« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

パタパタを愛でる

そう、パタパタ。
私がまだ幼少の頃、「鉄」としての自覚が全く無かった時の話です。父親の田舎へ帰る際、新幹線に乗り込もうとした時ふと見上げるとそこにはパタパタと音を立てて次の列車の行先を表示する装置がありました。それは私が初めてパタパタに出逢った瞬間でもあります。

変わるたびに響くパタパタという音。次に現れる列車はなんだろうと思わせるドキドキ感。旅情を味わうには最適のアイテムです。今回はこのパタパタを取り上げてみます。

さてこのパタパタ、「反転フラップ式案内表示機板」という長い名称の他に開発者の名前から『ソラリー式』と呼ばれたり、よく使用していた番組の名前から『ベストテン式』と呼ばれることがあります。でも一般的にはパタパタと言った方が通じますので、今回はパタパタという名称で統一させて頂きます。
Pict0017 Pict0018
(一般的なパタパタ・京阪枚方市駅で撮影)

●パタパタ前夜

 このパタパタ、爆発的に広まったのには諸説あります。それまでは文字の後ろから光を当てる行灯式、透明な幕に行先を書いた回転幕方式のものがありました。それらに比べて見やすい、一台で多種多様な行先を案内できる、そしてこのパタパタの規格が空港における行先表示板の国際統一規格と指定されたという話…まぁ色々ありますが、とにかく日本の駅では90年代まで爆発的に普及をしていったワケです。

Pict0010 Pict0159

(現役で活躍する阪急千里線関大前駅の行灯式パタパタ・阪神本線尼崎駅の回転幕式パタパタ)

●パタパタ危機

 しかし盛者必衰の理を表すとはよく言ったもの。最近ではLED(発光ダイオード)の登場も相まって、今や一部のファンの間からは『風前の灯』『絶滅危惧種』とも呼ばれているそうです。確かに新しい行先が出来るたびに一枚一枚作っていくのは手間ですし、LEDならパタパタしなくてもスイッチ一つで一瞬のうちに新しい行先を表示できます。例えば私が初めて出逢った『パタパタ』があった新大阪駅。こちらも今やLEDだらけ。在来線の管轄がJR西日本、新幹線の管轄がJR東海だという事も相まって今やココはLEDの見本市状態になっています。

Pict0028 Pict0034

(JR西日本は導入時期が早かったため一般的な「2色」のLEDを使用)
Pict0052 Pict0054

(一方のJR東海は品川駅開業時期と共に見やすい「3色」のLED式に。乗車位置を示すものも3色LED)

ただこのLEDも進化の過程で様々な亜流方式が生まれ、尚且つ新たな方式の登場によって駆逐されるかもしれません。一つがコストの問題。2色のLEDは安価(らしい)のですが、3色のLEDはまだまだお求めにくいお値段だったりします。またLEDでは表示数を超えたものに関してはシステム上一括して表示する事が出来ないという欠点もあります。
Pict00631 (微妙に半角っぽくなっている「新快速」の文字)

●異種パタパタ技バトルロイヤル

 またコレに追い討ちをかけるようなシステムも登場しています。それは意外と関西では知られていなかった「モニター」。昔は南海なんば駅などに設置されていたのを見たことがありますが、何時の間にかこれらのシステムは現在近鉄大阪阿部野橋駅の東口にヒッソリと確認するだけとなっています。
Pict0134 Pict0133

(近鉄大阪阿部野橋駅東口に設置されているモニター型パタパタ。10年前はもっと書体がカクカクしてた)

これにはもちろん設置場所が小さい上に多種多様の情報を入れなくてはいけないという諸問題を解消させる為に設置されているわけですが、別の意味合いでモニターを用いて行先を表示している場所があります。それが阪急梅田駅の3階入口にある行先表示板です。

Pict0167
…なんと大型なモニター。コンサート会場みたい。

 
Pict0166 Pict0171_1

Pict0175 Pict017501

「神戸線ー!盛り上がってるかー!」(ウオー)「宝塚線ー!お前たちの心は燃えているかぁー!」(ウオー)「京都線ー!他の路線に負けんなよー!」(ウオー!)「ジミに佇んでる千里線もガンバレー!」(ウオー

こちらは「ラガールビジョン」と呼ばれる大型画面で、行先の表示だけでなく沿線の観光案内も大きく表示できる非常にマルチなものとなっています。…しかしまぁでかいです。、もちろん大きいモニターだけではありません。試験的ではありますが市販されている30インチ前後の液晶モニター製を使ったパタパタが大阪市営地下鉄の千日前線に設置されています。

Pict0149 Pict0148
(時計までこの中に設定されているところが細かい)

●パタパタ最後の戦い

 それでもまだパタパタは活躍の場を狭めることはありません。逆に進化している場所だってあるのです。今やパタパタ最後の砦とも言われている南海電車。大阪なんば駅を起点とし、じゃりン子チエやふたりっ子の舞台として登場した大阪の下町の風情をくぐり抜け、霊場高野山や泉北ニュータウン、美しき山々と豊かな海が心を癒す和歌山や、関西の空の玄関でもある関西国際空港へと向かうこの路線。実はどこもかしこもパタパタだらけ。

Pict00811 (これぞパタパタ)

Pict0083 Pict00941

Pict0093 Pict0075

 アッチにパタパタコッチにパタパタ、寂しげな場所にもパタパタ、窓口にもパタパタ…。南海電車はこのなんば駅だけではなく、その他の駅にも満遍なくパタパタに列車の行先、2色のLEDに停車駅と各々の特性を生かしたパタパタを取り入れています。これぞ美しい「パタパタ」。列車が旅立てばパタパタ、やってくればパタパタ、ああパタパタパタパタ。

もぅ、最高。

Pict0140

(正しいパタパタのあり方・近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅にて)

|

2006年7月23日 (日)

誰が為に鐘は鳴る

 広島市には『広島電鉄』という私鉄があります。
地元の人々には「ヒロデン」という愛称で呼ばれているチンチン電車がソレです。 私はこの「ヒロデン」が走っている姿を見ていると、何となく「都市の背骨」の様に思えるのです(これはある雑誌からの受け売りですが)。単に車やバス、地下鉄では越えられないような何かがチンチン電車にはあると思うのです。現にチンチン電車がある町はどことなく緩やかな様な気がします。過去様々な都市で活躍していたチンチン電車を次々と購入し、行政と組んでモータリゼーション化がもたらしたチンチン電車への逆風を乗り越えていき、最近は「グリーンムーバー」と呼ばれる低床の次世代型の市内電車を導入して新たなる時代をリードしている…と、次々と話題をこの会社は提供し続けています。

Hiroshima02_1

(写真は2003年広島市内で撮影したグリーンムーバーさん)

この「ヒロデン」、都市の人々だけでなく広島港から松山や別府へむけて移動する人々や宮島へ観光に行こうという人にも便りにされています。それだけ広島市内や近隣の街の要所を押さえているワケですが、もちろん「ヒロデン」さんの沿線にはあの世界中で2箇所しかない場所のひとつも押さえています。

 Pict0183_1

そう、世界遺産として登録されている原爆ドーム。大都市には似合わないあまりにも大きな広さの公園と共に整備されたこの場所に降り立ちますと、このドームが無言のまま私たちに人類の負の歴史を物語っている…そんな気がして仕方がありません。この原爆ドームの最寄電停『原爆ドーム前』、実は到着時車内に響くチャイムが他の駅とは違うというのをご存知でしたでしょうか。これには観光で来られている方々を誘導するという意味合いもあります。英語のアナウンスが入るのですが、日本に来られる方々の全てが英語を理解できるという保証はどこにもありません。他の駅とは違ったメロディを流す事で注意を引くという効果も多少あります。しかし、この音色にはもう一つの意味が込められていると私は思うのです。

その理由はこのメロディを発している物体にあります。コレは広島の平和公園にある「平和の鐘」から奏でられる音をモチーフとしたものだそうです。あの式典で鳴り響く鐘の音がこの電停で鳴り響いている。その音色は一体私たちに何を語りかけているのでしょうか。あの閃光が地上に降り注いだ日から三日後、広島電鉄は一部区間ではありましたが市内線を復旧。当時この市内を走っていた車両は一部ではありますが現存しており、今も8月にはこの列車を使ってあの日の体験を語るイベントが開催されています。

 

Pict0185_2

今年もあの夏がやってきます。広島電鉄は毎年この時間、この周辺で走っている列車を近くの電停に臨時停車させ、その時が来るのをじっと待つそうです。政治な信条も国も考えも違うかもしれません。でも一つだけ判っているのはあの日、この場所でたくさんの人が亡くなった事実。もし時間があるのでしたらどうでしょう、今年の8月6日、1分だけで構いません。少しの間だけ、祈ってあげませんか?

|

2006年7月17日 (月)

大阪駅コンビニ巡り

 夜行列車シリーズの第3回目です。好評なのかどうなのかは今だ判りませんが、地道に進めてまいります。何せテーマが「夜行列車」ですから。

 夜行列車に乗る際、必ず用意して頂きたいものがあります。それは『飲食物』です。夜行列車内で長時間過ごす際、ある程度の飲食物を持ち合わせておくと快適に過ごす事が出来ます。それに列車が立ち往生した際食料があるだけでかなり心強くなります(これは経験済み)。昔の列車の中には暖かな食事を提供する「食堂車」や、軽食や飲み物を提供してくれる「ビュッフェ」が組み込まれていましたが、「食堂車」や「ビュッフェ」は「時代の流れ」「嗜好の変化」という理由で今や風前の灯。現在車内での飲食物の提供は座席まで乗務員が出向く「車内販売」と形態を変えて細々と続けられています。

 この「車内販売」自体も運行している夜行列車で実施している列車は数えるだけになりました。ビュッフェや食堂車などはもっと少なくなり、今常時営業しているのは「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」の3列車のみ(個人的には一見無駄だと思える「食堂車」は旅の彩りを添えてくれる重要な場所だと思うのですが…)。情緒がないなと思いつつも、私が夜行列車に乗る際はどこかのお店へ立ち寄って食べ物や飲み物・お酒やスナック菓子などを調達し、列車に乗り込むことにしています。

 ただその際問題になるのは「調達する場所」です。もちろんデパートや専門店が開いていればそちらで調達しますが、夜行列車の場合は出発する時間帯が遅いのでどうしてもそういう店舗では無理な場合もあります(運良く開いていたとしても、食料品売り場に品物が陳列されているとは限りません)。しかも大型のターミナル駅ともなると何処に店舗があってどういう商品があるのか判らない状況に陥ることもしばしばあるでしょう。今回は大阪駅周辺にある「夜行に使えるお店の数々」を私の独断と偏見で紹介してまいります。今回は大阪駅から私の足で歩いて5分以内改札外で営業しているコンビニエンスストアやスーパーマーケットにターゲットを絞りますので予めご了承ください。

Osakamapzantei

アズナス新阪急ホテル前店 06-6292-2669 7時~23時30分

アズナス阪急三階店 06-6373-6212 6時30分~23時30分

成城石井梅田店 06-6486-2960 7時~23時

ハート・イン西梅田店 06-6456-0602 24時間営業

デイリー・イン御堂筋店(仮称) 電話番号は現在確認中 7時?~23時

ハート・イン大阪セントラルコート店 電話番号は現在確認中 6時~25時

デイリー・イン梅田店  電話番号は現在確認中 6時30分~23時

ハート・イン梅田店 06-6442-6306 24時間営業

スーパーいかり大阪駅店 06-6348-2347 7時30分~23時

アンスリー梅田東口店  06-6442-3118 6時30分~24時

アンスリー西梅田店 06-4799-1317 6時30分~24時

この大阪駅は意外なことにJRの駅の中で一番「夜行列車」が停車する駅(*)です。その為、同じ地域の駅と比べて夜行列車に触れ合うことも多いという点があります。また大阪駅の桜橋口や阪急三番街にあります高速バスターミナルからは「青春メガドリーム号」に代表される夜行高速バスも随時運行されています。夜行バスに乗る方々も、夜行列車に乗る方々もどうぞこちらの資料を元に買出しをされてみてはいかがでしょうか。

…それにしても、複雑すぎ>大阪駅。コレで全部のコンビニを調べられたのかちょっと不安です。

*定期列車では「はやぶさ・富士」(下りのみ)「サンライズ瀬戸・出雲」(上りのみ)「日本海(2本)」「なは・あかつき」「銀河」「きたぐに」。臨時列車は「トワイライトエクスプレス」「ML九州」「ML松山・高知」「あおもり」「サンライズゆめ」。(2006年7月現在)

|

2006年7月 8日 (土)

アルタイルとヴェガ

 7月7日、『七夕』が終わりました。
こちら大阪府では梅雨曇が空に広がっています。我々の眼からは確認する事はできませんが、今年も雲の上ではアルタイルがヴェガに出会い、一年で一度しかないひと時を楽しんでいるのでしょうか。色々言いたいところではありますが、野暮な事はやめておきます。

 …一方、今年も京阪交野線では「直通準急ひこぼし」と「直通K特急おりひめ」が無事に私市駅で出会うことができました。ただ運用ダイヤの関係上「直通K特急おりひめ」が先に私市駅に到着しており、一瞬「お前誰よ?」という列車との並びがありましたことだけは皆様にきちんとお伝えしておきます。
Pict0177

(こちらが正しい並び。今回は特急用の塗装を施した1900系が「臨時K特急おりひめ」を担当しました。)

 ただ、この手のイベントに参加して思うことがあります。私は幾度か参加したのですけれど、数を追うごとに参加者のレベル、特に「撮り鉄」と呼ばれる鉄道写真家の方々のレベルが極端に下がっている様な気がしてならないのです。

Pict0181 Pict0171

Pict0158 Pict0185

Pict0188 Pict0190_1

私も「鉄」の端くれとして、「ちょっとおかしいかもしれない」と自嘲しながら幾度となく写真の撮影を行っていますが、撮影を行う際は必ずルールを守って撮影を行っています。ルールと言いましても単に、

 
「運転手に対してフラッシュを焚いて撮影しない」(安全運行の妨げになる為)
 

「迷惑をかける行為は慎む」(社会人として当たり前)
 

「できる限りこどもを優先させる」明日の鉄道ファンを大切にする)

ということなんですが、コレを守れていない人が今回も残念ながら大勢いました。そういう行動をしている人の大抵がいい年をした大人。私以上の年齢だと思われる方々が大人だとは思えない対応をしているワケです。そんな姿をこども達は見ています。いい大人なんだから、もう少し守ってよ、ルール。

Pict0196

|

2006年7月 1日 (土)

織姫と彦星(星空に願いを)

 そろそろ世間では「七夕」です。一年に一回織姫と彦星が天の川で出会い、晴れて二人が愛し合う瞬間を一斉に覗きあうという実に日本らしいイベントが日本各地で繰り広げられるわけです。で、この日本古来から伝わる恋愛ドラマの大元となった場所、世が世なら「ヨン様」ならぬ「ヒコ様」を求めておば様達が狂喜乱舞するであろう、そんなロマンチックな場所が、ロマンチックな話題に世界一に合わない『大阪府』にあるということを皆さんはご存知でしょうか。

Orihime08 Pict0079

 交野市と書いて「かたのし」と読みます。「こうのし」と読まれることが多いこの街にその大元となる場所があるわけです。その影響なのでしょうか、京阪電車の交野市駅に隣接されている駅ビルのデザインには、七夕の笹に飾りつけるものをモチーフとしたデザインが採用されています。4階建ての建物のうち、入居率は半分以下。今年京阪電車が短冊に書く願いは「この駅ビルのテナント入居率100%」ではないか…、と勝手に推測しておきます。

 もちろんこれだけではありません。実はこの交野市駅周辺には「星」にまつわる地名が多く存在しております。駅前にありますバス停の停留所を見てみると…。

Orihime09_1 Orihime10_1

 …まさしく「スターシティ」、星だらけです。バス停に「天の川」という停留所があるように、実際に「天の川」がこの大阪府には存在しています。ただし、河川の方は「天野川」という名前になっていますが。もちろん地名だけではなく、街中のいたるところに「星」に関連した名称が点々とあります。交野市駅近くのスーパーにも「星」の文字が見受けられます。

Pict0082_1 Orihime05_1

…それにしても「星のまち薬局」って、RPGに出てきそうな名前ですね。

閑話休題。

普通のホームページだと『じゃあこれから七夕の物語の元になった機物(はたもと)神社に行きましょう』という展開になるのでしょうが、こちらは『レールウェイコンシェルジュ』でございます。若干方向を修正して、鉄道のお話へと参りましょう。この交野市駅が所属している京阪電車の交野線、この路線にも「おりひめ」と「ひこぼし」がいるというのを皆さんはご存知でしょうか?

 俗に言う「列車名」として名付けられたこの「おりひめ」と「ひこぼし」。かたや「おりひめ」は朝のラッシュ時に大阪方面へ乗換え無しで移動できる特急列車の名前として、一方の「ひこぼし」は夕方のラッシュ時に大阪方面から交野線へ乗換えナシで移動できる準急列車の名前として使用されています。もちろん伝説上の「織姫」「彦星」と同じ様に、残念ながら二人が出逢うということは叶えられません…。

 しかし、私はそれ以上の悲しみを二人…、特に「ひこぼし」に対して悲しみと同情を感じてしまうのです。皆さんにもその悲しさ、判って頂けることでしょう。その悲しみは時刻表に隠されていました。御覧ください。

Orihime01_1 (ピンク色の文字が「直通K特急おりひめ」)

Orihime02_1 (青色の文字が「直通準急ひこぼし」)

直通K特急おりひめ2本」に「直通準急ひこぼし5本

…男の数多すぎやん。

…コレでも導入当初から比べると「ひこぼし」が2本削減されていますので、まだ「ひこぼし」にはチャンスがあります。でも、どう頑張ったって「男が余る」状況には変わりありません。モテナイ男が世の中には必ず居る。そんな教訓をこの時刻表は教えてくれているのです。皆さんも、七夕の夜空に浮かぶ天の川を見たら思い出してください。添い遂げることなく消えていく定めを持つ男たちのことを。

…ああ、何だろう。現実とオーバーラップして涙が出そうになってきた。

 

<一応お知らせ>

 今年もまた京阪電車は7月7日に「臨時列車」として「K特急おりひめ」を夕方運行するそうです。(詳しくはコチラ参照)文字通り「天の川」を渡って「ひこぼし」に逢いにくる「おりひめ」、見にいかれては如何でしょうか。ちなみにこの日は「織姫」を祭っている「機物(はたもと)神社」では式典が行われているそうです。機物神社は京阪交野市駅からバスで15分前後、JR津田駅から10分程度歩いた場所にあります。

Orihime11

(笹もあるみたいです)

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »