外があります。判りやすく鉄道の会社名を記載していても、本当は系列会社ではない場合があります。

Keiretu03 Keiretu04

(左:東急ハンズ心斎橋店、右:阪急百貨店うめだ本店)

その代表格ともいえるのが『東急ハンズ』さん。都市型のホームセンターとして現在も好評営業中のこの会社、現在は東急(東京急行電鉄)さんの系列会社ではありません。ただし東急さんの系列会社である「東急不動産」さんが大株主ですので、大きな意味合いとして東急グループの一員であることには変わりありません。

…判りづらいですねぇ。

ちょっと難しいので、物語に例えてみましょう。この『東急ハンズ』さん、元々は東京急行鉄道さんの子会社でしたが、現在は別の会社の子会社。しかもその親会社は東急不動産というグループ会社のひとつ…、この行為は実の子供を子宝が授からない兄へ養子に出すことに準じている…。

あ、『ドラえもん』における骨川スネツグ君だ。『東急ハンズ』さんは『骨川スネツグ君』ってことで(強引だなぁ…)。

一方の『阪急百貨店』さん、こちらは『東急ハンズ』さんとは違って阪急電鉄さん(※1)と同等の関係になっています。コレも物語に強引に例えてみますと、『阪急百貨店』さんと阪急電鉄さん(※1)は大元が同じであるけれども、全く別の組織…コレは兄弟関係とよく似ております。しかもどちらも大きなグループとして存在しているために、会社関係者ですらグループ図を見ないと把握できない状態…。

あ、『渡る世間は鬼ばかり』の小島五月(泉ピン子)だ。『阪急百貨店』さんは『小島五月』ってことで(やっぱり強引だなぁ)。

(※1:現在の社名は阪急阪神ホールディングス。「ホールディングス」となる前の社名で記載しました)

…その一方で「こんなのも鉄道の系列なの?!」と驚く会社も存在しています。まずは京都駅の前にあるあの大きな建物。

Keiretu05

…『京都タワー』さん、タワー型の展望台の他にホテルや100円ショップ、おみやげ物屋さんにスターバックスコーヒー、銀行に銭湯と多種多様な店舗が営業しているこのタワー、実は京阪電鉄さんの系列会社だったりします。

Keiretu06

同じく京都駅の駅ビルの中にある『伊勢丹』さん、『伊勢丹』さん自体は鉄道と何ら関係のない会社ですが、京都にある『伊勢丹』さんはJR西日本さんと共同で運営しています。そのため京都にある伊勢丹さんの正式な名称は『ジェイアール西日本伊勢丹』。…長いですなぁ。

Keiretu07

コンビニエンスストアの『am/pm』さんにもかなり鉄道が関係しています。関西圏では近鉄さんがエリアフランチャイズとして契約していました。現在は株式の大半を違う会社に売却した為、関係会社としてのつながりは薄くなりましたが、それでも近鉄沿線(ならびに近鉄の駅構内)にはかなりの数の『am/pm』さんを確認することが出来ます。同じ様に九州地区はJR九州さんの子会社であるJR九州リテールさん、関東地域では沿線ごとに京成さん、東武さん、東急さん、相鉄さん、つくばエクスプレスさんがフランチャイズ契約をしています。

…複雑ですか?これ以上に昨年合併した阪急阪神ホールディングスさんはもっと複雑だったりします。合併した際、阪急さんと阪神さんの系列会社の一部を整理してグループを再編しました。その際福島駅の近くにある『ホテル阪神』さんを阪神さんの子会社から同じ阪急阪神ホールディングス内の宿泊部門を束ねる『阪急ホテルマネジメント』という会社の子会社に変更しました。しかし、阪神さんの系列会社にはあの高級ホテルが残っています。

Keiretu08a Keiretu08

(左:ハービスOSAKA、右:ザ・リッツ・カールトン大阪の入口、高級感バツグン)

「ハービスOSAKA」内に店舗を構えている世界的に名高い『ザ・リッツ・カールトン大阪』さんがそれだったりします。阪急阪神ホールディングスさんのホームページからリンクはされていませんが、このホテルの名称は『阪神ホテルシステムズ』といいまして、阪神さんの100%子会社。ですので阪神タイガースさんが記者会見をする際必ずと明言してもいい位こちらのホテルで行われるそうです。

Keiretu09 Hoteichiritz

(左:会社名が記載されたシール、右:リッツ特製のクリームデニッシュ、一個税込で315円)

そしてそして、最近話題になったあの会社もなんと鉄道会社の系列だったりします。

 

 

 

 

 

Keiretu12

  フジテレビ系列の『関西テレビ』さん、こちらも実は鉄道の系列会社だったりします。本来放送局というのは公共性の高い会社ですので、色々な放送局に対して地元の有志という形で鉄道会社は少しだけ出資していたりしますが、この『関西テレビ」だけは何故か出資比率が桁外れに大きいのです。そのため毎週土曜日には同じ阪急系列の『宝塚歌劇』の中継があり、この中継が元となって大阪のおばちゃんの化粧が派手になったのではないか…と私は睨んでいます。

Keiretu13 Keiretu13a

(マスコットキャラクターはハチエモン。現在は諸般の事情で撤去されている)

ちなみに『阪急百貨店』さんと『阪神百貨店』さん、『ホテル阪神』さんと『ザ・リッツ・カールトン大阪』さんに『関西テレビ』さん、そして阪急阪神ホールディングスの立ち位置を図にするとこういう形になります。

Keiretumap_1

…強引に親子関係で例えてみますと、『阪急百貨店』さんと『阪急阪神ホールディングス』さんは兄弟、『阪急電鉄』さん『阪神電鉄』さんは『阪急阪神ホールディングス』さんの子、『阪神百貨店』さんや『関西テレビ』さんは孫にあたります。『ホテル阪神』さんは『阪急ホテルマネジメント』さんの養子になる…ということです。ちょっと、今回強引かなぁ…。

このように鉄道会社は我々の身近なところに進出して、我々の生活をジックリと支えています。皆様もふとした時に『ああこういうところにも鉄道って関与してるんだよねぇ』と思っていただければ幸いです。

 

 

<オマケ>

Keiretuaa01 Keiretuaa02

関西テレビさんの横には『扇町公園』という公園があります。元々この公園の再開発事業の一環として関西テレビさんの社屋が建てられたそうです。 この日は春先の様な暖かさ、そんな陽気に誘われ、ここで昼食を頂くことにしました。

Keiretua01 Keiretua02 Keiretua03 Keiretua04

(よく混ぜて、御飯にかけて食べる。日本人ならコレだと思います。)

Keiretua05(ウマイ)

|

2007年2月 1日 (木)

マジですか2

http://www.tbs.co.jp/tokkyuu3/(TBSさん公式サイト)

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200701/gt2007013105.html(サンスポさんの記事)

 

遂に『鉄ヲタ』がドラマになりますぜ。しかも主役はKAT-TUNの田中聖さん…。TBSはジャニーズ事務所さんをどうやって騙したんでしょうか?少なくともアイドルが演じるような役どころではないような気がします。

…それにしても『特急田中3号』っていうタイトルはどうなんでしょう。奇数の号数が付いている列車は基本的に『下り』の列車に付けられる号数なんですけど。このドラマの視聴率が高くなることを、大阪の狭いコンクリートジャングルの空の下よりお祈り申し上げます。

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »