« 私は電車を退避出来るのか(後編) | トップページ | 大福で祝福 »

2006年11月 4日 (土)

私は電車を退避出来るのか(前編)

 京阪電車という鉄道会社は、関西の私鉄の中ではある意味有名な鉄道会社だったりします。この「レルコン」でも幾度となく紹介していますが、今回は京阪電車の『車両』ではなく『駅』のお話です。

 京阪電車は設立した当時、京都と大阪間の集落を通り抜けるルート設定にしました。またできる限り集落の側を走るように設計した為、従来の鉄道と比べるとカーブがきつくなってしまったのです。結果沿線の人たちは『京阪電気鉄道カーブ式会社』と揶揄するようになってしまいました。京阪電車側はルートを変更したりしてカーブを緩和させようと現時点で色々と対策を講じてはいます…が、それでも随所にカーブが残っています。

 カーブが沢山あるという事は、駅もカーブに沿って設置されている場合が多いという事。京阪電車は特にカーブの場所に駅が設置されています。その中でご紹介したいのが今回の舞台ともなります光善寺(こうぜんじ)という駅。

Pict0031 Pict0032

その名もズバリな「お寺へのアクセス駅」として設置されたこの駅も、時代の流れによって大阪圏内のベットタウンとして急速に発展しました。特急・急行などの優等列車は止まらない駅ではありますが、付近に高校や私立の小学校があるためにかなりの乗降客数となっています。

Pict0049_1 Pict0063_1

先ほど説明したとおり、この駅はかなりカーブがきつい状態の場所に設置されています。ただこの駅、カーブがきついだけではありません。駅の真横が幹線道路と住宅地に挟まれた立地になっており、プラットホームが他の駅と比べてもかなり狭いんですね。特に大阪行きのプラットホームは…

Pict0043_1

(左側が大阪行きホーム)

狭いです。

以前デイリーポータルZさんの記事で『都会の危険な場所とは』に出てきた浅草駅と状況はほぼ同じで、このホームは京阪電車の優等列車が8両編成になった際ホームの延伸工事を行いました。幹線道路に挟まれた場所をやり繰りして設置した結果、こういうホームになってしまいました。

さて、ここからが本題。私は今からこのホームの一番大阪寄りに立って、電車を退避しようと考えております。

Pict0004_1 Pict0006_1 Pict0010_1

本来安全を確保する為に設置された『黄色い線』も、この位置では本当に守ってくれるか心配の大きさ。幅は18.5センチ。小学生の足の大きさではないのだけれど、コレで本当に私の身の安全を守ることが出来るのか…心配です。何せこの光善寺駅、速度制限を設けてはいるものの、阪神電車の春日野道駅や阪急電車の中津駅よりも速度は上。しかも急カーブ。しかも私は

Pict0144_1

太っている。171センチ117キロ、体脂肪率約30%、ダイエットを6年前から始めたものの、最近メタボリック症候群と言われてしまい体重と体脂肪率、血圧と尿酸値が鰻登りというダメ人間丸出しのこの男が、今や遅しと通過する列車をこの場所で待つワケです。緊張感は増すばかり、どうなるオレ!

Pict0077 (少し緊張している)

|

« 私は電車を退避出来るのか(後編) | トップページ | 大福で祝福 »