« 大開駅物語 | トップページ | マジですか2 »

2007年1月23日 (火)

春日野道物語

 震災は色々なものを変えていきました。生活や仕事、風景や思い出…。神戸の方々にとって、震災は生活を語る上で必ず出てくるそうです。今回はその震災シリーズの一応『区切り』としてある意味有名な神戸の駅をご紹介しましょう。

Kasuga02 Kasuga00

有名な駅、それは阪神電車の春日野道駅です。地下化と同時に廃止される運命だったこの駅も、工場関係者からの熱いラブコールによって廃止が撤回。しかし地下の構造を今更変更することも出来ず、無理やりに駅舎と2.6メートルという狭すぎるプラットホームを抱えるようになってしまったある意味有名な駅でした(ある意味『ビフォーアフター』が取材しそうな駅だったりします)。現在この駅の周辺にあった大きな工場はこの場所から撤退し、その跡地には震災を後世に伝える為の施設、震災で住宅を無くした方々のための復興住宅だけでなく、兵庫県立美術館や小学校、何故か温泉まで建設されております。

Kasuga01 Kasuga03

(左:阪神電車旧春日野道駅ホーム、右:春日野道駅の東側コンコース)

それだけの施設が出来るということは、この駅を利用する人たちが増える、ということ。そんな状況なのに2.6メートルという狭いホームでは対応できないことは明確です。ましてや出入り口が一箇所しか設置できなかったので、バリアフリーの観点から設置されるエレベーターすら増築することが出来ません。そのため駅のホームを対岸に作り直し、バリアフリーに対応した駅舎にリフォームしました。旧ホームは補強用の壁が設置されたものの、そのまま残されており、この駅がどういう事で有名だったのかを語ってくれています。…このリフォームの結果かどうかはわかりませんが、現在隣の岩屋駅よりも乗降客が増えているそうです。

Kasuga04 Kasuga05

(左:駅構内にある旧ホームのレリーフ、右:阪神電車春日野道駅東改札、こっちが増築された)

ただ、意外と知られていないことではありますがこの『春日野道駅』、実は阪神の他に阪急神戸線にも同じ名前の駅があります。しかもこの両方ともそんなに距離が離れておりません。

Kasugamap

 元々このあたり一体を「春日野」と呼ばれており、そこに出来た道の名前が『春日野道』、その道沿いに出来た駅だから…という理由で両者とも「春日野道」という駅名を名乗っているようです。実際阪神と阪急の駅の間(約450メートル)には「春日野道商店街」という名前の商店街があり、現在もこの地域の方々に愛されています。震災以降、多少店舗の入れ替わりや廃業がありましたが、それでも地元の皆様に愛されている商店街であることには変わりありません。それではもう一方の阪急電車さんが所有する『春日野道駅』をご覧頂きましょう。

Kasuga07 Kasuga13Kasuga12 Kasuga10

駅舎自体は昭和初期の建築デザインに利用者の利便性を強引に掛け合わせたという代物で、高架の駅という括りならば比較的どこにでもありそうな駅舎だったりします。ただこの『春日野道駅』、駅名が駅名だけに

Kasuganoa001

ホームが狭いんです。

Kasuga08 Kasuga14

(左:ホームには電車のマークで注意喚起、右:電車が通過する時だけでなく到着する際も『注意』が点灯する。)

Kasuganoa002 Kasuga09

(左:阪急電車の横はJR、右:改札口へ通じる場所も狭い)

… 阪急電車も戦前に出来た駅のホームを何とか延伸した、というところが何駅かありまして、その一つとしてこの春日野道駅も数えられています。こういったホームの場合だとある程度列車の速度は制限されますが、春日野道駅の場合比較的広いということもあって極端な減速をすることなく列車は通過していきます。

Kasuga11 (トイレが都市部には珍しく男女共用)

…とはいえ、この阪急春日野道駅も変わるかもしれません。阪急神戸線は現在春日野道駅と三ノ宮駅を地下線化し、神戸市営地下鉄に乗り入れるというプランを発表しています。ただこのプランに関しては神戸市側もちょっと難色を示しているそうで、一体どうなるかは未だに判りません。趣味的な視点から考えるとどういう接続方法をするのか、工事の方法は…など、色々なプランが頭の中を駆け巡っていきますが、果たしてどういう結果となりますか今は注意深く見守るだけです。

 

 

<オマケ>

Kasuganoomake

阪神春日野道駅に用意されているミラー。半球体なので色々な方向から見ることが出来る一方で、横幅が広がって見える。多分リアルで私を見たらこんな感じです。

|

« 大開駅物語 | トップページ | マジですか2 »