« 金木犀 ~遥かなる旅路~ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2006年12月28日 (木)

わたしゃ貴方の『そば』がいい

 今年を漢字一文字で表すと『責任』…。そんな混乱っぷりばかりが目立った2006年も間もなく暮れようとしています。最近の大晦日は格闘技が主流になりつつありますが、なんだかんだと言ってもやっぱり日本の大晦日と言えば『紅白歌合戦』と『日本蕎麦』ではないでしょうか。蕎麦と言えば、当『レールウェイコンシェルジュ』では過去『「高速そば」を求めて』という項目で神戸高速鉄道の新開地駅構内にて営業しております『高速そば』さんを取り上げさせて頂きました。驚くべき事にこの項目が『デイリーポータルZ』内の投稿コンテンツ『コネタ道場』にて取り上げられ、今まで経験した事のないアクセス数を頂きました。『コネタ道場』の道場主・石原様並び『コネタ道場』の掲載から当サイトにアクセスして頂いた皆様に今一度厚く御礼を申し上げます。

 さて、今回は年内最後の更新という事もありまして『麺類』、それも再度『立ち食い蕎麦』を取り上げさせて頂きます。関西圏はご存知の通り「うどん」の文化圏、街中を歩きますとうどん屋さんが我々の生活に密着しているという土地柄です。その為駅構内にあります『立ち食い蕎麦』もどちらかといえば「うどん」メインのラインナップが備えられています。ただJR姫路駅には独特の麺を用いた『駅そば』が「うどん」よりも幅を利かせております。私も「青春18きっぷ」で旅行をした際には待ち合わせ時間を見計らっては、姫路駅の『駅そば』を頂いております。

Mayo00

(この状態の麺類を京都の人は<天白(てんぱく)>というらしい)

さて、その『立ち食い蕎麦』。個人的な意見を申しますと、どちらかといえば冬場の食べ物というイメージが強いです。特に冬場の寒風吹きすさぶ中で頂く熱々の食べ物は何事にも変えがたい最高のご馳走ではないでしょうか。暖かな食べ物というのは空腹感だけでなく、冷え切った心も温めてくれる…ような気がします。

しかし、近年はコンビニなどによる流通の変化、食生活の欧米化にによる売上額の減少等が遠因となりまして、近年徐々に店舗網を縮小したり閉鎖に追い込まれる自体に至っております。ただそのような逆境と呼ばれる状況下であっても、『立ち食い蕎麦』は新たなる道を模索し、様々な手段を講じて自らの進路を切り開こうと日夜努力を重ねているようです。その努力の結晶を今回ご紹介します。

京阪寝屋川市駅、大阪地域のベッドタウンとして発展したこの街の玄関として機能しているこの駅の大阪方面へ向かうホームには『比叡』という名前の立ち食い蕎麦屋さんが営業されておられます。

Mayo01 Mayo04

この『比叡』さん、京阪電車の系列の会社が運営している立ち食い蕎麦屋さんです。そう、もうカンのいい方ならばお判りでしょう。京阪系列ということは、なんらかの独自性があるということです。 それでは早速メニューをいじってまいりましょう。

Mayo06 Mayo0702

はい、何でしょうか。『花マヨ』という思いっきり「ネタにしてくれ!」と私に向かって叫んでいるような響きは。そう、比叡の名物の一つがこの『花マヨ』だったりします。マヨという甘美でありながら高コレステロールを髣髴とさせる雰囲気、色々説明してもわかってもらえません(というか半分以上の方々は「もういいだろ」「見たくもない」と思っていらっしゃる事でしょう)。とにかくそのメニューをご覧ください。

Mayo10

(花マヨそば・350円)

和蕎麦と関西風のおつゆにかつお節・焼き豚・ゆで卵、そしてマヨネーズが鎮座しております。最後に何らかの液体が注がれているのですが、それが何であるのかはわかりませんでした(多分企業秘密というヤツでしょう)。店員さん曰く『よくかき混ぜてお召し上がりください』とのことでしたので、早速グッチャグチャに混ぜて頂いてみます。

Mayo11 Mayo12

…最初に言っておきますが、私はこんな体型ですがマヨラーではありません。どちらかといえばたこ焼きにマヨネーズを塗るなと力説するタイプの人間だったりします。ただそんな人間ですがこの『花マヨそば』は美味いと感じます。味わいは和風とんこつラーメンっぽいのですが、思った以上にクドくない。最初口に入れますと鰹と昆布のお出汁がやってきます。しかし風雲急を告げるマヨネーズの集団、傍若無人何者も我が色に染めてやる!と宣言するかのごとくマヨネーズが襲ってくる!逃げなきゃ!…と思っていたら、そのマヨネーズは忘れ物を届けに来た熊の様に私に和平を申し入れます。そのまっすぐな姿勢に心を打たれた鰹と昆布は共にハーモニーを奏でだすのです。それはまるで優雅な社交界。美しいダンスです。

判りにくいですか?とにかく美味いんですコレ。私が味皇ならばとりあえず手短にある大阪城を破壊して桜吹雪でも撒き散らしますし、海原雄山ならば『四郎、肉はサシの少ないものがいい』と捨てゼリフを残すでしょう。いやはや独創性だけかと思っていたら本格的に美味いとは。恐れ入りました。

…以上で2006年最後の『レールウェイコンシェルジュ』の更新となります。今年1年皆様に可愛がって頂きまして誠にありがとうございました。来年からも引き続き皆様に楽しんで頂けるような内容をお送りして参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

<オマケ>

Mayo08 Pict0070mayo

実はこの「花マヨそば」、以前の「高速そばを求めて」の回で取材した際に発見しました。あまりにもネタとして最適でしたので今回改めて取り上げてみました。マジでうどんも美味。

|

« 金木犀 ~遥かなる旅路~ | トップページ | あけましておめでとうございます »