« けいはんな線・恐怖は身近に | トップページ | 都電荒川線の事故に関して »

2006年6月10日 (土)

梅田の中心で

 私鉄は必ずと言っていいほどターミナル駅に集客施設を設けております。今回はその集客施設の中でちょっと変わっているところ(というかお店)をご紹介しましょう。

Umeda02

最近特に鉄道とは違う理由で有名に『なってしまった』、阪神電車の梅田駅でございます。駅の構造は阪急さんやJRさんと比べるとちょっとこじんまりとしている設計になっていますが、この駅にはもう世界規模で有名な「あの」専門店がある場所が併設されています。それが、「阪神百貨店」のスナックパークであります。

Umeda03

名物の「いか焼」をはじめ、お好み焼きに焼きそば、最近何故か注目されている「ミックスジュース」も取り扱っている日本一のフードコートであります。…ですが、このところ「スナックパーク」にちょっと異質な店が登場して関西一円の食通達を「ある意味」驚かせています。それが「讃岐きしめん・大吉」さんというお店なんですね。

Umeda04

もう名前からして「突っ込んでくれ」という関係者からの叫びが聞こえてきそうですが、ただまだまだ突っ込むところがあります。それがこの「讃岐きしめん」の「名物メニュー」…

Pict0127

…もう、何がなんだかわかりません。まだ「讃岐きしめん」は「名古屋と香川の間にある大阪で発祥したメニューです」なんて言えばなんとか納得できます。そこに印度からの使者到来なワケです。「カレー讃岐きしめん」 って…。まぁ、カレーですからどういう味かは想像できますので、今回はこの「讃岐きしめん大吉」さんの一番お手ごろなメニューの「かけ讃岐きしめん(税込み289円)」を頂いてみることにします。

Umeda06

きちんと「きしめん」の流儀に乗っ取って、暖かいお出汁の上に花がつおがひらひらと舞い降りています。見た目は「讃岐」ではなく「尾張」。麺も冷凍を使っているとはいえ、最近の冷凍うどんはそこらへんの手打ち麺よりも美味い場合がありますし、茹で上がったきしめんをそのまま使うとなると品質上色々問題があります。さぁ、色々と御託を並べるのはそれぐらいにして、この「讃岐きしめん」さんを頂いてみましょう…。

Pict0115 <イメージカット> 

Munku<イメージカット>

 

 

 

…まぁ、こんなもんでしょう。

Umeda07<ちょぼ焼は僕を裏切らない>

|

« けいはんな線・恐怖は身近に | トップページ | 都電荒川線の事故に関して »